<< グリップ・マスター      南澤先生直伝レッスンPart1... >>

春休みだというのに・・・

c0137404_9382093.jpg

 いや~、この1週間は仕事がきつかったぁ~。

 ようやく一段落したんで、「さあギターの練習!」と思ったら、
 ありゃりゃ、中指の爪が折れてしまいました・・・。 

 ボクの場合、爪の生え方が指によってバラバラで、
 人差し指は、1ミリ以下でも指の先まで来るんですけど、
 中指と薬指は、指の腹の部分の方が出てるんですよね。
 だから人差指とバランス取るためには、2~3ミリに伸ばさないといけないんです。

 それが何かの拍子に力がかかって、グイッと折り曲げて折れちゃったようなんですよねぇ・・。

 で、仕方ないので中指に合わせて、他の指も久々に短く切ってみました。

 ところがそれでギターを弾くと、
 スルスル滑るようで弾きにくいし、まともな音にならない・・・。

 とほほほ・・、困ったもんだなぁ・・・。

 今、「PAN SCHOOL OF MUSIC」も春休みに入り、
 南澤先生からの「ソロ・ギター直伝レッスン」も4月までお休み。
 「じゃあ、その間に今までの課題を克服しよう」と思って、
 ようやく仕事も一段落して、「さあ練習!」と思った矢先ですからねぇ・・。

 でも、この弾きにくい状況でもちゃんと弾けるようになれば、
 「それはそれで練習になるんだろう」と思って、
 伸びるまで、あと1~2週間はこれで頑張るしかないな! 
 

by acogihito | 2008-03-10 09:54 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by まさを at 2008-03-11 22:33 x
こんばんは~^^

よくありますよね、爪割れ。
スカルプチャーとかしてれば割れにくいんでしょうかね。

私が大好きなギタリスト、トミー・エマニュエルは深爪といってもいい程
右手の爪が短いですが、凄くアグレッシブな音をはじき出します。
何であんなにメロディを浮きだたせられるんだろう?
あこぎひとさんはトミー・エマニュエルは聞かれますか?^^

綺麗なギターケースですね~。
私もこんなの欲しいなあ。


         
Commented by 必着仕事人 at 2008-03-11 22:44 x
配達が仕事なんで、荷物に引っ掛けてしまうんですよね~!!!

爪が割れるとショックっすよね~!!!(涙)

Commented by acogihito at 2008-03-11 22:48
まさを さま、こんばんは!

トミー・エマニュエルは、まず見てみたくてDVDを持っています。

で、どうも右手の指先がカチカチだそうですね!
ボクは左手の指先は割と硬いですが、
そんな感じで「カカト」のようになってるんでしょうか??

ということは、これで弾いてれば硬くなってくるかな?
それもいいのかもしれませんね!

そういえば、昔、ベースを指で弾いていた時、
強く弾きすぎると指先に血豆ができて、
それでだんだん硬くなっていったっけ。


Commented by acogihito at 2008-03-11 22:53
必着仕事人さま、こんばんは!

ボクの場合、今週は力仕事はやってないんで、
いつそうなっちゃったか、覚えてないんですよ。

で、半分、割れかかってたんで、家に帰って補修しなくちゃと気をつけていたんですが、
服に引っ掛かって、それでダメになってしまいました…。

ショックというか、ガッカリというか・・・。
でも、ソフトな音色で、大きな音も出ないから「夜の練習にはいいかも!」と慰めています。
Commented by アラキング at 2008-03-12 01:15 x
こんばんは。

フィンガー・ピッカーにとっては、爪は重要ですよね~。

でも、トミー・エマニュエルさん、指先がカチカチなのですか~。

でも、カチカチにするのって、どれ位練習すればいんだろう・・・。
難しそうですね~。

爪の手入れをしている方が、楽かな~。
Commented by acogihito at 2008-03-12 07:07
アラキングさま、おはようございます!

詳しいことはわからないんですけど、
以前読んだ「アコギ上達100の裏ワザ」(いちむらまさき著)という本には、
「(著者の右手指はふにゃふにゃですが)トミー・エマニュエルは、
子供のころから指でギターを弾いているため、指先がカチコチ固まっていました。
だからこそ、あのピック弾きの様な音が出せるのです」と書いてありました。

だから、「そうなんだぁ」と思ってはいたんですけど、
左手はいつも弦を押さえるところが硬くなるけど、
右手って、左手ほど硬くなったことは一度もないし、相当大変なことですよねぇ!

<< グリップ・マスター 南澤先生直伝レッスンPart1... >>