<< 『Blackbird (ブラッ...      千葉アコギインスト倶楽部 >>

『Norwegian Wood (ノルウェーの森)』のエフェクター

c0137404_21335399.jpg

 南澤先生の弾く、
 ビートルズの「ノルウェーの森(Norwegian Wood)」が素晴らしい!!

 ボクの大好きな曲のひとつですしねぇ!

 チューニングはドロップDにして、1弦以外を2カポ。

 そして1弦には「エフェクター」ともいえるものを
 指板と弦の間に微妙な間隔に挟むように取り付けて、
 それで弦をビビらせて、シタールのような音にする・・・。

 南澤先生は、このエフェクターとして、
 「USBのコードに付いてたキャップ」を使用して、
 見事にシタールのような音を作っています。

 じゃあボクも、と思って、身近なモノをいろいろ探してみたんですが、
 これがなかなか、ちょうどいい、厚みと材質のモノが見つかりません。

c0137404_21411731.jpg


 南澤先生に、
 「何でそんな事をやってみようと思ったのか?」
 と聞いてみたことがあります。

 すると、
 押尾コータローさんの「星砂」という
 シタールのような音がする共鳴弦ギター、
 シンパストの「ガイネシア」を使った曲を採譜する際、
 「シタールはなぜああいう音がするのか?」ということを考え、
 その仕組みを調べてみたところ、
 シタールのブリッジは、点でなく、面のようになっていることが分かって、
 じゃあ、面のようなものを当ててみようと思って、
 たまたまあったUSBキャップを挟んでみたらいい感じになった
 とのこと。

 なるほど、何でもちょっとしたところからの、発見と工夫なんですねぇ~!

 演奏自体は原曲に近い感じで弾いていて、
 決して難しいアレンジにはなっていません。

 だけども、偶然にも見つけた「USBキャップ」というエフェクターが、
 見事にシタールのような音を出し、サウンドに厚みをつけ、
 「ノルウェーの森」らしい雰囲気をソロ・ギターで再現しています。
 
 ボクも今、いろいろ試した中で、
 なんとかそれに近い効果を出せるモノとして見つけた
 「ACケーブルの結束バンドを切ったもの」を使って挑戦中!

c0137404_2215024.jpg

 う~ん、これはいいなぁ~~!!

 電気的でないエフェクターが、
 そして、買うのではなく、日常にあるものから見つけ出すエフェクターが、
 なんとも素朴なアコースティックな感じがして、
 ソロ・ギターの魅力を高めているような気がします。

 いや~、ちょっとした工夫で
 いろいろなことができるギターって、
 やっぱり面白いよなぁ~~!!

by acogihito | 2008-06-01 22:08 | ★アコギ関連 | Comments(12)  

Commented by 必着仕事人 at 2008-06-02 00:53 x
ドルフィンギターに来られた時にも、その奏法をされてました!

やっぱり、おこぎひとさんが羨ましい・・・
Commented by acogihito at 2008-06-02 01:10
必着仕事人さま、こんばんは!

南澤先生が大阪・心斎橋で
マンツーマンクリニックを実施するようですよ!!
     ↓
http://bsv.blog.shinobi.jp/Entry/256/
Commented by 必着仕事人 at 2008-06-02 08:05 x
おっ!

素敵な情報ありがとうございます!!!
Commented by acogihito at 2008-06-02 08:53
もし、都合がつくようならば是非!!!

そうなれば同じ門下生ですしね!!!
Commented by Yasu at 2008-06-02 09:21 x
USBのケーブルキャップ、先日のライブで拝見しました。
みなさん、ビックリしてましたよ。
構造を調べ始めてこのツールを発見されたようですね。

Dドロップの1弦以外を2カポ、このチューニング面白いですね。
このチューニングで現在、ある曲を練習中です・・・。
Commented by まさを at 2008-06-02 12:45 x
こんにちは!

こんな奇抜なアイデアを思いつくなんて流石ですねえ。
私もその「ノルウェーの森」のアレンジ、挑戦してみたいです。
(調べシリーズの次回作にもいずれ入れて欲しいなあ・・・)

Commented by のぶぞ~ at 2008-06-02 13:44 x
心斎橋であるんですか~。しかもマンツーマン!
考えてみようっと・・・。

イサトさんもあれこれと考えられますよね。
まだ、生で聴いたことはないのですが・・・。

フォークギターと言っていた頃は、
ボディやネックを叩く事なんて考えもしなかったのに・・・。
ギターは面白いですね!
Commented by アラキング at 2008-06-02 17:25 x

いや~、身近な使い終わったら、捨ててしまうような物も、小道具になるのですね~。

まさに、目から鱗。(驚)
Commented by acogihito at 2008-06-02 22:51
Yasuさま、こんばんは!

ボクももう1曲、
Dドロップの1弦以外を2カポのチューニングでアレンジされた曲で
何としても弾けるようになりたい曲があるんです!
Commented by acogihito at 2008-06-02 23:03
まさをさま、こんばんは!

「ノルウェーの森」は、
コツをつかんでしまうと案外簡単にそれらしい雰囲気になって、
「お得感」の強いアレンジってかんじでしょうか。(^_^)v

そうですね、次回作、どんなのになるんでしょうねぇ?

ちなみに「しらべシリーズ」のテーマは南澤さんではなく、
リットーミュージックの方から提示されるそうで、
希望はリットーミュージックに出した方がいいと聞いています。

また、版権とか、いろいろあって、曲選びも結構大変なんだそうです。

そういう意味では、すでに版権が切れているクラシックは楽なんだそうです。
Commented by acogihito at 2008-06-02 23:06
のぶぞ~さま、こんばんは!

もしご都合が合うならチャンスかもしれません。
     ↓
http://www.mikigakki.com/category/osusume_list.php?Rec_Id=568

そうそう、イサトさんは最近、
5ミリくらいの幅のドラフティングテープを
ブリッジ近くの弦に張って、
微妙にミュートして「和」のテイストの音を出してます。

イサトさんのライブはいいですよ!
ボクは大好きです。

Commented by acogihito at 2008-06-02 23:07
アラキングさま、こんばんは!

考えてみれば、スライドバーも、別名はボトルネックで、
そもそもは本当に酒瓶を使っていたそうだし、
これからも何かちょっとした工夫が
面白い「音」に繋がるかもしれませんよね!

「これはダメ」とか、「タブー」がないのもギターのいいところですよね!

<< 『Blackbird (ブラッ... 千葉アコギインスト倶楽部 >>