<< 種も仕掛けもありませんが      花見川サイクリングコース >>

『Bohemian Rhapsody (ボヘミアン・ラプソディ)』 練習開始!

c0137404_014503.jpg

 “ついに”と言いますか、“とうとう”と言いますか、“ようやく”と言いましょうか、
 『ボヘミアン・ラプソディ (Bohemian Rhapsody) 』にチャレンジする日がやってきました!

 実は今年、南澤大介先生のレッスンを受ける際の「何をやりたいですか?」という問いに
 「トップ・オブ・ザ・ワールド」と「ボヘミアン・ラプソディ」って言ってたんです。

 ところが、「トップ・オブ・ザ・ワールド」で「消音」を習っているうちに「まだまだだな」と思い、
 ちょっと遠回りして、ほかの曲などを練習していたんですよね。

 ボクにとっては、南澤先生アレンジの「ボヘミアン・ラプソディ」は特別な曲で、
 これを聴かなければ、ここまでソロ・ギターをやってみたいとは思わなかったかもしません。

 初めて「ソロ・ギターのしらべ」で、この曲を聴いた時の衝撃は鮮明で、
 それまでギター1本で、こういう曲をこんな風に弾けるなんて、知りもしませんでしたからねぇ。
 
 それ以来、ロック好きのボクとしては、
 「いつかこの曲をこんな風に弾けるようになれたらカッコいいだろうなぁ~」と思っていた
 憧れの曲であり、ソロ・ギターをやるからにはの「ひとつの目標」としていた曲だったんです。

 それだけに、練習を始めるのはガッカリすることのないように、
 「少しは弾けるようになってから」と思っていたんですよね。

 そして今、この曲にチャレンジする時を迎え、
 ついに、とうとう、ようやく、ここまで来たかと「感無量」といった気持ちなんです。

 とはいえ、この曲を覚えて、“弾ける”ようになることはできたとしても、
 “弾きこなせる”ようになるには、相当な時間がかかりそうですけどねぇ。

  (そもそもできるのかな? いまだに「トップ・オブ・ザ・ワールド」も弾きこなせず・・・)

 それに、その後にも「ソロ・ギターのしらべ」シリーズの中で、
 弾けるようになりたい曲が次々と出てきたし、
 南澤先生に習い、練習しているうちに
 乗り越えなければならない課題も山のようにあることも分かってきて、
 自分の目標とするところまでは、まだまだ先の長~い道のりなんだなと実感しています。

 でも、一歩一歩進んでいる感じはあって、それがとっても嬉しくもあるんですよね!

 いろいろな曲を覚え、楽しみながら、
 ゆっくり、じっくりと、全体的にレベルアップできればなぁ~と思っています。

c0137404_0371483.jpg

by acogihito | 2008-07-04 00:37 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by 必着仕事人 at 2008-07-04 08:59 x
ボヘミアン・ラプソディ いい曲ですよね~!
途中、変調って言うの?
ストローク系になると弾けません(涙)
課題曲の提出には記入してないんですが、聞きたいポイントが沢山あり完璧に弾きたい曲の一つです!!!
Commented by acogihito at 2008-07-04 10:21
必着仕事人さま、おはようございます。

ボクも秋からレッスンを再開する予定ですが、
それまでに何曲か弾けるようになっていて、
いろいろポイントを教えてもらおうと思っているんです。

その第一の曲が、これなんですよね!
Commented by まさを at 2008-07-04 12:33 x
こんにちは~。

とにかく南澤さんの「ボヘミアン・ラプソディ」のアレンジは秀逸ですよね♪
調べ1作目が出てすぐ購入し、こればっかり練習していましたねえ。
(難しいけど、楽しいですよね^^)

Commented by acogihito at 2008-07-04 13:57
まさをさま、こんにちは!

そうですかぁ、ボクはこれからなんですが、頑張ってみます!
これが上手く弾けるようになれば相当かっこいいと思っているんですが、
いつになることやら・・・
Commented by carat at 2008-07-07 09:46 x
ボヘミアン・ラプソディが弾けたらそりゃカッコ良いです!!
こんな曲作る人も弾きこなせる人も天才です!!
ですが、やっぱり努力の積み重ねなんですよね。
私も頑張って練習します(汗)

Commented by acogihito at 2008-07-07 13:19
caratさま、こんにちは!

そうですね、努力の積み重ね。

でも、「努力」というと大変な感じがしちゃうので、
楽しみながらやっていくのがいいんでしょうね!
お互い頑張りましょう!!

<< 種も仕掛けもありませんが 花見川サイクリングコース >>