<< 押尾コータローさんのニューアル...      トレース・バンディ(Trace... >>

激動の夏でした

激動の夏でした_c0137404_23392024.jpg

 これは我が家の裏側にある斜面を見上げて撮った写真です。(8月撮影)

 写真ではとってもきれいに見えますが、
 実はこの直前まで、この斜面には、
 鬱蒼とした森があって、野鳥も集まり、
 それがとっても良かったんですが、
 伐採して、あっという間に消えてしまいました。

 こんな斜面を住宅地にするんだそうで、
 だから写真では見えない下側は工事現場です。


 9月も終わりになって、急に涼しくなってきましたが、
 思えば、今年の夏は激動の夏でした。

 身の回りのモノが大きく変化し、
 重大なコトを経験した夏でした。

 う~む・・・・。

 ただし、その分、ギターの方は練習がおぼつかず、
 その腕前だけは変化せず・・・。

 まあ、いろいろな方のライブを見れたから良しとしましょうか。

 秋からまた頑張りたいと思います。

激動の夏でした_c0137404_0421683.jpg

by acogihito | 2008-09-30 00:01 | ☆その他 | Comments(6)  

Commented by ぴよぴよ at 2008-09-30 12:37 x
見慣れた風景が変わってしまうのは寂しいですね。
涼しくていい季節になりました。
ギターの稽古頑張りましょうね。
Commented by まさを at 2008-09-30 21:25 x
こんばんは~^^

ご自宅の近くに森があったんですか?
身近な自然が消えてゆくのは悲しいですね。
昆虫や動物と触れ合える場所が最近どんどんなくなっているし・・。
近所にカブト虫やクワガタを獲りにいった頃が懐かしいです^^;


Commented by acogihito at 2008-10-01 07:58
ぴよぴよさま、おはようございます。

そうですね、自分の土地ではないので、どうすることもできないですが、
アコギを始めて、「木」に対しても改めて愛着を感じていただけに
残念な気がします。

その分、ギターを大事にしつつ、練習に励もうと思います!
Commented by acogihito at 2008-10-01 08:05
まさをさま、ありがとうございます。

実際は「森」という言葉の響きほど、美しいものではなく、
「雑木林」という感じでしたが、
全くの自然で、結構太く大きな木もあったり、山桜もあったり、
広葉樹は紅葉もしたりして、本当に身近な自然でした。

まあ、宅地にするにしても、その木を生かしつつ開発すれば、
別荘地のようなしゃれた感じになるんじゃないかな?とも思っていたんですが、
そんな優雅なものではなく、根こそぎ伐採。
小さな家がたくさん建つようなところになるようです。

家からちょっと行けば、まだまだそういう自然がある地域ではあるんですが、
「家の裏にある」というのが良かったので、やっぱり残念です。
Commented by carat at 2008-10-13 09:18 x
今まで身近にあった自然がなくなると淋しいですよね。
それって後になってじわじわと感じるでしょうね。
それは体感だったり記憶だったり。
居つきたい家の周りって自然が同居しているような感じがします。



Commented by acogihito at 2008-10-13 19:40
caratさま、こんばんは!

今年は秋の虫の声が少ないし、
昼間は工事の音がうるさいし・・・。

北側の部屋が明るくはなっているんですが、
やっぱり緑が無くなったのは淋しいし、
今後、家ができるとなると、ガバッと窓を開けてというのも気が引けるし、
おっしゃる通り、自然が同居していたような気がするし、
それがいいところだったので、残念でもあります。

<< 押尾コータローさんのニューアル... トレース・バンディ(Trace... >>