<< たまにゃ温泉!      「押尾コータロー」との出逢い >>

南澤先生直伝レッスンPart1(3/4) 『憧れの曲のフルバージョン』

c0137404_22285016.jpg

 今日は、南澤先生の下で受ける「ソロ・ギターのしらべ」直伝レッスンの2回目(3・4回分)。
 
 前回は時間を間違えて1時間も早く行ってしまいましたが、
 今回は時間通りに代々木のPANへ行き、2階の「L-3」というレッスン室に行くと
 先生は何やら熱心にギターの練習中でした。

 ガラス窓の付いた遮音扉の外から耳を傾けてみると「ソロ・ギターのしらべ」の4作目、
 「官能のスタンダード篇」に収録されていた「銀河鉄道999」!

 う~ん、なんかいいですねぇ!
 普通では見られない「素」の部分と言いますか、
 「ソロ・ギターのしらべ」シリーズの様々な作品群は、こうして作られていくのかな?
 と思わせるようなシーンでした。

 ほどなくボクに気づき、演奏は中断。
 もう少し聴いていたかったのでちょっと残念でしたが、
 挨拶もそこそこに早速準備して、前回の続きと言いますか、
 前回アドバイスをもらった「(JUST LIKE) STARTING OVER」の「サビ」の部分、
 「ソロ・ギターのしらべ」には収録されていなかった「サビ」の部分を
 南澤先生のアドバイスの受け、自分なりに考えてきたものを聴いてもらいました。

 「僕だったらメロディーの下にベースは入れないかもしれないけど、いいじゃないですか」
 とのお言葉。

 いや~、ありがたい!
 今までも自分なりに、この「サビ」の部分は考えてみたことがあったんですが、
 どうもしっくりきませんでした。

 ところが前回、南澤先生から「こんな感じかな?」というラフなヒントをもらい、
 自宅で研究したところ、「それならこうかな?」とアイデアが浮かんできて、
 自分なりに「これならいいな」と思えるものができたんです。
 (先生として本当にいいかどうかは別としてね)

 あとはもう少し繰り返し練習して弾きこなせるようになれば、
 自分なりの「(JUST LIKE) STARTING OVER」のフルコーラス・バージョンは完成しそうです。

 いや~、なんだか嬉しいなぁ~!
 やっぱり直接習うと、ちょっとしたヒントが大きく作用するようです。

 さて、続いては、次なる課題。

 ボクが初めて「ソロ・ギターのしらべ」の第1作目を聴いて衝撃を受けた曲たち。
 
 まあ、何曲もあるんですが、
 カーペンターズの曲も良くて「弾けるようになりたいなぁ~」と思っていて、
 その内の「イエスタディ・ワンス・モア」は、とりあえず弾けるようになったんですが、
 「トップ・オブ・ザ・ワールド」はまだ手もつけていない状態なんですよね。

 そこで今回は、まず南澤先生にお手本を弾いてもらって、
 それをビデオに撮って、それをもとに自宅で繰り返し練習しようというわけなんです。

c0137404_23322590.jpg

 上の写真は、そのビデオの映像から。

 「おお! なんとイントロの出だしの部分からあるぞ! しかもフルコーラスだ!!」

 この曲もやっぱり「1曲1ページが基本」という編集方針に従って、
 イントロの出だし部分はカットしたんだそうです。

 ということで、直伝ならではの、お徳用フルバージョン!
 その部分は譜面もTAB譜もないけど、ビデオを見ればコピーもできるでしょう!

 次回のレッスン日までに、どこまでできるようになるか、挑戦です!!

c0137404_23503582.jpg
クリアファイルに自分がやりたい曲をコピーして入れているんですが、
そのトップページに南澤先生のサインをもらいました!

by acogihito | 2008-01-29 23:57 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< たまにゃ温泉! 「押尾コータロー」との出逢い >>