<< 小田急ロマンスカーVSE      押尾コータロー「グラスネイルセ... >>

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_01316.jpg

 先日の押尾コータローさんのコンサートで買った
 「Nature Spirit」のTシャツを着て、
 中学時代からの友人と2人で千葉県の印旛沼にカヌーをしに行きました。

 実はこれは去年の続きなんです。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_8552252.jpg
地図の水色の部分が「川」や「沼」で、ピンクの線が並走する「サイクリングコース」

 ボクの自宅近くには「花見川」という川が流れているんですが、
 その上流は「新川」と名前を変えて、さらに「印旛沼」を介して「利根川」まで繋がっています。

 それで去年の夏に、
 『花見川にはほとんど流れもないし、カヌーで遡上することもできるだろう。
 時間をかければ、利根川まで行けるんじゃないだろうか?行ってみよう!』
 ということで、
 「自宅付近」から、「阿宗橋」まで(約20km)行ったんです。

 今回は、その続きとして、
 クルマにカヌーと自転車を積み込んで、「阿宗橋」まで行き、
 そこを「出発地点」とすることにしました。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0212771.jpg

 カヌーは、20年くらい前に買った折りたたみ式の「ファルトボート」。

 自転車は、最近、この日のために買った「折りたたみ自転車」。

 で、一人がカヌーに乗っている時、
 もう一人は自転車で「新川」や「印旛沼」に並走している「サイクリングコース」を走るんです。

 疲れてきたら交代。

 カヌーは腕だけを使い、自転車は足だけを使うから
 両方合わせると、ちょうどいい全身運動って感じです。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0272365.jpg
 
 2008年5月5日。
 この日は薄日が差す程度の曇りの天気だったんですが、
 暑くもなく、寒くもなく、カヌーにはちょうどいい日でした。

 風が気持ちいいなぁ~、
 自宅近くで、こんなことができるなんて悪くないなぁ~、なんて思いつつ、
 程よくしたところで、サイクリングコースを自転車で並走している友人と交代。 

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0341750.jpg

 カヌーはゆっくりゆっくり、
 だいたい、歩くスピードか、それよりちょっと速いくらいです。

 ボクは友人と交代したら、
 自転車でクルマを駐車してある地点まで戻り、
 自転車を折りたたんでクルマに積み込み、
 カヌーより先回りして、次のクルマの駐車可能地点まで行って、
 そこでまた自転車を組み立て、
 サイクリングコースを戻って、
 カヌーでやってくる友人と合流するという寸法です。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_035998.jpg

 途中にある「佐倉ふるさと広場」というサイクリングコースの休憩所には、
 オランダ風車があったりします。

 平坦な景色の遠くにはポプラの木が植えてあったりして、
 何となく、全体的にオランダっぽい景色にしてあったりします。
  (行ったことはないけど、そんな感じじゃないかなと思う・・)

 本当は周りは水田地帯なんですけどね。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0385919.jpg

 その風車を水面から見るとこんな感じ。

 陸上からも、水面からもよく見える、ちょうどいいランドマークです。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0413121.jpg

 さてさて、途中、交代のために上陸したときのことです。

 年配の男性が怪訝そうにこちらを見てるんで、「何だろう?」思ったら、
 「ゴールデンウィーク、混んだところに行かず、のんびりカヌーなんていいですねぇ」
 と、興味深げに近づいてきました。

 怖そうな人かと思ったら、実にいい人で、
 地元のこと、周辺のことなど、いろんな事を親切、丁寧に教えてくれました。

 で、話しているうちに
 「この先に印旛沼漁協直営の美味しいウナギを食べさせてくれるところがあるんですよ」
 と、耳寄りな情報まで教えてくれたんです。

 でもそこは、予定していたコースからちょっと外れたところなんですよね。

 だけど、「せっかくだし、そこ行って地元の名産品を食べてみようじゃないか」と、
 急遽、予定を変更して、そこを目指すことにしました。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0514542.jpg
 
 そこに行くまでの道中(川中?)、「西印旛沼と「北印旛沼」の間には、
 それまでの平坦な景色とは打って変わって、
 まるでどこか山奥の渓谷のようなところがあります。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0532243.jpg

 その渓谷を抜ければ、また平坦な景色になって「北印旛沼」。
 目指す「ウナギ」も近い!
Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_8345551.jpg
 本来ならば、その「北印旛沼」を
 まっすぐ横断して行く予定だったところを右に大きく迂回。
 目指す利根川とは反対方向に向かいます。

 そこにはかつて「甚兵衛渡し」という
 渡し船があったそうで、
 カヌーは、その跡地のようなところに停めて上陸。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0545320.jpg

 そして、ついに到着しました!
 印旛沼漁協直営レストラン「水産センター」です。

 建物の見た目は大したことはないものの、
 さすが地元では人気店なのか、ゴールデンウィークだからなのか、
 お客さんは次から次へとやってきて大混雑。

 親子連れ、若い二人、老夫婦など、いろ~んな人が来てましたが、
 千葉から「カヌー」でやって来たのは、さすがにボクたちくらいなもんでしょうねぇ~。

 そのウナギの謳い文句には、こんなことが書いてありました。

 『現在、国内で流通しているうなぎの99.9%養殖うなぎです。
 そのうち80%以上が中国や台湾からの輸入物です。
 当店では、隣接する印旛漁協のハウス池9面にて、
 寒風の利根川をのぼるシラス鰻を採集し、育てております。
 清水と水車により急流をつくり天然物に近い鰻を生産し、
 美味しく召し上がっていただけます。
 ぜひ、ご賞味ください!!』

 う~む、どんなのだろう?
 楽しみです。

Nature Spirit 印旛沼でカヌー! (花見川カヌー探検 その2)_c0137404_0583697.jpg

 混んでいたので、結構待ちました。
 お店の人もてんてこ舞いって感じでした。

 そして、ついに印旛沼産のウナギを使った「うな重」の登場です。

 う~ん、なるほど。
 まったりした味が実に心地よい!!

 だけど、それよりもなによりも、
 カヌーと自転車で疲れて、お腹がペコペコだったから、ガバガバと、
 米粒一粒も残さず食べてしまいました!!

 美味かったぁ~!!!

 今日の集合時間は、朝6時だったし、
 昼食の「うな重」を食べ終わったのが、なんだかんだで午後2時ごろ。

 予定のコースから少しずれて遠回りになっちゃったし、
 昼食の「うな重」に思ったより時間がかかって、ゆっくりしちゃったし、
 それに大盛りを頼んだのでお腹が一杯になったら、眠くなってきちゃったし、
 「じゃあ、今回は無理をせず、ここで終わりにして、続きはまた今度にしよう」ということにして、
 カヌーと自転車を車に積み込み、早めに帰宅しました。

 カヌーでの全行程、約15km。

 大満足な1日でした!


 (関連記事)→ 地元の花見川でカヌー! (花見川カヌー探検 その1)
           ついに利根川へ! (花見川カヌー探検 その3)
           東京湾へ! (花見川カヌー探検 その4 「完結編」)

by acogihito | 2008-05-06 01:20 | ☆その他 | Comments(12)  

Commented by 必着仕事人 at 2008-05-06 05:44 x
素敵な「Nature Spirit」
自然がいっぱいですね~!!!
「うな重」旨そうですね!
関西は腹開きで関東は背開きなんですよね!
食いたくなってきた・・・
Commented by Yasu at 2008-05-06 06:38 x
わぁー いい趣味ですね!
カヌーとっても憧れます。いいなぁー・・・。
利根川をずーっと下ってきたら、我が家に来れますよ。(笑)
川伝いに行けちゃうんですね。知りませんでした。
Commented by acogihito at 2008-05-06 08:55
必着仕事人さま、おはようございます。

今年のゴールデンウィークは、これをしようと前から思っていたので、
前から自転車を買ったり、「Nature Spirit」グッズを買ったりしてました。

何しろボクが土日は仕事で、
友人と休みが合うのは月曜が祭日に日のみ。
その友人も仕事が忙しく、たまの月曜祭日が急に休日出勤になったりするんです。
だから、予定は立てていても、土壇場まで実行できるかどうかわからない状態。

続きが年内にできるといいなぁ~と思っています。


Commented by acogihito at 2008-05-06 09:00
Yasuさま、おはようございます。

>利根川をずーっと下ってきたら、我が家に来れますよ。(笑)

え?Yasuさんのご自宅は銚子方面ですか??

実は、いずれは利根川を銚子まで行ってみたいとは思っているんです。

でも、それにはギターを買わずにカヌーをもう一艇買った方がいいし、
どうしようかとちょっと悩んでいます。

ちなみにこんなことをやっても
「グラスネイル」で強化した爪は、大丈夫でした!!

Commented by のぶぞ~ at 2008-05-06 10:18 x
まさにNature Spiritですね。

相当前ですが、私もカヌーをしようかなぁ~って思っていたことがあったんですが・・・
だれも付き合ってくれなかったので、実現することはありませんでした。
(T△T) そんなぁ…
Commented by acogihito at 2008-05-06 15:06
のぶぞ~さま、こんにちは!

おかげさまでいい感じにNature Spiritしてきました!

ボクも以前は一人でカヌーをやっていて、
一人で北海道の釧路川を下りに行ったこともあります。

この友人とは中学からの付き合いなんですが、
20年くらい前、彼はウインドサーフィンをしていました。

で、その頃は、近くの海で、
彼はウインドサーフィン、ボクはカヌーで、
ウインドサーフィンでカヌーを引っ張ってもらい沖へ行き、
帰り、風が弱くなったりしたらカヌーで引っ張ってくる
なんてことをして遊んでいました。

月日が経ち、彼もカヌーの面白さが分かってきたのかもしれません。
今は一緒にやれて嬉しい限りです。

Commented by まさを at 2008-05-07 00:41 x
こんばんは^^

あこぎひとさんってホントに素敵な趣味を沢山お持ちですよね^^
折りたたみ自転車のカゴから覗く釣竿が気になります。
やっぱり体を動かす趣味を一つでも持たないといけませんね・・・。

うなぎ旨そうっ!
こんな夜中にこんな旨そうな写真見せられたら・・・ああ、お腹減ってきたあ。




Commented by acogihito at 2008-05-07 07:23
まさをさま、おはようございます!

おっ、釣り竿に気付きましたかぁ!
これは友人が「トローリングで釣れないかな?」と思ってきたルアー用の竿なんです。

風車のひとつ上の写真がトリーリングをやってる所。
後ろに斜め上に竿が出てるのがわずかに写っているんですが、わかりますか?

でもやっぱり、結局、釣れることはありませんでした。

ただ、疑似餌はなくなっていましたから、
釣れてたんだけど気付かなかったのかもしれません。
Commented by tamara at 2008-05-07 15:41 x
気持ちよさそうですねぇ~。
水面からの風景って、なんであんなに見え方が変わるのか!
水鳥になった気持ちでしょう。
完全に水の音・風の音・鳥の声がメインで、別空間に迷い込んだ
ようになりますね。
一緒に遊ぶ友達がいてよいですね。
車・自転車と上手く使い分けて、無理しない計画が参考になります。

ぼくも今度、自転車でうなぎ食べに行ってみよう。\(^o^)/
Commented by acogihito at 2008-05-07 22:58
tamaraさま、こんばんは!

カヌーの場合、水面にお尻をつけて座っている高さになりますので、
日常の目線とはまるで違い、本当に水鳥になったようです!

友達に関しては、本当に感謝しています。
かけがえのない存在です。





Commented by あき at 2013-10-25 23:31 x
花見川でカヌーをやれている姿が見られるようになればって思っています!
家の近くです。
Commented by acogihito at 2013-10-26 08:04
あきさま、コメントありがとうございます。
そういえば砂金、花見川でカヌーをやっていませんでした・・・。
またやりたいなと思っています。
あきさんもお近くでしたら是非!!(笑)

<< 小田急ロマンスカーVSE 押尾コータロー「グラスネイルセ... >>