<< ポータブル電源? モバイル・バ...      ダムド・パーティ >>

“大”問題を解決!?

“大”問題を解決!?_c0137404_14450009.jpg


 キャンプや車中泊での
 トイレの問題です。

 普通は
 キャンプ場や道の駅、駐車場など、
 施設のトイレを
 お借りするわけですが…。


“大”問題を解決!?_c0137404_14462120.jpg


 過日、
 ソロ・キャンプに行ったキャンプ場は
 とても広く、
 また端っこを
 キャンプサイトに選んだので
 トイレまでが
 とっても遠くなってしまいました。

 200メートル以上は
 あろうかと思います。


“大”問題を解決!?_c0137404_14481273.jpg


 昼間は、
 トイレまで歩いていくのですが、
 夜になると真っ暗。
 しかも冬のキャンプだったので
 とっても寒い!

 う~む、
 トイレまで行くのが
 ためらわれます・・・。

 そこで!


“大”問題を解決!?_c0137404_14503767.jpg


 非常用に
 クルマに積んであった
 「携帯用トイレ」を
 使ってみることにしました。

 凝固剤の入った
 専用の袋の中へ向けて
 用を足すわけです。


“大”問題を解決!?_c0137404_14510923.jpg


 はじめは
 ちょっと頼りないような
 こぼしたらどうしようみたいな
 ためらいもありましたが、
 慣れてくると
 これはとっても便利です。

 用を足すと、
 中に入っている
 特殊な高分子吸収樹脂が
 尿をゼリー状に固めます。

 こうなると
 もう尿ではなくなったような気がして
 とっても安心します。

 そして上部についている
 チャックをぴっちり閉めれば
 こぼれる心配もありません。


“大”問題を解決!?_c0137404_14523092.jpg


 さらに専用の収納袋に入れてしまえば
 その存在は
 気にならないものになっていきます。

 そして最終的には
 他のゴミと一緒に
 可燃ゴミとして
 高温で焼却してもらうのが
 良いのではないかと思っています。


“大”問題を解決!?_c0137404_15004559.jpg


 “”の問題は解決しました。

 問題は“”です。

 大型のキャンピングカーには
 ポータブルトイレが
 搭載されていたりします。

 いろいろなタイプの
 ポータブルトイレが
 紹介・販売されていました。


“大”問題を解決!?_c0137404_08062891.jpg


 ただ、
 ポータブルといっても
 ボクのクルマ、 
 軽自動車の
 N-VAN DENALIに積むには
 場所を取りすぎます。

 段ボールを組み立てるタイプの
 防災用トイレもありますが、
 それだって
 軽自動車には大きすぎます。

 そもそも
 イザという時しか使わないわけですから
 トイレが荷物として幅を利かせ
 主張されては困ります。

 なので、
 普段はできるだけ小さくひっそりと、
 でも必要な時には
 しっかりトイレとして使える
 そんな理想的なモノはないものか?
 と、あれこれ考えました。

 要は便器なんですよね。
 便器になる部分が、
 大きくかさばるんです。
 

“大”問題を解決!?_c0137404_15084438.jpg


 で、思いついたのが
 いつも積んである
 「踏み台」です。

 これは、
 キャンプなどの際に
 クルマの乗り降りの補助に
 使っている
 折り畳み式の踏み台です。


“大”問題を解決!?_c0137404_15104980.jpg


 この踏み台を
 裏返して・・・。


“大”問題を解決!?_c0137404_15113745.jpg


 足の部分に
 2枚の板(アルミ製)を
 しっかり固定するようにかぶせて
 これを便座にします。

 この板は、
 使わなくなった
 「アルミ・ロールテーブル」の
 テーブル部分をばらしたものです。


“大”問題を解決!?_c0137404_15130266.jpg


 ぴったりハマるように
 踏み台の
 足の部分を
 少し加工しました。

 トイレとして使う時は、
 踏み台に黒いビニール袋をかぶせ
 その上に便座となる
 アルミ板をセットする形です。


“大”問題を解決!?_c0137404_15144443.jpg


 この黒いビニール袋は
 昔のゴミ袋より厚手で、
 「畜便袋」という
 何とも使用目的が明確な
 名前が付いています。


“大”問題を解決!?_c0137404_15154288.jpg


 で、この袋の中にするわけですな。


“大”問題を解決!?_c0137404_15162700.jpg

 
 この袋などは、
 自宅で買ってあった
 「トイレマン」という
 防災トイレのセットのモノを
 使用しました。

 処理用の
 凝固剤も付いています。


“大”問題を解決!?_c0137404_15270951.jpg


 本来は、
 非常時に
 家の洋式トイレに
 かぶせて使用するわけですが、
 まだ一度も使ったことが
 ありませんでした。

 で、今回は、
 踏み台を裏返して
 洋式トイレと見立てて
 使ってみようというわけです。

 実際に座ってみると・・・。


“大”問題を解決!?_c0137404_15182681.jpg
試しに座った時
(この時は白い袋で代用)


 おお、
 予想より安定していて
 しっかり座れます。

 そもそも踏み台なので、
 がっしりしています。

 やっぱり安定感がないと
 安心してできないですからね。

 大きさもちょうどいい。

 これより大きい踏み台だと
 便座になる部分が左右に
 離れてしまって
 お尻が落ちちゃいますね。

 高さ27cm、幅21.5cm
 の踏み台がちょうどいいようです。


“大”問題を解決!?_c0137404_15284296.jpg


 そして、
 過日のソロ・キャンプ時に
 思い切って試してみました。

 まあ、この時は、
 半径50メートルくらいに
 他のキャンパーはいなかったのですが、
 カーサイドタープの出入り口は閉めて
 外から見えないようにしました。

 やはり無防備になるので
 気になりますからね。

 ただ、
 風通しだけは
 良くしておきました。

 そして、
 その時がやってきました。


“大”問題を解決!?_c0137404_16482361.jpg
画像はイメージです


 やはりはじめは、
 かなりためらいがあります。

 トイレでもないところで、
 お尻丸出しですからねぇ。

 しかし、
 思い切ってしてしまうと、
 一つの壁を乗り越えた達成感
 といいますか、
 やりきったという
 大きな満足感に包まれました。

 ほう・・、これはいい!
 こんなところでも
 トイレにできちゃうんだな。

 ですが、
 いつまでも
 悦に浸ってはいられません。

 黒い袋の中には
 排出されたばかりの物体が
 横たわっています。
 素早く凝固剤を入れ、
 袋の上部を結んで
 取り出します。

 こうなると、
 知らなければ
 ただの昔の黒いゴミ袋です。

 処理については
 ペットのフンなどと同様、
 可燃ゴミとして
 高温で焼却してもらうのが
 良いようです。

 

“大”問題を解決!?_c0137404_16322597.jpg


 “小”で使う携帯用トイレは
 20回分くらい、
 “大”で使うトイレマンは
 残りの9回分を
 それぞれポシェットに入れて
 助手席のドアポケットなどに
 収納しています。

 踏み台は、
 折りたたんで収納しています。

 アルミ板も
 荷物の隙間に
 差し込んであります。

 ポータブルトイレや
 段ボールの組み立てトイレを
 新たに積むこともなく
 “大”問題を解決することができました。
 
 うん、これはいいぞ!
 これでボクのN-VAN DENALIは
 「トイレ完備」
 ということになります。

 しかも
 これに慣れておけば、
 災害時でも
 慌てることがなさそうです。


“大”問題を解決!?_c0137404_16301079.jpg

by acogihito | 2021-04-19 23:44 | ☆アウトドア | Comments(2)  

Commented by コン太郎 at 2021-05-09 19:48 x
お~素晴らしいアイデアですね!
野営するときの大きいほうは、ふんばるスタイル確保、土堀とか手間でしたので、折り畳み椅子(踏み台)が欲しくなりました。

ソロキャンプ(自分専用)なら、トイレと椅子、作業台兼任できますしね。さすがに料理の配膳台は躊躇しますが^^
Commented by acogihito at 2021-05-09 21:19
あれ?コン太郎さん?
ソロ・ギターでご一緒したコン太郎さんですか?
いやぁ~、ご無沙汰しています。お元気ですか!?

踏み台トイレ、お褒めいただきありがとうございます。
踏み台は、ぺったんこにたためますし、洗車の時、屋根を拭くのにも、ちょっと座るイスにも使え、何かと便利です。
トイレとして使う時は裏側ですし、ビニールをすっぽりかぶせますので、よほどのことがない限り それで汚れることはありません。
ひとつあるととっても便利ですよ。
釣りの時など、ぜひお試しあれ~!

<< ポータブル電源? モバイル・バ... ダムド・パーティ >>