<< トレース・バンディ(Trace...      打田十紀夫さんのライブ >>

ドン・ロス(Don Ross) ジャパン・ツアー2008

c0137404_28206.jpg

 9月21日、東京、目黒区上目黒の
 「楽屋(らくや)」というライブハウス&レストラン&バーに
 カナダ・アコースティック・ギター界のドン(首領)であり、
 かのマイケル・ヘッジスも生前、絶賛したという
 ドン・ロス(Don Ross)さんのライブを見に行ってきました。

 このライブがあることを知って、すぐに予約したのが良かったのか、
 席は、なんと「特等席」!

 恐らく、この日の会場で、一番いい席だったんではないでしょうか?

 一番前の正面よりわずかに右側。

 ボクの目の前、わずか1.5メートルの所にドン・ロスさんが立ち、演奏するわけですから、
 右手も左手もよく見えるし、何だかあまりに近すぎて緊張してしまいました。

c0137404_20414065.jpg

 あまりに近すぎて、さすがにライブ中に写真を撮るような雰囲気ではなかったので、
 残念ながら、演奏の写真はないんですが、すごいライブでした!

 ドン・ロスさんの仙人か哲学者のような写真を見たり、
 雑誌のギターに対するこだわりのインタビュー記事などを読んだりすると、
 「ちょっと気難しい人なのかな?」と思っていたんですが、
 それは全くの誤解でした。

 登場したドン・ロスさんは髪の毛は幾分短くていたからか、
 笑顔のやさしい、とっても大らかな印象。

 体も大きく、手もとっても大きいんですが、
 指先に行くにしたがって急激に細くなっている感じで、
 指先だけ見ると別人のように繊細なんですよね。

 そしてスタンディングで、体全体でリズムを取って
 ダイナミックに演奏します。

 悪く言えば大雑把に演奏しているようにも見えるんですが、
 右手も左手も実に細かく素早く、正確に動いているんですよね。

 親指にはサムピックをはめ、
 それで普通のピックのようにピッキングしたり、激しくストロークしたりする合間に
 人差し指、中指、薬指が動いて弦を弾いたり、ハーモニクスを出したり、
 バシンッと叩いたり。

 親指で力強く、8分音符でベース音をリズムキープしながら、
 時々人差し指で16分音符を入れつつ、
 中指と薬指では、それとは関係なく、
 ものすごく軽く、弱~いピッキングで繊細な音を出したり。

 凄いよなぁ~、アコースティック・ギターってこんなこともできるんだなぁ~、
 一体どうなってるんだろう?
 などと、半ば呆然と見入っていました。

 そんなことが目の前で繰り広げられているにもかかわらず、
 あまりに凄過ぎて、本当に演奏してるのかな?
 CDに合わせてるんじゃないかな?と思うくらい。

 だけど、やっぱり本当に演奏していました。

 エフェクターにBOSSのME-50という
 エレキ・ギター用のマルチエフェクターを使って、
  (別にアコギ用じゃなくても全然かまわないんですね)
 コーラスをかけたり、ワウワウを使ったりもしてたんですが、
 それを切る際、間違えてディストーションがかかっちゃった時があるんです。

 「WOW!ジミ・ヘンドリックスみたいになっちゃった!」
 と、お茶目にジョークでかわして、また演奏。

 それが「弘法も筆の誤り」というか、
 神ではなく人間が本当に演奏してるんだと実感できて、
 会場もかえって拍手喝采!

 その他、チューニング中に4弦を切って、しゃべりながら張り替えたり、
  (大御所も普通に弦を張り替えてました!)
 「リクエスト曲はありますか?」と会場のリクエストに応えて演奏したり、
  (リクエストに応えて何でも演奏できるなんて凄いよなぁ~)
 すごい演奏なんだけど、とっても親しみやすい雰囲気。

 ギターのボディーに右手の肘が当たるあたりが
 だんだん汗でベトベトになるほどの熱演で、
 ボクも最初は近すぎて緊張気味におとなしく見てたんですが、
 後半はやんやの大騒ぎ!
 
 近いから目も合って、また緊張もしちゃうんですが、それもまた楽しかったです。

 曲も、CDで聴くより、ずっとAOR的な感じがして、
 ボク好みで良かったですね。

 カナダ人だから同じカナダ出身のデヴィッド・フォスター的というか、
 そういうAOR的な、16ビートのグルーブ感があって、
 大人っぽいコード進行のバンド・アレンジ曲を
 一人でギター1本で演奏しちゃっている感じ。

 日本でいえば、押尾コータローさんというより、
 住出勝則さん的な感じかな?
 
 ボーカル曲もあって、図太い声を出すのかと思えば
 思った以上に高音が伸びやかな綺麗な声で、
 クリストファー・クロスを思い出すような曲調だったりして、
 これも驚きであり、とっても良かった。

 やっぱり凄いです、ドン・ロス!

c0137404_2121344.jpg
 
 終了後はサインにも気安く応じてくれ・・・、

c0137404_285395.jpg

 ・・・記念写真も撮らせてもらっちゃいました。

c0137404_21233578.jpg

 ちなみにドン・ロスさんとは同い歳です。

c0137404_21242696.jpg
ドン・ロスさんが使った変形バリトン・ギター

by acogihito | 2008-09-21 23:40 | ★アコギ関連 | Comments(8)  

Commented by のぶぞ~ at 2008-09-22 10:11 x
おぉ!私も20日の大阪に行ってましたよ。

CD2枚買われたんですね。
私は、liveモノ(右のヤツ)を1枚と、Tシャツにもサインを頂きました。

私の方も、詳細は追って書くつもり・・・です。
Commented by JOE at 2008-09-22 11:10 x
 お久しぶりです。
 おぉ、すごい。。。
 っていうか、ライブ知らなかったーっていう後悔しきり(笑)

 *ボクも自分の1.5mの目の前でトミー・エマニュエルの生演奏を
 ギタークリニックで見られた興奮を思い出しました^^

  レポ楽しみにしています。
Commented by acogihito at 2008-09-24 21:34
のぶぞ~さま、こんばんは!

CDで聴くより、「生」の方がすごさがわかるし、
すごく良かったですよね!

Commented by acogihito at 2008-09-24 21:47
JOEさま、こんばんは!

今回は本当、ラッキーでした!
凄いライブでした!

「また来たい」なんて言ってたから、
是非来てもらってまた見たいし、
その時はJOEさんも是非見るといいですよ!

アコギの場合、大物でも
案外小さいハコでやるのもいいですしね!
Commented by JOE at 2008-09-24 23:22 x
>>アコギの場合、大物でも
>>案外小さいハコでやるのもいいですしね!

 ホント、海外から呼ばれる本人にとっては
 可愛そうな部分もあるんですけど、
 ファンにとってはたまらなく嬉しい部分でもありますよね〜^^

 まぁ、あのトミー・エマニュエルでさえも、
 日本国内の知名度ったらエーベッ○スの新人の
 1/数百…って感じなので、これはしょうがないですね〜
Commented by acogihito at 2008-09-25 01:09
日本の場合、いわゆるライブハウスは、
スタンディングの若者向けのロック仕様のところが多いし、
アコギ向きのちょうどいい、
大人向けのライブハウスが少ないのかもしれませんね。

今回の場所は、雰囲気はいいんですが、タイ料理を出す店なんで、
静かな曲を演奏中に
タイ風チャーハンを炒める音がジャーっと聞こえてきたり、
なんとも残念な場面が何度もありました。

それに今回のドン・ロスのライブをJOEさんがご存じなかったとすると、
宣伝もうまくいかず、一部の人にしか情報が広がらないんですかね。

押尾コータローさんだけが、
かなり特殊にメジャーになってしまった感もありますが、
徐々に徐々に広がっているような気もしますんで、
今後に期待したいところです。
Commented by のぶぞ~ at 2008-09-25 09:13 x
>押尾コータローさんというより、住出勝則さん的な感じかな?
あぁ~、私もそう思ってました。
ヘッジスのフォロワーとして、ヘッジスを継承しつつ上手く消化できてるかなぁ~って・・・。
コータローちゃんが叙情的とすると、もっとソウル・ロックって感じなんだろうか?
 
>ボーカル曲もあって、・・・・クリストファー・クロスを思い出すような・・・
そうそう、これも同感!
ただクリストファークロスの名前が出てこなかったんだけど・・・orz
Commented by acogihito at 2008-09-25 10:08
のぶぞ~さま、おはようございます!

そうですね、ドン・ロスは80年代前半の洋楽、
それも黒人のソウルと白人のロックが混ざった
当時のTOTOやスティーリー・ダン、ボズ・スキャッグス、マイケル・マクドナルド、
あとはボブ・ジェームスとか、
あの当時のAOR的な匂いをCDを聴くより強く感じました。

押尾コータローさんの場合は、それに比べると
90年代のJ-Pop的でしょうか?
わかりやすいメロディーラインで誰にでも親しみやすいところが強みですよね!

フュージョン系で言えば、スタッフと日本のカシオペアを比較したような感じかなぁ?

それにしても、ああいうライブの中で、
さらっと1~2曲歌うのってかっこいいですね!

押尾さんも歌ったらどうだろう?と思う反面、
谷村新司的な声質がJ-Pop的なムードには合わないのかな?とも思ったり。

いずれにしても良いライブでした。
またぜひ来日してもらって、もう一度見たいものです。

<< トレース・バンディ(Trace... 打田十紀夫さんのライブ >>