<< 雪濃湯(ソルロンタン)      御茶ノ水 >>

クオンタイズできてきた!?

c0137404_2152591.jpg

 ボクが「クオンタイズ(Quantize)」という言葉を知ったのは、
 今から20数年前、YAMAHAの「RX-11(写真↑)」という
 当時としては画期的なPCM音源のデジタル・リズム・プログラマーを買った時で、
 その意味は、クリック音を聞きながら手でリズムを打ち込んだ時の
 タイミングのズレを補正してしてくれる機能のことでした。

 で、今、「いとしのレイラ」の練習をしているんですが、
 その中で、ふと、この「クオンタイズ」という言葉を思い出してしまいました。

 というのは、「いとしのレイラ」は、ボクには難しく、けっこう苦労しているんです。

 初めは指がうまく動かなくて、リズムも何も、めっちゃくちゃ。
 全く曲にならず、バラバラの途切れ途切れで、知らない人が聞いたら、
 「一体、何を弾こうとしているんですか?」って感じでした。

 でも、何回も何回も練習いくうちに、少しずつ音符が整いはじめ、
 やがて、ゆっくりなら、それも一部分ずつなら、
 メトロノームにも合わせられるようになって、
 今、ようやく、いくらか曲らしく聞こえるようになってきたところなんです。

 それは、タイミングのズレが補正されてきた感じ、
 まさに「クオンタイズできてきた!」って感じがして、
 なんだかとっても嬉しい気分なんです。

c0137404_21533729.jpg
 
 さて、デジタル・リズム・プログラマーの場合、
 よりリアルに人間が叩くドラムのように聞こえるようにするために
 アクセントの強弱や音量の大小などの設定を行ったんですが、
 ソロ・ギターの場合も
 メロディーと伴奏をバランスよく際立たせるために
 アクセントの強弱や音量の大小、そして消音などをしっかり行う必要があって、
 これがまたまた難しい・・・。

 しかも、デジタル・リズム・プログラマーの場合、
 一度、入力してしまえば、あとはいつでも同じように演奏してくれますが、
 人間が弾くソロ・ギターの場合、
 しばらく時間が経つと忘れてしまったりして、
 これがまた大変・・・。

 「いとしのレイラ」ばかり練習していたら、
 せっかく覚えたはずの「ボヘミアン・ラプソディ」と「天国への階段」を
 ずいぶん忘れてしまっていて、
 またまた逆戻り・・・。

 あ~あ。
 
 3歩進んで2歩下がる。
 なんだか常に戦いです。

by acogihito | 2008-09-01 23:00 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by ネオン at 2008-09-01 23:50 x
南船橋のクリニック行ってきました(^^♪調子こいて、三つも質問してしまいましたー(^_^;)今は質問を書いた人に先生が直接聞く形態になってましたよ。しかも、終わったあとに、どうしてもわからないフレーズを直接ご指導していただいたり、ツーショット撮ったりサインかいてもらったりしました。ところで、ブログに完成した曲をアップしたりはされないのですかー?
Commented by acogihito at 2008-09-02 00:38
ネオンさま、こんばんは!

南船橋に行かれ、いろいろ充実された時を過ごされたようで、何よりです!

ところで、曲のアップですが、
いつかはそういうことをしたいとは思っているんですが、
なかなか完成せず、今はまだ、とても公開できるようなレベルではないんです・・・。
でもいつかはそうできるようにしたいと思っています。
Commented by kaz at 2008-09-06 22:22 x
はじめまして。
つい最近モーリスSのエントリーギターを買い求め、
"ソロギターのしらべ"にハマっているアコギ初心者のオッサンです。
ざっくり”官能のスタンダード篇”を選びましたが、
私には難易度Aの曲でも難しい! 
正に隣で人が聴いていたら、とても音楽的には聴こえません(笑)
もっと初歩的な教本から入るべきだったかも...と思ったり(汗)
それでもギターの弦をつま弾く時は楽しいですなぁ...。
当ブログからアコギや周辺諸々がとても参考になります。
また伺いたく思ってます。
Commented by acogihito at 2008-09-06 22:40
kazさま、こんばんは!
ようこそいらっしゃいました!

「ソロ・ギターのしらべ」の難易度ABCは、あくまで目安だそうで、
ボクも、このAよりこのBの方が簡単だなと感じることがあります。
人によって得手不得手に違いがあるから、きっとそんなもんなんでしょうね!

ボクも中年のオッサンなので、
若い頃に比べて、かなり進歩が遅いなとは痛感しているんですが、
それでも少しずつでも進歩はしているようで、
そんな進歩を感じられるのは嬉しいものです。

みんなで楽しんでいきましょう!
ブログも何かのお役に立てれば幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いします!

<< 雪濃湯(ソルロンタン) 御茶ノ水 >>