<< ネイルカンパニーの佐藤瑛利子さ...      南澤先生直伝レッスンPart2... >>

押尾コータロー 『Nature Spirit 』 TAB譜付スコア

c0137404_21145489.jpg

 押尾コータローさんのアルバム『Nature Spirit 』のTAB譜付スコア
 ドレミ楽譜出版社から発売されました。

 アルバムの『Nature Spirit 』の発売が今年の1月1日でしたから、それから9ヵ月半。

 “ようやく”と言いますか、“ついに”と言いますか、“とうとう”と言いますか、
 「ずいぶん時間がかかったな」と思われる方もいらっしゃるんでしょうが、
 ボクの場合、その間、ちょうど
 採譜と解説を担当された南澤先生にソロ・ギターを習っていたので、
 随所で制作における苦労話やこだわりの話などを小耳にはさみ、
 「コピー譜って、そんなに大変なものなのか!」
 「さすが南澤先生、そんなに細かいところまでこだわっていらっしゃるのか!」
 「そうなってくるとレコーディングより大変なくらいだな」などと思っていたので、
 無事に出版されて、人ごとながら「良かったなぁ~」と感無量の心境です。

 ボクは、コピー譜は、バンドのコピー譜など、結構たくさん持っていて、
 例えばビートルズは全アルバムのコピー譜を持っているんですが、
 ビートルズのコピーバンドをやっていた時なんかは、
 「ここは違う!」だとか、「ここは手を抜いてる!」だとか、
 「ライブ映像ではこう弾いているから、レコードでもこうなんじゃないか?」とか、
 コピーの参考にはするものの、最終的には自分の耳を信じ、
 明らかに間違っている個所を見つけたりすると、
 喜ぶというか、自分の方がよく聴き込んでいると思うというか、
 まあ、誰だか分らない採譜した人は、「ボクよりも時間をかけずにささっと聴いて、
 それでもプロだから、ここまでコピーしてるんだから大したもんだよな」とは思うものの、
 「結構いい加減なところもあるよな」などと、どことなく軽い扱いをしていたんですよね。

 でも、南澤先生の採譜に対するこだわりなどを知ると、
 もうこれは「相当凄いものだ」と、頭が下がる思いがしていたんです。

 何しろ、ボクがビートルズをコピーしていた時以上に
 厳しい目と耳とこだわりを持つ、マニアックなアコースティック・ギタリストが
 世の中に大勢いることは、南澤先生も良く分かっているので、
 どの曲も南澤先生として可能な限りキチッとコピーしているのは当然で、
 特に、ストローク系の曲は難しいそうで、
 どの弦の音が弾くべき音で、どの弦の音は意図しないで鳴ってしまった音なのか、
 オーバーダブされたギターとの微妙な差を聴き比べ、
 さらに押尾さんの手くせや意向などを推測して採譜したそうです。

 時に、それでも良く分からない場合は、
 実際に自分で多重録音してみて実験してみた、ということで、
 それだったら、レコーディングに立ち会った方が楽だったろうに、と思うくらい、
 完成されたCD音源から必要な音を的確に拾い出し譜面にする作業は、
 「そんなに苦労するものなんですか!」「そこまでやるんですか!」と驚くほどのものでした。

 南澤先生によると「手を抜こうと思えばできるんですけどね」とのことでしたが、
 それではご自身のプライドが納得せず、
 絶対に手を抜かないところが南澤先生なんですねぇ。

 ドレミ楽譜出版社も、だからこそ南澤先生にお願いし、
 多少時間がかかっても焦らせることなく、ジッと待っていたんでしょうね。

 そうしてようやく完成した『Nature Spirit 』TAB譜付スコアには、
 巻頭の「押尾コータロー奏法徹底解析」のところと、
 巻末に他の人たちと一緒にチラッと「南澤大介」と書いてあるに過ぎませんが、
 これはもう、まさに「南澤大介“”」。
 ひょっとしたら、ご自身の「ソロ・ギターのしらべ」を1作、作る以上に
 苦労された作品なのではないか?と思うほどです。

 とはいえ、ボクがこの譜面を頼りに押尾さんの曲を弾こう、弾いてみようと思うのは、
 まだまだ、もう少し先の話になりそうで、それまで大事にしておかなくては!

 それから、この『Nature Spirit 』TAB譜付スコアには、
 押尾さんや中川イサトさんなどが使っている「M-factory」のピックアップ・システムや
 「グラスネイル」の使用方法の記事もあって、
 これが大いに参考になりました!

by acogihito | 2008-10-13 22:24 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by 必着仕事人 at 2008-10-13 23:27 x
おっ!
ついに出ましたか!!!

人柄が出るってか、師匠のTAB譜付スコアは非常に丁寧ですよね~!!!

売り上げに貢献!

早速、買わなくちゃ!!!
Commented by acogihito at 2008-10-14 08:54
必着仕事人さま、おはようございます!!

出ましたね!!!

ボクは、どのくらい丁寧なのか、
その丁寧さ加減が自分ではわからないんですが、
南澤先生のあの姿勢を見る限り、非常に丁寧であろうことは
容易に想像できますよね!

どうぞ貢献してあげてください!
Commented by まさを at 2008-10-14 22:16 x
こんばんは^^

あら~、チェック漏れてました。
もう発売されてたんですか?
買わなくちゃ!
弾けないけど・・・・^^;

南澤さんが採譜をしたのは「Panorama」からでしたね。
やっぱりマイケル・ヘッジス奏法にも精通した南澤さんだからこそ
成しうる事なんでしょうね♪
南澤さんの地道な努力が垣間見えてきます。
あこぎひとさんは凄い人に師事されてるんですね!
改めてそう思います^^
Commented by acogihito at 2008-10-15 07:19
まさをさま、おはようございます。

いやぁ、南澤先生、本当に地道というか、まじめというか、マニアックというか、
そうですね、凄い人に師事できてありがたい限りです。

<< ネイルカンパニーの佐藤瑛利子さ... 南澤先生直伝レッスンPart2... >>