<< TINY VAN LIFE そ...      楽しみ! >>

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグ_c0137404_13232353.jpg


 アウトドア・グッズのブランドはいろいろありますが、
 何となく「キャプテンスタッグ」って好きなんですよね。

 新潟の金属加工の町・燕三条にある
 「パール金属」という会社が母体のアウトドア・ブランドです。

 何ていうのかな、
 ギターで言えば「モーリス」みたいなイメージ。
 クルマで言えば「スズキ」でしょうかねぇ。

 例えば「スノーピーク」というアウトドア・ブランドは
 クルマで言えば「レクサス」のような高級イメージなんですが、
 それと比べるとグッと庶民的なんですよね。
 でも、生真面目な「職人気質」が伝わってくるような。

 40年近く前に買った
 「パールライフ」と書かれたパール金属製の
 アウトドア用スプーンとフォーク、
 缶切り、ナイフのセットは、
 長持ちしていて今でも使えます。

 そんなこともあって
 パール金属の「キャプテンスタッグ」にも
 親しみを感じるのかもしれません。


キャプテンスタッグ_c0137404_14050530.jpg
 

 アウトドア・ブランドで言うと
 「コールマン」というアメリカのブランドが有名ですよね。

 30年以上前
 まだコールマン・ジャパンができる前の並行輸入の時代から
 ツーバーナー・ストーブやランタンなど
 雑な英語で書かれた簡単な説明書と格闘しながら
 ポンピングなど特殊な使い方を学びました。

 ギターで言えば「マーチン」というより
 「ギブソン」的イメージでしょうか。
 造りなども「程よい雑さ」で
 「男の道具」って感じでした。

 でも、エレキギターのフェンダー・ジャパン同様、
 コールマン・ジャパンができて
 日本ブランドになってからは
 日本品質で良くなった半面、
 良い意味での「雑さ」がなくなってしまった
 寂しさもあります。

 完璧すぎるより
 ちょっと足りないところがあるのも好きなんですよね。

 そういえば最近は、
 コールマンのツーバーナーとか、使っていないなぁ。
 一時は大掛かりなキャンプを好みましたが、
 今は少数精鋭な道具だけで楽しんでいます。


 さて、キャプテンスタッグですが、、
 最近ではブランドの規模も拡大、
 扱う商品数もかなり増えているようです。
 そうした影響か所有している
 キャプテンスタッグの道具も増えています。
 
 今、アウトドアグッズは、
 中国ブランドも含めると
 ものすごくたくさんあって、
 同じジャンルの製品も種類が豊富にあります。
 でも、それらを店頭で実際に確かめることは難しくて、
 Amazonで写真と説明文を頼りに購入することが多いんですが、
 そんな時、キャプテンスタッグなら
 コストパフォーマンスに優れてるし
 まあ、大丈夫だろうと
 買っちゃったりするんですよね。

 ボクにとっては、何となく
 安心のブランドでもあるんです。

 
キャプテンスタッグ_c0137404_14184920.jpg
 

by acogihito | 2020-08-17 23:22 | ☆アウトドア | Comments(2)  

Commented by おかず at 2020-08-27 14:04 x
いいね。好きなブランドのコスパが優れてるって最高だよね。おいらは特になかったんで、見習うよ。そういえば、最近、ソロテント買って案外よかったと思ったのがバンドック。三条市にある日本のメーカだった。従業員45名だって言うから作っているのはC国なのかな。これからは少々高くても、1同じ手のものならキャプテンスタックはじめ国産を意識してみるよ!
Commented by acogihito at 2020-08-29 10:36
キャプテンスタッグも作っているのはC国が多いよ。
でも、C国ブランドよりは監修がしっかりしていると思うな。

そういえば最近買ったテーブルがバンドックだった。
燕三条のB級メーカーに親しみを感じるなぁ~!

<< TINY VAN LIFE そ... 楽しみ! >>