<< 「BAHO」が最後のひと押し!?      3歩進んで2歩下がる・・・ >>

カポタスト(Capotasto)って?

c0137404_23261977.jpg

 その昔、「カポタスト」と言えば、写真上段の「ゴム製」のものが主流でしたが、
 今はいろんな優れたカポタストがありますよね。

 写真下段左は、ボクが今まで使っていた
 「JIM DUNLOP (ジム・ダンロップ)」の「Victor Capo (ビクター・カポ)」。
 右が最近買った「SHUBB (シャブ)」の「C1」というカポタストです。

 「SHUBB」のカポタストは南澤先生が使っていたので真似してみました。

 「SHUBB」のカポタストは、それまで店頭で見たことはあっても、
 どういう仕組みになっているのわかりませんでしたが、使ってみると、いとも簡単。
 テコの原理を応用して、うまい具合にカチャッと装着することができます。
 軽いし、簡単だし、これはいい!今、一番のお気に入りです。

 ちなみにギターを知らない方のために「カポタスト」とは、
 「演奏のキーを変えるためにフレット全体を押える道具」のことです・・・。

 ・・・って、そんなことを思っていたら、
 「カポタスト」って、そもそも、どういう意味なんだろう?って疑問が湧いてきてしまいました。

 で、ちょっと調べてみました。

 まず、「カポタスト (Capotasto)」ってのは、「イタリア語」です。

 で、イタリア語の辞書によると「Capotasto」の意味には、「上駒」って書いてあるから
 そうすると本来は「ナット」ってことになるのかなぁ?

 ちなみにギターでの「ナット」とは、
 「ギターのヘッド部分で弦を支えている部品」のことです。

 でも、さらに調べてみると、
 「Capo」には「(人や動物の)」などの意味があって、
 「Tasto」には「触れること、さわること」、
 さらに「ピアノの鍵盤」や「弦楽器の指板」の意味もあるようだから、
 二つ合わせて、「指板の頭」→「指板の上」→「指板上」ってことで、
 なんとなく「カポタスト」らしい感じがするし、
 わかったような気になって納得することにしました。

 それから、英語では単に「カポ (Capo)」だけでも正式名称で、略称ではありません。
 フラメンコ・ギターではスペイン語で「セヒージャ(Cejilla)」というそうですよ。
 ちなみに「セーハ」もスペイン語で「ceja」なんだそうです。(英語では「バレー」)
 
 ギター用語って、いろんな言語が混在してるんですねぇ~。

c0137404_0412591.jpg
 
 ところで、その「ギター (Guitar)」は英語ですが、
 スペイン語の「guitarra」を語源とするだそうで、
 その「guitarra」は、さらアラビア語の「gitara」が語源だそうで、
 さらに遡ると、古代ギリシャ語の「kithara」に由来しているんだそうです。

 その「kithara」も、ものによっては「cithara」って書いてあるものもあって、
 そうするとインドの「シタール」にも近い響きのようにも思うし、
 世界の弦楽器って、きっと、巡り巡って繋がっているんだろうなぁ~なんて思ったり・・・。

 そうなってくると「三味線」はどうなのかなぁ~?なんて思ったり・・・。

 いかんいかん、そんなことやってたら眠れなくなっちゃうや・・。


 (関連記述)→ カポタストによって音が違う?

by acogihito | 2008-02-21 00:19 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by 必着仕事人 at 2008-02-21 01:42 x
Victor Capoは、押尾コータローがこないだ使って欲しいって思ったカポです!!!

SHUBBかな?
南澤さんが1・2を外しって使い、とても驚きもした!!!

いや~
余りにも深いカポ談義に眠れなくなりそうです・・・(眠)グ・・・

Commented by takky at 2008-02-21 02:29 x
カポタストは古い人なんで, 当然ゴム製を使っています. ;^^
買ったのはずいぶん前ですが, ちゃんと使えてます, > えらいぞ!!

三味線の語源ですか...なんだろ?
奥さんが三味線と琴の師範なんで, 聞いてみましたが
「知らん!」の一言でした. ;^^
Commented by acogihito at 2008-02-21 02:42
あれ?必着仕事人さん、眠っちゃいましたか??
実はカポタストのことを中国語では・・・・
Commented by acogihito at 2008-02-21 02:45
takkyさん、師範も「知らん」ことですかぁ・・。

ところでボクは、高校生の頃、カポタストが無い時、
割り箸を折って、何重にもした輪ゴムで止めて代用したことがあります・・。

<< 「BAHO」が最後のひと押し!? 3歩進んで2歩下がる・・・ >>