カテゴリ:★アコギ関連( 677 )

 

今度は日本製!ケースポーターの研究

今度は日本製!ケースポーターの研究_c0137404_15121163.jpgギターのハードケースを背負えるようにする道具として、
先日、アメリカから「Back Axe」という商品を
買ったばかりなのに、その直後に
同様商品の「日本製」を見つけてしまって、
どうしようか悩んだんですが、
気になって気になって仕方がなかったので
買ってしまいました。

←「ケースポーター」という商品です。

これは定価が6825円なんですが、
楽天の中のショップで送料込みで「5303円」。
定価でみれば「Back Axe」と大体同じ位の金額ですね。
今度は日本製!ケースポーターの研究_c0137404_152123100.jpg
←商品自体はこんな感じ。
 商品の「質」も大体同じような感じです。

最大の違いは、背中に当たる部分に
クッションというほどではないけど、
パッドが付いていること。

それぞれに特徴があり、
それぞれに一長一短があります。

アメリカ製の商品と日本製の商品、
どちらが優れているのか?
比較してみました!



今度は日本製!ケースポーターの研究_c0137404_16473732.jpgまずは、後ろからの「見た目」
←右の日本製は、
 「関取がまわしを付けてる」みたい。
←左のアメリカ製の方は、ちょっとゴツイ印象。
まあ、これは人それぞれ好みによるから、
引き分け

汎用性の広さという点では、
アメリカ製は日本製では対応できない
フェンダーのエレキギターのような
箱型のハードケースにも対応しているので、
アメリカ製の勝ち

でも、取り付け易さは、
紐だけでぐしゃぐしゃしちゃうアメリカ製より、
日本製の方が背中のパッドがあって
今度は日本製!ケースポーターの研究_c0137404_16522118.jpg形がはっきりしている分、扱い易いので、
日本製の勝ち

さらに、紐をパチンと止める
「バックル」の位置が、
日本製は後ろ側なのに、アメリカ製は背中側。
これは、取り付ける時、アメリカ製はケースを
ひっくり返さなくてはならず、
そういう面からも、取り付け易さという点は、
日本製の勝ち

ところが、肩かけの紐は、
アメリカ製の方がクッションも、質も、
断然良くできていて、肩にもイイ感じだし、
背負う時も、グッと掴めて背負い易いので、
アメリカ製の勝ち

 だけど、背負った時の「背中の感触」は、
 アメリカ製の背中側にバックルがあると、「外れにくそう」「悪戯されて外されにくそう」という
 安心感はあるものの、それが背中に当たって痛いので、(厚着の冬ならともかく夏は痛そう
 バックルは後ろ側にあって、背中にはパッドが付いている日本製の勝ち。 

 ところが、背負った時の「しっかり感」は、
 日本製は、下の支えが1本で、そこに重量がかかり過ぎるからか、引っ張られて、
 だんだんズレてきて、まわしのような「T字」の部分が「Y字」になってくることがあるんだけど、
 アメリカ製の方は、2本でしっかり支えていて安定感があるので、アメリカ製の勝ち

今度は日本製!ケースポーターの研究_c0137404_16435047.jpg

 という訳で、日本製もアメリカ製も、それぞれ一長一短があって、ほぼ互角のイイ勝負!
 両方の長所を組み合わせれば、より完璧なものになるんだけどなぁという感じです。

 あと、両方に言えるのは、ソフトケースにあるような譜面とか小物を入れられるポケットが
 後ろ側にあればイイのにな、と思う点かな。

 これは自分でバックを取り付けられるように工夫してみようかな?
 アメリカ製なら、ひっかけることが出来そうだしね!

by acogihito | 2007-12-21 17:27 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

アメリカからの小包、その中身は?

アメリカからの小包、その中身は?_c0137404_23424518.jpg
↑ アメリカから小包が届きました。


アメリカからの小包、その中身は?_c0137404_23441934.jpg
                       ↑ 中にはナイロン製の紐のようなものが入っていました。
                                   「なんだこりゃ?」って感じでしょ?

アメリカからの小包、その中身は?_c0137404_23463422.jpg

←広げると、こんな感じになっています。


 実はこれ、
 「Back Axe」という代物です。


 どう使うかといいますと…。



アメリカからの小包、その中身は?_c0137404_23511893.jpg      はい!
   ←こんな感じに使います。

      要は、ギターのハードケースに紐を掛けて、
      背負えるようにするもの。
      それだけの事なんですけどね・・。

      ある程度以上の値段のギターを買うと
      付属として付いてくるのがハードケースですよね?
      でも、どこかに持って行く時、
      車に積んで行くならともかく、
      電車やバスの場合、背負えないハードケースは、
      手で持つしかなく、疲れるし、とっても不便。

      仕方なく背負えるソフトケースを別に買うわけですが、
      何となく、「もったいない」って気がしてたんですよ。

アメリカからの小包、その中身は?_c0137404_0165438.jpgそれに本来はハードケースの方が丈夫な筈だし、
それを上手く使う手はないかなぁ~と思ってたんです。  

ある時、電車の中で見かけた、チェロか何かの
ハードケースには肩かけの紐が付いているしねぇ。
ああいうのがいいなぁ~、ギターのハードケースにも
紐が付けられたらいいのに・・。

で、インターネットで探したのが、
この「Back Axe」なる商品という訳なんです。
(←これが商品のパッケージ)

これは、アメリカのマークさん(Mark Irose)という人が
開発して、個人のウェブ・ショップで売っているようで、
メールで四苦八苦しながら交渉して
何とか日本にも送ってもらうことができました。

  ただね、本体が45ドルのところに、13.5ドルの輸送費がかかり、計58.5ドル。
  日本円にして「約6328円」というのが、安いのか、高いのか?
 
  でも、ま、日本では使っている人は少ないんだろうし、珍しいということでいいかな?

アメリカからの小包、その中身は?_c0137404_0153643.jpg
ケースの形状に合わせ紐の長さを調整しておけば、あとは簡単に取り付けられるよ。

by acogihito | 2007-12-18 00:48 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

手を洗うとイイみたい

 今年は例年より早く、インフルエンザが流行しはじめていると聞きました。
 う~ん、なんだか、「どうしてだろう?」とちょっと気になりますねぇ・・。
 予防には、今でもやっぱり「うがい」と「手洗い」がイイそうです。

手を洗うとイイみたい_c0137404_1775131.jpg閑話休第。

先日、「アコギの上達100の裏ワザ」という本を買って
読んでみました。

まあ、内容は、どっちかと言えば
ギターを弾き始めたばかりの
若い人に向けて書かれているので、ボクのように
技術的には初心者同様でも、キャリアだけは長く、
中途半端に知識だけはある中年オヤジには、
「それは知ってる」「わかっちゃいるんだけどさぁ」
「だけど、それができないんだよなぁ」などと
突っ込みを入れたくなるようなものも多かったですね。

でも一点、「ほほう」と思う記述が!

 それはギターの練習法には全く関係ないような、「ギターを弾く前に手を洗え」というもの。

 「日常生活の延長でギターを触ると、手に汗をかいていたり見えない汚れがあったりして
 ギターには良くなく、手を洗うことによって手もスムーズに動く・・・」云々・・。

 「なるほど!これは裏ワザかも!」 早速、試してみました。

 お湯で石鹸も付けて良く洗います・・・。 手は程よく温まる・・・。
 
 うん、確かにリラックスするようだし、「さあ、やるか!」と気合も入る感じ。
 なんていうか、実際に洗ってキレイになるという効果よりも
 神社にお参りする前に手を清めるように、ギターを弾く前に手を清める感じで、
 気分的に区切りがついてイイような気がします。
 
 「ギターを弾く前に手を洗う」というのは、確かに良さそうです!

 さて、じゃあ、これから手を洗って練習を始めますかね。
 インフルエンザの予防にもなるし、こりゃ一石二鳥だな!

by acogihito | 2007-12-14 17:36 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

指先のリズム感

指先のリズム感_c0137404_1054718.jpg

 いやはや、なんともなぁ~・・・。

 買ったばかりの「H2」で自分の演奏を録音して聴いてみると、何ともたどたどしい・・。
 なんていうか、右手の「指先のリズム感が悪い」という感じ。

 普通にストロークやアルペジオで弾いたりする場合はそんなに感じなかったんだけど、
 メロディーも同時に弾く「ソロ・ギター」の場合は、微妙なリズムのズレが曲全体に
 大きく影響するんだよなぁ~。

 それを意識しすぎると、右手に変に力が入って余計スムーズに動かなくなるし・・。
 まあ、いつも聴いているのはプロの演奏だから、比較すれば当然のことではあるんだけど・・。

 まだまだ、先は長いねぇ~・・・。

by acogihito | 2007-12-11 22:40 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

なかなかの優れモノ 「ZOOM Handy Recorder H2」

なかなかの優れモノ 「ZOOM Handy Recorder H2」_c0137404_917761.jpg自分の演奏するギターの音を録音したくて、
ZOOM ハンディレコーダー H2」を買いました。

その昔、それこそ30年くらい前の高校生の頃は、
ラジカセには「内蔵マイク」が付いていて、マイクからの録音は手軽で、でもレコードからの録音は接続コードをつないだりして、けっこう面倒なものでした。

今はCDからの音楽の取り込みは手軽になったけど、
反面、マイクからの録音は面倒になりましたよね?

ボクの場合、今までマイク録音が必要な時は、
録音できるポータブルCDプレーヤーにマイクをつなげてやっていたんですが、いちいちマイクをつながなきゃいけないのが面倒だし、その音をパソコンに取り込む作業がこれまた面倒でした。

 だからマイク録音からは遠ざかっていたんですが、
 本当はギターを練習する上では自分の演奏を録音して確認するのが一番なんですよね。

 で、今回買ったのが、「ZOOM ハンディレコーダー H2」という訳なんです。

 まあ、この手の機種は、少し前にEDIROLの「R-09」というものや、
 同じZOOM社で「H4」というものあったんですが、
 どうも買うのには二の足を踏んでいたんです。
 何ていうか、帯に短したすきに長しというか、
 コストパフォーマンス的に納得いかないというか。

 ところが、この「H2」は、なかなかの優れモノです。
 まず、コストパフォーマンスがいい。2万円そこそこで買えます。
 デザインもノイマンの「U-87」やソニーの「C-38」といった
 定番マイクに似た感じでなかなかイイ!
 で、USBで簡単にパソコンとつなげるなど、
 性能的には他のものと変わらない感じですからね。
 小さいし、軽いし、付属品もいろいろ付いてて後から買いたす必要もないし、
 実に親切です。

 早速、録音してみました。

 使い勝手は、ワンポイントステレオマイクにデジタルレコーダーが付いたって感じでしょうか。
 値段の高い機種に比べれば、きっとマイクの性能が劣っているんだろうとは思いますが、
 普通には問題ないし、あったとしても後でパソコンに取り込んでイコライザーで補正すれば
 素人には全く問題ない範囲と感じます。

 ところが、自分の演奏がねぇ・・・。
 やっぱり「アラ」がいろいろ見えて(聴こえて)きて、「まだまだだよなぁ~」と実感するばかり・・。

 でもね、これを使ってちゃんと録音して、パソコンに取り込んで、
 ちょっとエフェクト処理をすれば、
 そこそこのクオリティーのものができるので、
 「いつかは自分の演奏を集めたCDを作ってみたい」
 と夢は膨らむばかりです。


なかなかの優れモノ 「ZOOM Handy Recorder H2」_c0137404_10254528.jpg
  
H2 SPECIFICATIONS
●同時録音トラック: 【ステレオモード】2、【4CHモード】4
●同時再生トラック: 【ステレオモード】2、【4CHモード】4
●ロケート: 時/分/秒
●ファイル編集: 名前編集、削除、ファイルサイズ確認、録音日付確認、分割、ノーマライズ
●その他機能: MP3エンコード、A-Bリピート、ローカット、AGC/コンプレッサー/リミッター、マーカー機能
●チューナー: クロマチック、ギター、ベース、オープンA/D/E/G、DADGAD
●メトロノーム: 5音源(拍子: アクセントなし、1/4~8/4、6/8、テンポ: 40.0~250.0BPM)
●A/D変換: 24ビット128倍オーバーサンプリング
●D/A変換: 24ビット128倍オーバーサンプリング
●信号処理: 32ビット
●記録メディア: SDカード(16MB~2GB)、SDHCカード(4GB~8GB)
●録音フォーマット: 【ステレオモード】WAV(量子化ビット数: 16/24bit、サンプリング周波数: 44.1/48/96kHz)、
 MP3(ビットレート: 48/56/64/80/96/112/128/160/192/224/256/320kbps/VBR、サンプリング周波数: 44.1kHz)、
 【4CHモード】WAV(量子化ビット数: 16/24bit、サンプリング周波数: 44.1/48kHz)
●再生フォーマット: 【ステレオモード】WAV(量子化ビット数: 16/24bit、サンプリング周波数: 44.1/48/96kHz)、
 MP3(ビットレート:32/40/48/56/64/80/96/112/128/160/192/224/256/320kbps/VBR,サンプリング周波数:44.1/48kHz)、
 【4CHモード】WAV(量子化ビット数: 16/24bit、サンプリング周波数: 44.1/48kHz)
●ディスプレイ: 128×64ドット(バックライト付きグラフィックLCD)
●入力: LINE IN/ステレオミニジャック(入力インピーダンス: 10kΩ、入力レベル: -10dBm)、
 EXT MIC IN/ステレオミニジャック
 (プラグインパワー対応: 2.5V、入力インピーダンス: 20kΩ、入力レベル: -20/-30/-40dBm)、
 内蔵ステレオマイク/W‐XYステレオマイク(MIC GAIN: +1.5/+17/+27dB)
●出力: ステレオミニジャック(PHONES/LINE OUT)、
 [LINE]出力負荷インピーダンス:10kΩ以上、定格出力レベル:-10dBm/[PHONES]15mW+15mW、32Ω負荷時
●USBインターフェース: ミニBタイプ(USB2.0 Full speed対応)、
 マスストレージクラス動作/オーディオインタフェース動作(16bit、44.1/48kHz)
●電源: 単3電池×2、または付属ACアダプタ(AD‐0006: DC9V/300mA/センターマイナスタイプ)
●電池寿命(アルカリ電池使用時): 連続録音時間/4時間、連続再生時間/4.5時間
●外形寸法: 63.5(W)×110(D)×32(H)mm
●重量: 110g(電池含まず)
●付属品: SDカード(512MB)、デスクトップ・スタンド、マイククリップ・アダプタ、ウィンド・スクリーン、イヤフォン、
 USBケーブル、ステレオYケーブル、ACアダプタ(AD‐0006)
*0dBm=0.775Vrms


by acogihito | 2007-12-07 10:09 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

南澤大介さんのオリジナルCD 『マイルストーン』

南澤大介さんのオリジナルCD 『マイルストーン』_c0137404_22593675.jpg前から気になっていた南澤大介のオリジナルCD
マイルストーン』を買ってみました。

南澤氏は、『ソロ・ギターのしらべ』シリーズの
作者であり、ボクの秘かな師匠ですからねぇ。

聴いてみた印象。
第一印象は、正直言って押尾コータローなんかと比べると随分薄い感じです。

 でも、もう一度聴くと、それは透明な空気感であって、次第にそれが心地良いアロマとなって、
 それに癒されたくて、また聴きたくなっちゃうっていう感じなんですよね。

 「聴く」というより、日常のBGMとして、さりげなくかかっていると心地良い雰囲気で、
 押尾コータローと比較したそれは、例えば、ギター・デュオでいうと、
 デパペペと比較したゴンチチという感じでしょうか。

 「ソロ・ギターのしらべ」シリーズでいうと、「スタジオジブリ作品集」に近い印象。
 ギターで弾いた久石譲って感じがします。

 う~ん、派手さはないけど、こういう感じはいいなぁ~。

 打田十紀夫のようなブルースとかラグ・ライムの強い印象もなく、
 中川イサトのようなどこか和風のテイストもなく、無色透明な印象。

 もう少し何回か聴いてみると、「なるほどなぁ~」と見えてくる部分があります。
 それは映画のサントラ盤みたいなスケールの大きな曲があるということ。

 南澤氏は、実はギターよりも、いろいろなサウンド・トラックを手掛けているようで、
 このCDの曲の中にも「この曲をオーケストラ・アレンジやバンド・アレンジにしたら
 映画の中に流れてもいい感じかも」という曲があります。

 そういう意味でも、ギターで弾いた久石譲って感じかな?

 ただ、もっとメジャーになるためには、ゴンチチの“ひょうきんさ”というか、
 人を食ったような“おとぼけ”とか、“遊び”の要素が入った曲が
 もっとあっていいのかもしれないな、なんて思いました。
 全体的に真正面から取り組み、ちょっと生真面目すぎるかなって感じもするんですよ。

 ギターにあまり興味のない人には、それで印象が薄いまま終わっちゃうかもしれません。
 でも、ボクのようなギター好きには「こういう感じ(空気感)はいいなぁ~」と思わせるCDです。

南澤大介さんのオリジナルCD 『マイルストーン』_c0137404_2329359.jpg
ジャケットの地面の印象より「空」の方が、このCDの曲調を良く表しています。

by acogihito | 2007-11-30 23:43 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

「ティム・ペン」と「スタンリー・ジョーダン」

「ティム・ペン」と「スタンリー・ジョーダン」_c0137404_14275599.jpgCDの棚を整理していたら、こんなのが出てきました。
ティム・ペンという人の
「ペイパー・フラワー」というCD。
そうそう、これは10年くらい前だったか、
何かの用で池袋に行った時、
サンシャイン・シティに向う路上で、この人が両手で
エレアコをバチバチ叩いたりしながら弾いていて、
それで良くてその場で買ったんだっけ。
当時、あんまりそういう弾き方は
見たことがなかったですからねぇ。

  「どんなのだっけ?」と思って聴いてみると、マイケル・ヘッジズのボーカルもののような感じ。
  でも、もう少し情景が浮かぶようなメロディーラインで、改めて聴くと、
  スティングがアコギをバチバチ弾きながら歌っているようでもあって、なかなかいい感じです。

  でも当時、奏法が「すごいなぁ」とは思ったものの、
   自分でもやってみようとは思いませんでした。

  というのは、それよりさらに3~4年くらい前・・、だから、今から13年くらい前に
  ニューヨークの「ブルーノート」で、スタンリー・ジョーダンを見ていたからなんですよね。


「ティム・ペン」と「スタンリー・ジョーダン」_c0137404_14435234.jpgたまたまニューヨークに遊びに行って、
たまたま入った「ブルーノート」の
最前列で見ることになったスタンリー・ジョーダン。

いや~、ぶったまげました!
だって、この人、両手で叩くように弾くだけでなく、
2本のギターを同時に弾いちゃうんです。

左手は、肩からかけたギターを叩くように弾いて伴奏。
右手は、スタンドに固定した別のギターを、
これまた叩くように弾いて、メロディーを奏でる。
時には一人でツインリードのようにも弾いちゃう。
「一体どうして、これで音が出るんだろう?」
という感じでした。

「ティム・ペン」と「スタンリー・ジョーダン」_c0137404_1459324.jpgで、感激して、CDを買ってきたんですが、
聴いてみると、あんまり面白くないんですよ。

というのは、聴くだけだと、
普通に2人で弾いているのと変わらないんですよね。

「そうかぁ、あの技は見ないと意味がないんだな。」

つまり、かなり特殊な、まさに「曲芸」なんですね。


  そんな感想を持っていたので、ティム・ペンの路上パフォーマンスも感激はしたものの、
  そういう奏法は特殊な曲芸的なものであって、普通の人にはなかなかできないんだろうし、
  ましてや自分で「それをやってみよう」とは思ってもいませんでした。

  でも、時が経ち、その後、そういった奏法を
  押尾コータローがよりポップで身近にしてくれたおかげで、考えも、見方も変わってきて、
  いずれは「それに近いこともやってみたい」と思うようになった昨今。
  そういう意味では押尾コータローの貢献は偉い!

  ところで、スタンリー・ジョーダンは、インターネットで検索したら
  「You Tube」で、その活躍の様子が見つかりました。(→こちら
  が、ティム・ペンは今、どうしているんでしょうねぇ?
  インターネット検索では見つかりませんでした。
  
  マイケル・ヘッジズのように環境音楽的アプローチでもなく、
  スタンリー・ジョーダンのような曲芸的ジャズでもなく、
  奏法的には最新だったけど、基本はアコースティック・ギターを生かした弾き語りだったし、
  生き残れず、消えちゃったのかなぁ~?

  でも、今、改めて聞いてみると、かなりいい感じで、これをもう少しポップにすれば、
  「今なら売れるかもしれない」とさえ思うんですよ。
  当時の流行はラップ系のヒップホップでしたからねぇ。
  そういう意味では、早すぎた人だったのかもしれません・・。

by acogihito | 2007-11-27 15:43 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

アコギ、キテます!?

  今から20年ほど前の1985年ごろ、YAMAHAの「CX-7」という「MSXパソコン」を使って
  自分ではとても弾けないピアノやオーケストラなどを自動演奏させたりする、
  いわゆる「打ち込み」と呼ばれる音楽に、ハマッていた時期があります。

アコギ、キテます!?_c0137404_2139944.jpg
(1986年「寅年」当時。大バカ者ですねぇ~。後ろの左がDX-7、右がCX-7)

  MSX1台だと同時発音数が16音しかないので、友人のMSXとMIDIで同期させて
  32音にしたり、「RX-11」というリズムマシンや「DX-7」というシンセサイザーを同期させたり、
  工夫して、けっこう苦労して出来た作品は、なかなか嬉しいものでした。

  でも、暫くすると、シーケンサー付きのシンセサイザーが安くなってきて、
  そうすると何もMSXという原始的なパソコンでそんな苦労する必要もなく、
  もっと凄いことがシンセ1台で、誰にでも出来て“当たり前”の時代になりました。

  それはそれで凄いことなんですが、だけど、なんだか「出来るのが“当たり前”」という感じが
  つまらなくなってしまいました。(まあ、自分には出来なかったというのが本当なんだけど・・)
  それにシンセの音は、いくら頑張っても「本物」には成り得ないですからねぇ~。

  それで、「打ち込み」は卒業してしまいました。

  で、「やっぱり下手でも自分で演奏しなきゃな」と思って、
  学生時代からの仲間と再び集まって始めたのが、社会人の「バンド」活動でした。
  1990年代に入って、ボクが30代になったころのことです。
   (はじめはビートルズのコピーバンドでジョン役!)

アコギ、キテます!?_c0137404_21513844.jpg
ハンドを始めた当初は、
お気楽にやっていたんですが、
やがて楽器も「本物」と同じものを
買い揃え、演奏も活動も(衣装も!)
徐々に本格的になってきました。

暫くすると、
オヤジ・バンドブーム」という
言葉を耳にするようになり、
ボクらも40代になっていました。

(シンセは98年ごろ再び買って、バンドではできないビートルズの曲を
打ち込みで再現して、敗者復活というか、満足したって感じかな・・・)

アコギ、キテます!?_c0137404_23591144.jpg
(その後"Johnny, Louis & Char"のコピーバンドではベースのルイス役!)


アコギ、キテます!?_c0137404_21215466.jpg  で、ある時、ふと、気がつくと
  「オヤジBAND倶楽部」なんていう雑誌が
  発行されていて、それを見た途端、
  ボクのバンド熱は、一気に引いたというか、
  冷めてしまいましたね。

  「こんなことを雑誌に教えてもらう必要はない」
  「こういうのが“当たり前”になったらつまらない」
   (もちろんこの雑誌は買いませんでした)

  それにバンド活動は、これまでに、ある程度、
  「やった」という満足感もありましたからねぇ~。

  それで、「バンド」は卒業してしまいました。

  天邪鬼なんですかねぇ~、ボクは・・。
  でもまあ、良く言えばですよ、
  「ちょっと先を行っていた」と思えなくもありませんよねぇ~。(うっ、自画自賛・・・?  (^_^;))


アコギ、キテます!?_c0137404_2215131.jpg・・で、今度始めたのが、
アコースティック・ギターによる
ソロ・ギター」というジャンルなんですが、
こうして今までのことを振り返りながら考えると、
アコギキテます」って感じがするんですよ。

この前行った「楽器フェア」でも、
以前に比べ・・、
以前って言っても20年くらい前の話ですが、
以前に比べ、随分、アコースティック・ギターの
ブースが多くなった気がするし、
いろんな楽器の中でも今、最も変化・成長しているのが
アコースティック・ギターなんじゃないかと思うんですよ。

エレキギターは80年代以降大きな変化はしてないし、
シンセサイザーも90年代から大きく変わらない感じ。

それから思うとアコースティック・ギターは、
ピックアップがどんどん進化していて、
昔じゃ考えられないほど高性能になっています。

それに伴い、新しい奏法が出てきて、
それに伴い、新しいデザインのギターも出てきている。

  さらに新しいメーカーも出てきているし、それに伴い、昔からのメーカーも変化してきている。

  自分が興味を持つようになったから、そう思う部分もあるんだけれど、
  今、最も変化・成長していて、面白いのが「アコースティック・ギター」なんじゃないでしょうか?
   (そうだからこそ、興味を持ったのかもしれないしね・・・)

  まあ、アコースティック・ギター・ブームは、エリック・クラプトンの「アンプラグド」から
  徐々に「キテ」はいるんですが、数年後、今以上にポピュラーになっているかもしれません。
  なんだか、そんな「予感」がするんです・・。

アコギ、キテます!?_c0137404_21494726.jpg
(今度は“当たり前”になっても卒業しないように、それより上のレベルを目指したいものです) 

by acogihito | 2007-11-20 22:38 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

「ソロ・ギターのしらべ」No.9! 至極のクラシック・スタンダード篇

「ソロ・ギターのしらべ」No.9! 至極のクラシック・スタンダード篇_c0137404_1515561.jpg11月13日、南澤大介氏の「ソロ・ギターのしらべ
第9作目、「至極のクラシック・スタンダード篇」が
発売になりました。

ボクは、このシリーズをすべて持っているんですが、
今回は初めて発売日前から予約して買い、
感慨も一入という感じです。

というのは、去年まではバンドをやっていたんで、
ソロ・ギターは「いずれはやってみたいな」とは思って
いたものの、まだチャレンジしてなかったんですよね。
だから楽器店や本屋さんなんかで新作を見かけたら、
「将来のために」っていう感じで買ってたんですよ。

 ところが去年、そのバンドを解散したの契機に「ヨシッ!」と思って今年から練習を始めて
 今回はそうした中での発売だったんで、本当に待ち遠しいものとなったんですよね。

 で、今回は7作目に続く、クラシック篇。
 でも、クラシック・ギターの曲というわけでなくて、ピアノやオーケストラのクラシック曲を
 ソロ・ギター・スタイルにアレンジしたものなんですよね。
 クラシック・ギター用の曲って、「アルハンブラの想い出」くらいしかあんまり知りませんが、
 クラシック曲全般だったら、テレビや映画、CMなんかでもよく聞くから案外知ってますしねぇ。
 なかなかニクイ選曲です。


 ちなみに収録曲は・・、

   ツァラトゥストラはかく語りき/R・シュトラウス
   新世界より/ドヴォルザーク
   婚礼の合唱/ワーグナー
   前奏曲第7番/ショパン
   メヌエット/バッハ
   猫ふんじゃった
   月光/ベートーヴェン
   シシリエンヌ/フォーレ
   ラ・カンパネラ/リスト
   ダッタン人の踊り/ボロディン
   ワシントン・ポスト/スーザ
   ピカデリー/サティ
   軍隊行進曲/シューベルト
   ゴリウォーグのケークウォーク/ドビュッシー
   交響曲第25番/モーツァルト
   驚愕/ハイドン
   『ペールギュント』より「山の魔王の宮殿にて」/グリーグ
   木星/ホルスト
   『展覧会の絵』より「プロムナード」/ムソルグスキー
   『展覧会の絵』より「こびと」/ムソルグスキー
   『展覧会の絵』より「古城」/ムソルグスキー
   『展覧会の絵』より「プロムナード」/ムソルグスキー
   『展覧会の絵』より「バーバヤーガの小屋」/ムソルグスキー
   『展覧会の絵』より「キエフの大門」/ムソルグスキー

 ・・・の24曲。

 ボクはどちらかというと「ロック少年」でしたから、
 クラシックはあんまり得意ではありません。
 それでも、この曲目の3分の2以上は知っているし、
 「ツァラトゥストラはかく語りき」や「木星」なんか好きな曲ですよね。
 さらに「展覧会の絵」は、エマーソン・レイク・アンド・パーマーのロック・アレンジや
 冨田勲のシンセサイザー・アレンジに感激してすごく良く聴いた大好きな曲だし、
 そして、それをきっかけにオーケストラ編や本来のピアノ編なども聴くようになって、
 さらに他のクラシック曲にも興味を満つようになったという曲ですからね。
 何か感慨深いものがあります。
 しかも、その曲を、これによって自分でも弾けるようになるかもしれない、なんてのは
 夢のようでもあります。


 ところで、この9作目になる新作を聴き、改めて
 「南澤大介氏は大したもんだなぁ~」と感心してしまいました。

 というのは今年5月に秋葉原のLaoxで行われた氏のミニ・ライブを見に行った時は、
 「9作目はまた映画編にしようか、どうしようかと考えてるところなんです」
 なんて言ってたから、その内容はまだ正式には決定していなかったようだし、
 11月の楽器フェアで見に行った時にはすでに完成していたわけですから、
 半年以内の、ほんの数か月の内にこれを作っちゃったってわけなんですよね。

 その間にボクは数曲、やっと弾けるようになった・・、
 というか、やっと数曲を覚えて、なんとか最後まで通して弾けるようになった・・、
 という程度ですからねぇ…。
 あたり前だけど、改めて「ものすごい差」を感じます。

 複雑なクラシック曲をギター1本にアレンジし、
 しかも、基本的には素人向けの譜面集ですから、あんまり難しすぎてもいけない。
 ほどほどのバランスをとりつつ、元曲の雰囲気を可能な限りギター1本で再現する。
 しかも、そのお手本を自分で弾いて、録音して、譜面まで作成する。
 これらを半年かけない時間で、ほかの仕事と並行つつやったんでしょうからねぇ・・。

 つくづく、「大したもんだよなぁ~」と感心してしまいました。うん。

 ところで、南澤氏の「ソロギ・シリーズ」は、9作目までに280曲ほどがあって、
 その中にはボクの大好きなロックやポップス曲のソロ・ギターアレンジもたくさんあるので、
 このクラシック篇に手をつけるようになるのは、まだまだ相当先の話になると思いますが、
 それでも「組曲“展覧会の絵”をギター1本で弾けるようになったらすごいだろうなぁ~」
 「いつかはそうなりたいもんだよなぁ~」と、夢と希望は拡がるばかりです。

 まずは、お手本のCDを聴き込もうと思っています。
 聴くだけでもすごくいいですからね!

by acogihito | 2007-11-13 18:21 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました

   11月4日、パシフィコ横浜で行われていた「楽器フェア」に行ってきました。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_2330996.jpg

   でも目的は、「楽器フェア」そのもではなくて、
   モーリス・ギターのブースで、ボクが今、密かに「アコギの師」と崇める、
   南澤大介氏と中川イサト氏のミニ・ライブが同時に見られるからなんです。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_11194795.jpg

   もう、パシフィコ横浜に着くなり、「楽器フェア」のメイン会場を通り抜け、
   モーリス・ギターのブースがある「ハーバー・ラウンジ」へまっしぐら。

   ちょうど南澤大介氏の1回目のステージが始まったところでした。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_23302845.jpg

   ボクは今、南澤大介氏の「ソロ・ギターのしらべ」シリーズの中から、
   自分が弾きたい曲、弾けそうな曲をチョイスして一生懸命、練習中なんです。

   今までに弾けるようになった曲は、練習順に

     1.「イエスタデイ」 2.「虹の彼方に」 3.「明日があるさ」
     4.「悲しみの恋人たち」 5.「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」 6.「ナイト・アンド・デイ」
     7.「イパネマの娘」 8.「アイム・ノット・イン・ラブ」 9.「イエスタデイ・ワンスモア」
     10.「スターティング・オーヴァー」 11.「第三の男」

   結構ちゃんと弾けるのもあれば、まだまだのものもあります。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_2521666.jpg

   DVDも持っていて演奏法などを学んでいるんですが、
   やっぱり実演(ライブ)は、「生」の感覚が伝わってきて最高ですねぇ~。

   手元なんかはDVDの方がよく見えてるはずなんだけど、
   やっぱり「生」の感覚にはかないません。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_253787.jpg
南澤氏のギターは「Morris S-121SP」

   2回目以降は、一番前を陣取って、的確な運指を間近で観察。
   あたりまえだけど、やっぱり大したもんだよなぁ~。 

   でも、「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、
   間近で見ていると、感覚的に「わかる」ような気がしてくるから不思議なものです。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_23305366.jpg

   「楽器フェア」のメイン会場は、エレキギターだの、ベースだの、シンセだの、DJだの、
   いろんな音がごちゃごちゃしていて、かなり賑やかなんですよね。

   でも、そこから離れた「ハーバーラウンジ」は、静かだし、
   窓の外には海とベイブリッジが見える、とってもさわやかで落ち着いた空間なんです。
   しかも、特等席で師匠の演奏に集中することができたんで、もうモーリスに感謝感謝です!

   さらに師匠は、演奏が終わるとロビーに出てきて、
   ファンや秘かな弟子たちとの触れ合いを大切にしてくれます。
   そこで、初歩的な質問をしても嫌な顔一つ見せずに丁寧に答えてくれます。

   5月の秋葉原「Laox楽器館」でのミニライブでもそうでしたが、
   今回も質問させていただき、「なるほど!」と思うことがたくさんありました。

   そして今回は、目の前で、マイケル・ヘッジズの「ラガマフィン」という
   超上級の名曲のさわりなども目の前で披露してくれました。
 
楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_10473035.jpg

   そんでもって、南澤氏愛用の「Morris S-121SP」とともに記念写真。
   ありがとうございましたっ!

*   *   *

   一方、中川イサト氏のライブは、9月のアコギでGO! Special!!以来。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_23311226.jpg

   でも今回は、あの時よりも圧倒的に近い距離から見られたので、感激もひとしおです。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_23311922.jpg

   ボクは、中川イサト氏のCDや譜面もたくさん持っていて、
   「いつかは弾けるようになりたい」と思っている曲が何曲かあります。

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_23312742.jpg
中川氏のギターは「Morris SS-131R」かな?

   今回は偶然にも、
   そんな「いつかは弾きたい」と思っている“上位4曲”の内の、“3曲”も演奏してくれました。

   ちなみにその3曲は、「Mah-Jong Piece」「Chotto Tropical」「堂山町の夜は更けて」。

   4番目は「Bali」という曲だったんですが、
   代わりに、それと似たタイプの「Magic Island」を演奏してくれたし、
   なんだか、ボクのために次々に演奏してくれたような気がして、感激でしたっ!

楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました_c0137404_23313376.jpg

   この日の南澤大介氏のステージ3回、中川イサト氏のステージ3回、
   全部、かぶりつきで見てしまい、帰る頃にはすっかり暗くなっていました。

   「楽器フェア」に行っても、ほかの楽器はほとんど見ることなく、
   ズ~ッとモーリスのブースにいましたが、大満足な一日でした。
   改めてモーリス(モリダイラ楽器)に感謝です。


(まっ、ボクも一応、モーリス・ギターのオーナーですから、お得意さんということでいいですよね?)

by acogihito | 2007-11-04 23:32 | ★アコギ関連 | Comments(0)