<< 今度は日本製!ケースポーターの研究      手を洗うとイイみたい >>

アメリカからの小包、その中身は?

c0137404_23424518.jpg
↑ アメリカから小包が届きました。


c0137404_23441934.jpg
                       ↑ 中にはナイロン製の紐のようなものが入っていました。
                                   「なんだこりゃ?」って感じでしょ?

c0137404_23463422.jpg

←広げると、こんな感じになっています。


 実はこれ、
 「Back Axe」という代物です。


 どう使うかといいますと…。



c0137404_23511893.jpg      はい!
   ←こんな感じに使います。

      要は、ギターのハードケースに紐を掛けて、
      背負えるようにするもの。
      それだけの事なんですけどね・・。

      ある程度以上の値段のギターを買うと
      付属として付いてくるのがハードケースですよね?
      でも、どこかに持って行く時、
      車に積んで行くならともかく、
      電車やバスの場合、背負えないハードケースは、
      手で持つしかなく、疲れるし、とっても不便。

      仕方なく背負えるソフトケースを別に買うわけですが、
      何となく、「もったいない」って気がしてたんですよ。

c0137404_0165438.jpgそれに本来はハードケースの方が丈夫な筈だし、
それを上手く使う手はないかなぁ~と思ってたんです。  

ある時、電車の中で見かけた、チェロか何かの
ハードケースには肩かけの紐が付いているしねぇ。
ああいうのがいいなぁ~、ギターのハードケースにも
紐が付けられたらいいのに・・。

で、インターネットで探したのが、
この「Back Axe」なる商品という訳なんです。
(←これが商品のパッケージ)

これは、アメリカのマークさん(Mark Irose)という人が
開発して、個人のウェブ・ショップで売っているようで、
メールで四苦八苦しながら交渉して
何とか日本にも送ってもらうことができました。

  ただね、本体が45ドルのところに、13.5ドルの輸送費がかかり、計58.5ドル。
  日本円にして「約6328円」というのが、安いのか、高いのか?
 
  でも、ま、日本では使っている人は少ないんだろうし、珍しいということでいいかな?

c0137404_0153643.jpg
ケースの形状に合わせ紐の長さを調整しておけば、あとは簡単に取り付けられるよ。

by acogihito | 2007-12-18 00:48 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 今度は日本製!ケースポーターの研究 手を洗うとイイみたい >>