<< 南澤先生直伝レッスンPart1...      南澤大介先生のミニ・ライブ! >>

指先へ

c0137404_23224620.jpg

 「右手」の話です。

 その昔、ギターを始めたばっかりの頃は、
 「肘の関節」を使って、ガンガンと大きなストロークで弾いていました。
 その後、エレキを弾くようになってから、「手首」を使って弾くようになりました。
 いずれもピックを使って。
 
 そうして長ぁ~いこと、それが当たり前に癖になっていたんですが、
 ソロ・ギターを始めてから、「指」を使わなくちゃということで・・・。

 でも、指といっても、今まで、どっちかというと、
 指の「付け根の関節」だけを使って弾いていたような感じです。

 それはつまり、長い箸を使って小さな豆を掴もうとしているようなもので、
 または、膝を曲げずに歩こうとしているようなもので、
 ぎごちないし、やりにくいし、コントロールがうまくいかないのも
 そういうことだったのかもしれません。
 
 それが最近になって、ようやく、
 指の「第二関節」あたりまで意識できるようになってきたような気がしています。

 少しずつ、少しずつ、指先へ、指先へ。

 やっぱり、アームでもなく、ハンドでもなく、フィンガー・ピッキングですからねぇ。
 「指」なんですよねぇ。

 少しずつ、少しずつですが、指先へ、指先へと、
 ゆっくり、非常にゆっくりですが、進化はしているようです。

by acogihito | 2008-04-14 23:47 | ★アコギ関連 | Comments(9)  

Commented by きべっち。 at 2008-04-15 05:15 x
フィンガーって難しいですよね。

僕はとてもタッチが強いのか

友達と弾いても

僕の音しか聞こえません(汗)

タッチ個強弱をうまく使えば

うまくなりますよ!
Commented by acogihito at 2008-04-15 07:44
きべっちさま、
ありがとうございます。

ボクは今まで、どちらかというと、「力任せに弾いていた」という感じでした。

南澤先生に、「大きい音には限界があるから、
曲の中の強い部分に合わせて弱い部分を小さく弾く」
などと言われたりしたんですが、
ロック・バンド上がりだと、どうしてもはじめからでかい音にしちゃって、
曲の中の強い部分がとんでもないことになってました。

でも、そういうのも少しずつ良くなりつつあるようです。
Commented by ネコ at 2008-04-15 09:07 x
お久しぶりです^^
ネコです、覚えてますか?

しかし、指、長いですねー
羨ましいです

私は、ずっとフィンガー派だからピックを使うとどうしても違和感あるのですが。。。
私とまるっきり反対ですね(笑

音の強弱をつけると、一層メロディが引き立ちますよ^^
頑張って
Commented by acogihito at 2008-04-15 11:05
これはこれはネコさん、お久しぶりです。

そうなんですよ。
ずっとピックを使って弾いていたせいか、
まだ、いまだにピックと比べると指の方が違和感があるというか、
思ったようにコントロールできてないという感じなんです。

爪の状態によっても当たりが違って、音も違っちゃうし、
右手ばかり意識してると左手がおろそかになるし、
いろいろ大変。

でも日々研究しているのも面白いですけどね。
頑張ります!

これからもよろしくお願いしますね!
Commented by まさを at 2008-04-15 21:09 x
こんばんは♪

成る程~^^
ジャンルによって右手の使い方は全然違うもの、ですもんね。
勿論、フラットピッキングが決して単純という訳じゃ無いんですけど、
フィンガーピッキングって凄く緻密というか繊細なものだと思っています。
だからこそ奥が深くて面白いんですよね^^





Commented by acogihito at 2008-04-15 21:30
まさを さま、こんばんは!

いやぁ、本当に緻密で繊細ですよね。
それまでも、普通のアルペジオとかスリーフィンガーは弾いたりしてたんですけど、ソロ・ギターとなるとまた別ですね。

特に消音を意識しはじめると、今までの倍、指を動かす感じと、
今まで以上にばらばらに動かさないといけないことが分かってきたんですが、
器用じゃないんで、それがなかなかできないんです・・。

これから先、長く練習を続ければ、
多少は何とかなるんじゃないかとは思っているんですが・・。
Commented by 山内 at 2009-12-07 17:30 x
はじめまして。
突然おじゃまいたします。

南澤大介/ソロギターでたどり着きました。

なるほど、指先を使う、ですね~。参考になりました。
私の場合左利きで右用のギターを使っていますが、なかなが右手が安定せず難儀しています。
しかもずっとピックでしたので、フィンガーピッキングへ移行するのってこうも大変なものかと・・・。

ときどきまた覗かせていただきたいと思います。




Commented by acogihito at 2009-12-07 22:22
山内さま、こんばんは!初めまして。

山内さんは左利きなんですね?
以前は左手が器用な方がギターにとってはいいんではないか?
なんて思ったこともあるんですが、
フィンガーピッキングをやるようになってから、
やっぱりギターは右手。
つまり利き手が大事なんだなと思っています。

今後ともよろしくお願いします。
Commented by 山内 at 2009-12-08 20:43 x
こんばんは。

そうなんです。左利きです。
しかし左用のギターは高かったので、中学生のときに右用ギターで始めて以来ずっと右用ギターを普通に(左手がネック側)弾いてます。

私も最初は同じように、くねくね動く左手のフィンガリングが難しいに違いないと思ったのですが、実際には音を出す右が大事だと痛感しています。


ピックからフィンガーピッキングに変えるにあたり、右手で二つ以上の音を同時に弾いて出すというのが私にとってはとても難しく感じられます。
巧い方々はベースライン、メロディーラインの流れを頭の中でどういう感じでとらえていらっしゃるのでしょうかね・・・。

左手はコードの形を思い浮かべれば何とかなるような気もするのですが、右手に関しては親指でベースラインのリズムをとりながら上でメロディーを弾くという捉え方ができません・・・。今は一拍ごとにかたまりで把握しているような感じです。

いつの日か、ベースラインを保持したままメロだけ気分でアレンジして弾くといったような技がさらっとできるよう、精進したいと思います。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

<< 南澤先生直伝レッスンPart1... 南澤大介先生のミニ・ライブ! >>