<< 「ソロ・ギターのしらべ」No....      口笛を吹こう >>

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました

   11月4日、パシフィコ横浜で行われていた「楽器フェア」に行ってきました。

c0137404_2330996.jpg

   でも目的は、「楽器フェア」そのもではなくて、
   モーリス・ギターのブースで、ボクが今、密かに「アコギの師」と崇める、
   南澤大介氏と中川イサト氏のミニ・ライブが同時に見られるからなんです。

c0137404_11194795.jpg

   もう、パシフィコ横浜に着くなり、「楽器フェア」のメイン会場を通り抜け、
   モーリス・ギターのブースがある「ハーバー・ラウンジ」へまっしぐら。

   ちょうど南澤大介氏の1回目のステージが始まったところでした。

c0137404_23302845.jpg

   ボクは今、南澤大介氏の「ソロ・ギターのしらべ」シリーズの中から、
   自分が弾きたい曲、弾けそうな曲をチョイスして一生懸命、練習中なんです。

   今までに弾けるようになった曲は、練習順に

     1.「イエスタデイ」 2.「虹の彼方に」 3.「明日があるさ」
     4.「悲しみの恋人たち」 5.「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」 6.「ナイト・アンド・デイ」
     7.「イパネマの娘」 8.「アイム・ノット・イン・ラブ」 9.「イエスタデイ・ワンスモア」
     10.「スターティング・オーヴァー」 11.「第三の男」

   結構ちゃんと弾けるのもあれば、まだまだのものもあります。

c0137404_2521666.jpg

   DVDも持っていて演奏法などを学んでいるんですが、
   やっぱり実演(ライブ)は、「生」の感覚が伝わってきて最高ですねぇ~。

   手元なんかはDVDの方がよく見えてるはずなんだけど、
   やっぱり「生」の感覚にはかないません。

c0137404_253787.jpg
南澤氏のギターは「Morris S-121SP」

   2回目以降は、一番前を陣取って、的確な運指を間近で観察。
   あたりまえだけど、やっぱり大したもんだよなぁ~。 

   でも、「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、
   間近で見ていると、感覚的に「わかる」ような気がしてくるから不思議なものです。

c0137404_23305366.jpg

   「楽器フェア」のメイン会場は、エレキギターだの、ベースだの、シンセだの、DJだの、
   いろんな音がごちゃごちゃしていて、かなり賑やかなんですよね。

   でも、そこから離れた「ハーバーラウンジ」は、静かだし、
   窓の外には海とベイブリッジが見える、とってもさわやかで落ち着いた空間なんです。
   しかも、特等席で師匠の演奏に集中することができたんで、もうモーリスに感謝感謝です!

   さらに師匠は、演奏が終わるとロビーに出てきて、
   ファンや秘かな弟子たちとの触れ合いを大切にしてくれます。
   そこで、初歩的な質問をしても嫌な顔一つ見せずに丁寧に答えてくれます。

   5月の秋葉原「Laox楽器館」でのミニライブでもそうでしたが、
   今回も質問させていただき、「なるほど!」と思うことがたくさんありました。

   そして今回は、目の前で、マイケル・ヘッジズの「ラガマフィン」という
   超上級の名曲のさわりなども目の前で披露してくれました。
 
c0137404_10473035.jpg

   そんでもって、南澤氏愛用の「Morris S-121SP」とともに記念写真。
   ありがとうございましたっ!

*   *   *

   一方、中川イサト氏のライブは、9月のアコギでGO! Special!!以来。

c0137404_23311226.jpg

   でも今回は、あの時よりも圧倒的に近い距離から見られたので、感激もひとしおです。

c0137404_23311922.jpg

   ボクは、中川イサト氏のCDや譜面もたくさん持っていて、
   「いつかは弾けるようになりたい」と思っている曲が何曲かあります。

c0137404_23312742.jpg
中川氏のギターは「Morris SS-131R」かな?

   今回は偶然にも、
   そんな「いつかは弾きたい」と思っている“上位4曲”の内の、“3曲”も演奏してくれました。

   ちなみにその3曲は、「Mah-Jong Piece」「Chotto Tropical」「堂山町の夜は更けて」。

   4番目は「Bali」という曲だったんですが、
   代わりに、それと似たタイプの「Magic Island」を演奏してくれたし、
   なんだか、ボクのために次々に演奏してくれたような気がして、感激でしたっ!

c0137404_23313376.jpg

   この日の南澤大介氏のステージ3回、中川イサト氏のステージ3回、
   全部、かぶりつきで見てしまい、帰る頃にはすっかり暗くなっていました。

   「楽器フェア」に行っても、ほかの楽器はほとんど見ることなく、
   ズ~ッとモーリスのブースにいましたが、大満足な一日でした。
   改めてモーリス(モリダイラ楽器)に感謝です。


(まっ、ボクも一応、モーリス・ギターのオーナーですから、お得意さんということでいいですよね?)

by acogihito | 2007-11-04 23:32 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 「ソロ・ギターのしらべ」No.... 口笛を吹こう >>