<< 押尾コータロー 『Nature...      押尾コータローさんのニューアル... >>

南澤先生直伝レッスンPart2(3/4) 『百聞は一見にしかず』

c0137404_2329935.jpg

 おバカなことを言って、南澤大介先生を悩ませてみたり・・・・、

c0137404_23295848.jpg

 妙なことを言って、笑われたり、笑い合ったりもしてますが・・・・、

c0137404_23391932.jpg

 やっぱり直接習えるというのは幸せなもので、今日も新発見がありました。

 ボクとしては間違えて覚えたつもりじゃなかったんですが、
 いつの間にか取り違えて、間違えたまま覚えてしまった箇所があって、
 それは譜面をよく見れば気づくはずなんですが、
 正しいと思って覚えていたので、譜面も見ずにいました。

 やっぱり、「百聞は一見にしかず」じゃないけれど、
 先生にちょっと聴いてもらうと、おかしな所をパシッと指摘してくれ、
 それをきっかけに他の個所でもいろいろ気付くことができました。

c0137404_23301836.jpg
 
 それにしても先生は、思った音をパッと出せるといいますか、
 今日はボクの好きな“ある曲”を話題に、
 「こんな曲がソロ・ギターのしらべに入ったらいいんですけどねぇ~」なんて話をしたら、
 「こんな感じかな?」って、ちょちょいとさわりを弾いてくださいました。

 先生にしてみれば、あくまで「さわり」なんでしょうが、
 ボクにしてみれば、それでも完成品に近いように聴こえちゃいます。

 凄いよなぁ~、どんな曲でもパッとできちゃうんだなぁ~と改めて感心。

 ボクもそんな風に、まるで言葉をしゃべるかのように
 自由自在にギターを弾けるようになれたら凄いんだけどなぁ~~。

by acogihito | 2008-10-07 23:50 | ★アコギ関連 | Comments(8)  

Commented by s-121sp at 2008-10-08 11:03 x
アコギさん
授業、お疲れさんでした。
自分も同じ経験が本当に多いですね。
曲を覚える時にしっかり覚えたはずなのに
自分として曲が弾けるようになったら、CDと合わせて弾くんです
その時にあれぇ?変だぞと気付くのですが
年なもので最初に覚えた事が中々変えられない(^^ゞ
アコギさんと同じく
自由自在にギターを弾けるようになりたいですね。
Commented by acogihito at 2008-10-08 23:52
s-121spさま、こんばんは!

そうですよね!
自由自在にギターが弾けるようになったら、なんと素晴らしいことか!
でも今は、指も自由自在に動かないような状況ですからねぇ…。

これから先、長いことやっていれば、
今よりは少しはそれに近づければいいんですが・・・。
Commented by まさを at 2008-10-09 21:49 x
こんばんは^^

その「さわりだけ弾いた」のが何の曲なのか気になります^^
ひょっとして南澤さんは次回作の候補としてアレンジしてたので
しょうか^^;

でも・・・言われた曲をその場で即座に弾けたりしたら・・・・
かっこいいだろうなあ~~♪
Commented by acogihito at 2008-10-09 22:54
まさをさま、こんばんは!

いやいや、南澤先生は、次回作の候補としてアレンジされてたわけではないんですが、
次回作の候補として、ポール・マッカートニーのウイングス時代の曲なんかどうでしょう?と
ボクが、ある曲目を挙げたんです。

そうしたら、言われた曲をその場で即座に弾いてみてくださったんです!

ただ、ポール・マッカートニーの曲は権利関係で扱いが難しく、
たぶん無理だろうとのこと。
その曲が次回作に登場することは無さそうです・・・。

でも、言われた曲をその場で即座に弾けるというのは、
本当にかっこいいもんです!!

Commented by miyaben at 2008-10-09 23:01 x
アコギヒトさん

羨ましいですね。
あの南澤さんにレッスンを受けてるとは。
そんな方がいらっしゃったとは思いもよらず。

自分も「ソロ・ギターのしらべ」を何冊か買いました。
「ダンス・ウィズ・ミー」が弾きたくて、いきなり自己流ではじめました。

ブログ楽しいですね。
自分は若葉区在住ですが、市内でアウトドアがあんな風に楽しめるんですね。これも驚きです。
Commented by acogihito at 2008-10-09 23:42
miyabenさま、初めまして、コメントありがとうございます。

ボクの場合、仕事の休みが平日(月火)なんですが、
アウトドア関連では、土日が休みの友人とは月火が祭日の時くらいしか、
日程の調整がつかなくて苦労するんですが、
反面、PAN SCHOOL OF MUSICでの南澤先生のレッスンが火曜日で、
見事にスケジュールが合うんで感謝しています。

とはいえ、「上達」という面では非常にゆっくりしていて、
先生にとっては張り合いのない生徒だとは思いますが、
ボクの方としては、上達以外にも知識や経験が学べて
とっても役に立っています。

miyabenさんも千葉市内なんですね?
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Commented by carat at 2008-10-13 10:04 x
南澤先生の肩に力が入っていない感じのレッスンのお写真良いですね~!
奥に写っているのはキーボードでしょうか。
練習風景のお写真を見せて貰うだけでも日々の練習の励みになります。
即興でさらっと弾ける日が来ると良いな。。。
Commented by acogihito at 2008-10-13 20:13
そうですね。
レッスンは、教科書があって、どうのこうのというものではないので、
確かに実に穏やかな、肩に力が入っていない感じのレッスンです。

ちなにみこの時、間違えて覚えていたというのは、
「ボヘミアン・ラプソディ」です・・。

<< 押尾コータロー 『Nature... 押尾コータローさんのニューアル... >>