<< Go To 富士山!      折り畳みテーブルを設置 >>

還暦になっても好みは変わらない?

還暦になっても好みは変わらない?_c0137404_17030349.jpg


 上の写真は、
 子どものころお気に入りだったプラモデル
 「宇宙探検車 スペースコマンド」です。

 その下は、
 アメリカのSFテレビドラマ
 「宇宙家族ロビンソン」に出てきた
 「宇宙探検車 チャリオット」です。

 どちらも大好きでした。
 「探検車」って言葉がいいんですよね。
 “未知の世界に挑むための頼もしい相棒”
 って感じがして。

 もう50年以上も前の話です。

 あと、「サンダーバード2号」や
 「マイティジャック号」も好きでした。

 いろいろな装備を積んでいて
 いざという時に役に立つというのが
 魅力的でした。


還暦になっても好みは変わらない?_c0137404_17030365.jpg


 一方で、
 大人っぽいドラマでしたが、
 「木枯し紋次郎」が好きだったんです。

 天涯孤独な一人旅を続ける渡世人、紋次郎。
 「あっしにはかかわりのねぇこって」と言いながら
 結局、関わっちゃう物語でした。
 まあ、関わらないとドラマになりませんからね。

 もう20年近く前になりますか、
 DVD-BOXが発売された時には
 思わず買っちゃいましたね!

 大人になってから観ても
 良くできたドラマでした。

 また、
 撮影は外でのロケが多く、
 1970年代初頭、
 当時はまだ残っていた
 未舗装の林道や農道、
 藁ぶき屋根の民家など、
 江戸時代とそれほど変わらない
 日本の原風景を見ることができるのも
 今となっては魅力なんだなと
 改めて気づいたこともありました。

 大人になって、
 そういう歴史的建造物や
 風景にも興味を持つようになったようです。


還暦になっても好みは変わらない?_c0137404_17030393.jpg


 さてさて、
 そんなこんなで
 そんなことから約50年経った2020年。

 当時の子どもは先日、還暦を迎え、
 会社を定年退職することになりました。

 そして、
 キャンピングカーで日本中を旅してみたい、
 知らないところへ行ってみたい、
 日本のいろいろな風景を見てみたい、と
 一台のクルマを手に入れました。

 それはホンダのN-VANをフェイスチェンジした
 「DENALI」というクルマです。
 車内もシンプルなキャンピングカーというか
 車中泊用に改造しました。

 これで、思い立ったらいつでも
 出かけることができます。 

 軽自動車なので小さいですが、
 厳選したキャンプグッズとギターを積んで
 一人旅なら十分なキャンピングカー。
 それは子どものころ憧れた
 未知の世界を旅する探検車のようでもあります。

 あ、そういえば、
 ピンキーとキラーズの「青空に飛び出せ!」という
 キャンピングカーで旅するドラマもありましたねぇ~!


還暦になっても好みは変わらない?_c0137404_18411329.jpg

 
 それから何にも束縛されず、
 自由気ままに旅してみたいと思うようになったのは、
 木枯し紋次郎の影響もあったのかもしれません。

 そんなことを考えると
 子どものころの好みって、
 大人になっても、
 還暦になっても変わらないものなのかな?
 成長や変化はしないのかな??
 なぁ~んて思います。

 
 あ、ところで退職後ですが、
 年金受給が始まるまで5年あるので、
 何かしら仕事はしなくていけないんですが、
 どうせなら二毛作人生を歩みたいと
 継続雇用は希望せず、
 全く違う道を歩みたいと思っています。

 継続雇用しても給料はがっくり下がりますからね。
 経験がある仕事でも下がるなら、
 全くの新人として
 全く違うことをするのも面白いんじゃないかと
 考えました。

 下っ端なら給料が安くても仕方ないですし。

 資格も取ろうかと思い、
 勉強も始めることにしました。
 
 いろいろなことに興味を持つことは
 子どものころから変わらないようですが、
 学ぶことや知ることを面白さを知るようになったのは
 大人になってからですね。

 子どもののころからそうだったら
 人生、変わっていたろうに・・。

 ま、でも子どものころから
 そういう面では少し成長もしているようで
 何よりかなと思います。(笑)


還暦になっても好みは変わらない?_c0137404_17591428.jpg

by acogihito | 2020-11-07 18:23 | ☆アウトドア | Comments(2)  

Commented by teruhi86 at 2020-11-09 12:53
あこぎひとさん
こんにちは。

還暦おめでとうございます。
定年退職、お疲れ様でした。

私個人的には、還暦となり定年退職することは2度目の人生の始まりだと考えていました。
残念ながら、病気もあり思い描いた第二の人生とはなりませんでした。

人生において一寸先は分かりませんが、夢を持って今できる事を精一杯エンジョイして下さいね。
人生は一度きりですし、これからの人生で今が一番若いのですから精力的に行きましょう(^^)
Commented by acogihito at 2020-11-09 22:15
ステマンさん、ありがとうございます!

確かに還暦は2度目の人生の始まりって感じがしますね。
なので、継続雇用は望まず、全く別なことを新しく始めてみようと思っています。

幸い今は何事もなく元気に過ごしていますが、おっしゃる通り一寸先は何が起こるか分かりません。
なので、今を大切に生きていこうと思っています。

新しいクルマを手に入れ、日本中を周りたいと思っていますので、いずれステマンさんが住んでいらっしゃる方へも行ってみたいと思います。

その際はどうぞよろしくお願いいたします。

<< Go To 富士山! 折り畳みテーブルを設置 >>