<< 指先のリズム感      母校で講演 >>

なかなかの優れモノ 「ZOOM Handy Recorder H2」

c0137404_917761.jpg自分の演奏するギターの音を録音したくて、
ZOOM ハンディレコーダー H2」を買いました。

その昔、それこそ30年くらい前の高校生の頃は、
ラジカセには「内蔵マイク」が付いていて、マイクからの録音は手軽で、でもレコードからの録音は接続コードをつないだりして、けっこう面倒なものでした。

今はCDからの音楽の取り込みは手軽になったけど、
反面、マイクからの録音は面倒になりましたよね?

ボクの場合、今までマイク録音が必要な時は、
録音できるポータブルCDプレーヤーにマイクをつなげてやっていたんですが、いちいちマイクをつながなきゃいけないのが面倒だし、その音をパソコンに取り込む作業がこれまた面倒でした。

 だからマイク録音からは遠ざかっていたんですが、
 本当はギターを練習する上では自分の演奏を録音して確認するのが一番なんですよね。

 で、今回買ったのが、「ZOOM ハンディレコーダー H2」という訳なんです。

 まあ、この手の機種は、少し前にEDIROLの「R-09」というものや、
 同じZOOM社で「H4」というものあったんですが、
 どうも買うのには二の足を踏んでいたんです。
 何ていうか、帯に短したすきに長しというか、
 コストパフォーマンス的に納得いかないというか。

 ところが、この「H2」は、なかなかの優れモノです。
 まず、コストパフォーマンスがいい。2万円そこそこで買えます。
 デザインもノイマンの「U-87」やソニーの「C-38」といった
 定番マイクに似た感じでなかなかイイ!
 で、USBで簡単にパソコンとつなげるなど、
 性能的には他のものと変わらない感じですからね。
 小さいし、軽いし、付属品もいろいろ付いてて後から買いたす必要もないし、
 実に親切です。

 早速、録音してみました。

 使い勝手は、ワンポイントステレオマイクにデジタルレコーダーが付いたって感じでしょうか。
 値段の高い機種に比べれば、きっとマイクの性能が劣っているんだろうとは思いますが、
 普通には問題ないし、あったとしても後でパソコンに取り込んでイコライザーで補正すれば
 素人には全く問題ない範囲と感じます。

 ところが、自分の演奏がねぇ・・・。
 やっぱり「アラ」がいろいろ見えて(聴こえて)きて、「まだまだだよなぁ~」と実感するばかり・・。

 でもね、これを使ってちゃんと録音して、パソコンに取り込んで、
 ちょっとエフェクト処理をすれば、
 そこそこのクオリティーのものができるので、
 「いつかは自分の演奏を集めたCDを作ってみたい」
 と夢は膨らむばかりです。


c0137404_10254528.jpg
  
H2 SPECIFICATIONS
●同時録音トラック: 【ステレオモード】2、【4CHモード】4
●同時再生トラック: 【ステレオモード】2、【4CHモード】4
●ロケート: 時/分/秒
●ファイル編集: 名前編集、削除、ファイルサイズ確認、録音日付確認、分割、ノーマライズ
●その他機能: MP3エンコード、A-Bリピート、ローカット、AGC/コンプレッサー/リミッター、マーカー機能
●チューナー: クロマチック、ギター、ベース、オープンA/D/E/G、DADGAD
●メトロノーム: 5音源(拍子: アクセントなし、1/4~8/4、6/8、テンポ: 40.0~250.0BPM)
●A/D変換: 24ビット128倍オーバーサンプリング
●D/A変換: 24ビット128倍オーバーサンプリング
●信号処理: 32ビット
●記録メディア: SDカード(16MB~2GB)、SDHCカード(4GB~8GB)
●録音フォーマット: 【ステレオモード】WAV(量子化ビット数: 16/24bit、サンプリング周波数: 44.1/48/96kHz)、
 MP3(ビットレート: 48/56/64/80/96/112/128/160/192/224/256/320kbps/VBR、サンプリング周波数: 44.1kHz)、
 【4CHモード】WAV(量子化ビット数: 16/24bit、サンプリング周波数: 44.1/48kHz)
●再生フォーマット: 【ステレオモード】WAV(量子化ビット数: 16/24bit、サンプリング周波数: 44.1/48/96kHz)、
 MP3(ビットレート:32/40/48/56/64/80/96/112/128/160/192/224/256/320kbps/VBR,サンプリング周波数:44.1/48kHz)、
 【4CHモード】WAV(量子化ビット数: 16/24bit、サンプリング周波数: 44.1/48kHz)
●ディスプレイ: 128×64ドット(バックライト付きグラフィックLCD)
●入力: LINE IN/ステレオミニジャック(入力インピーダンス: 10kΩ、入力レベル: -10dBm)、
 EXT MIC IN/ステレオミニジャック
 (プラグインパワー対応: 2.5V、入力インピーダンス: 20kΩ、入力レベル: -20/-30/-40dBm)、
 内蔵ステレオマイク/W‐XYステレオマイク(MIC GAIN: +1.5/+17/+27dB)
●出力: ステレオミニジャック(PHONES/LINE OUT)、
 [LINE]出力負荷インピーダンス:10kΩ以上、定格出力レベル:-10dBm/[PHONES]15mW+15mW、32Ω負荷時
●USBインターフェース: ミニBタイプ(USB2.0 Full speed対応)、
 マスストレージクラス動作/オーディオインタフェース動作(16bit、44.1/48kHz)
●電源: 単3電池×2、または付属ACアダプタ(AD‐0006: DC9V/300mA/センターマイナスタイプ)
●電池寿命(アルカリ電池使用時): 連続録音時間/4時間、連続再生時間/4.5時間
●外形寸法: 63.5(W)×110(D)×32(H)mm
●重量: 110g(電池含まず)
●付属品: SDカード(512MB)、デスクトップ・スタンド、マイククリップ・アダプタ、ウィンド・スクリーン、イヤフォン、
 USBケーブル、ステレオYケーブル、ACアダプタ(AD‐0006)
*0dBm=0.775Vrms


by acogihito | 2007-12-07 10:09 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by ken! at 2008-02-25 23:16 x
私もこれが欲しいと思っていました。
所属するゴスペルチームの練習を録音する時なんて最高です。

ゴスペルチームでは、ベースとアコギを弾いてます。
Commented by acogihito at 2008-02-26 00:15
これは値段の割に良くできていると思います。
でも、「EDROL」の方でも負けずに新製品を出したようですよ!
どんどんいいのが安くなってきて嬉しいですねぇ!!
Commented by kaz at 2008-10-20 18:53 x
こんにちは。妙な質問ですが acogihitoさんは練習の時、付録のCDをコンポやラジカセ等のオーディオで再生されてますか?又は一度他のメディアに移してますか?今はこうしたメモリーカード等のデジタルメディアの方がループ再生に優れているとか、逆に音がショボイとかの私感を教えて頂けますでしょうか。やっぱりカセットテープかなぁ...。

Commented by acogihito at 2008-10-20 22:22
kazさま、こんばんは!

ボクの場合、しらべシリーズの付録のCDも含め、
ほとんどすべてのCDをパソコンに取り込んであるので、
練習用にはその中から自分の練習したい曲のみを選んでCD-Rに焼いて、
それを小型のCDラジカセで再生しています。

というのはデジタルメディア系のオーディオ機器は、
それ自体にスピーカーが付いてないので別に接続しなくてはならず、
スピーカー付きで再生するには、一体型のCDラジカセが一番手軽だからです。

通勤時、電車の中などでは、
パソコンに取り込んだデータからi-Podに入れて聴いています。

メモリーカードのデジタルメディア、
例えば、この「ZOOM Handy Recorder H2」の場合、
ファイルサイズを自分で選択できるので、
小さくすれば音は悪くなるだろうし、大きくすれば良くなると思いますが、
普通に使う分には小さくしても大して気になりません。

カセットなどから比べると、ヒスノイズはほとんどなく、SN比もいいし、
ワウフラッターなどの回転ムラもないし、使いやすいし、
音質的にも数段イイと思っています。

便利ですよ!!
Commented by kaz at 2008-10-21 01:03 x
早々ありがとうございました。なるほど、一曲のみメディアに焼くのは賢明な方法っすよね。「CDギタートレーナー」なんて製品もある様ですが、
仰るように この種の小型オーディオは大抵スピーカーが外付けなもんで、
購入に躊躇しちゃうんですよ。う〜、考えよう。参考になりました。
Commented by acogihito at 2008-10-21 11:17
kazさま、追伸です。

1曲のみCD-Rに焼いてるんではなくて、
「自分で弾きたい曲集」で、自分なりのベストアルバムって感じで、
15曲くらい入れてあります。

「CDトレーナー」は、以前、エレキベースを練習していた時にベース用のを買ったんですが、
ラインでつなげるエレキギターやベースにはいいですが、
本体から音が出るアコギにはあんまり向かないようです。
(キーを変えずにスロー再生できるところは便利ですが・・)

なのでボクはスピーカーのついたCDラジカセを買ったんですが、
それも4000円(!)くらいの安いやつです。
(東芝ブランドだけど中国製)
練習に使うならそのくらいので十分です。
(返ってガンガン音がしなくてちょうどいい感じですよ!)

<< 指先のリズム感 母校で講演 >>