カテゴリ:☆その他( 98 )

 

アビイ・ロード【50周年記念スーパー・デラックス・エディション】

c0137404_18582040.jpg


 2019年9月27日、
 amazonからビートルズの「アビイ・ロード」
 「50周年記念スーパー・デラックス・エディション」
 が届きました。

 「サージェント・ペパー」の 
 発売50周年記念スペシャル・エディションが出た時

 アビイ・ロードも出るのかな?
 なんて思っていましたが、
 その後の「ホワイト・アルバム」に続き、
 やっぱり出ましたねぇ!

 今回のアルバムのリミックスは、
 「サージェント」や「ホワイト」と比べると
 それほど大きな違いを感じません。

 「アビイ・ロード」は、
 もともと8トラックのレコーダーで録られ
 音が良かったですからねぇ。

 でも、冒頭「カム・トゥゲザー」の
 ドラムが微妙にステレオになっていたり、
 エンディング近くで
 今まで聞こえなかった(気づかなかった)
 ジョンの声が入っていたり、
 「ヒア・カムス・ザ・サン」は
 やっぱりジョージの声が
 センター定位になったり、
 あと、「ジ・エンド」の
 スネアの位置もセンターになったりと
 現代的なバランスになってますね。

 それから、改めて 
 「アビイ・ロード」2009年の
 リマスター版と聴き比べてみたんですが、
 音が良いと思っていたアルバムが
 高音から低音までクリアで
 さらに音が良くなっていることに
 驚きました。

 「サージェント」なんかは、
 それまでゴチャッとまとまっていた音が
 バラバラになって
 良く聞こえるようになって驚きましたが、
 今回は音質そのものが相当良くなっています。

 大したもんだなぁ~!


 さて、こうなってきますと気になるのが、
 次の「レット・イット・ビー」はどうなるのか?

 以前、「ネイキッド」が出ましたが、
 正式版のリミックスは出るんでしょうかねぇ?

 そういえば、
 「マジカル・ミステリー・ツアー」は、
 DVD(ブルーレイ)用に
 リミックスされたものの
 アルバムとしては出てないし、
 (DVDにアナログ盤が付属していたが・・)
 「イエロー・サブマリン」は、
 「ソング・トラック」というアルバムは出たけど
 正式版は以前のままだし・・。

 その辺は、どうなるんでしょうかねぇ?

 あと、
 「リボルバー」や
 「ラバー・ソウル」も
 リミックスしたら
 良いんじゃないでしょうか??

 そっちは60周年かなぁ?


 いやぁ~、それにしても
 ビートルズってすごいなぁ~。

 ボクが初めて聴いたのは、
 中学になってから。
 でも、その時には既に解散していて、
 過去のものという感じもしましたが、
 それから何年も経って、
 1995年の「アンソロジー」以降は、
 いろいろなものが次々発売されて、
 グッと身近に感じることができたりして、
 「活動している」って感じがするんですもんねぇ~!

 今後もきっと
 いろいろ楽しませてくれるんでしょう!

 ビートルズ万歳!!
 
 
c0137404_18582521.jpg

by acogihito | 2019-09-30 23:57 | ☆その他 | Comments(4)  

台風15号の教訓

c0137404_21341412.jpg


 2019年9月9日(月)未明、
 千葉県を襲った台風15号。
 ボクが住む千葉市では
 午前4時半前に57.5メートルの
 最大瞬間風速を観測したそうです。

 そんな台風でしたが、我が家は幸いにして
 風向きと建物の向きの按配が良かったのか、
 窓がガタガタするようなこともなく、
 いつもより静かな台風だなと思うくらいに
 ボクは熟睡していたんですよね。
 もちろん物的被害もありませんでした。

 ですが、
 翌日以降、近所を見回してみると
 公園の大木は倒れているわ、
 コンビニの看板は飛ばされてるわ。
 小学校の体育館の屋根が
 めくれあがっているわで、
 思った以上の被害にビックリ。
 今までこんな光景、
 見たことありませんでしたから
 ショックでした。
 この辺りが
 57.5メートルじゃなかったとしても
 かなり強い風が吹いたんだなと
 実感した次第です。

 一方で、ホント、
 ウチは何事もなくて良かったです。


 今回の台風で
 一番の被害というか、
 問題となっているのは大規模な停電ですよね。
 最大で93万戸が停電したそうです。

 ウチからちょっと行った一角も
 停電してましたし、
 通勤に使う総武線も
 千葉付近だけ終日運休でしたもんね。
 そして現在でも
 作業されている方々は一生懸命
 頑張っているにもかかわらず
 まだ復旧していない地域があります。


 そんな今回の台風での教訓は、
 「東京電力はあてにならない」ということと、
 「停電すると ものすごく広範囲に影響が出る」
 ということですかね。

 実は、
 我が家は停電はなかったのですが、
 テレビが映らなくなりました。
 というのは、ケーブルテレビなので、
 中継局が停電して映らなくなったんです。
 まあ2日くらいで復旧しましたけど。

 あと停電で
 コンビニが閉まっていたのには驚きました。
 24時間営業の
 是非をめぐる論争があったときは、
 災害支援のための「社会インフラ」として必要
 とか言ってなかったでしたっけ?
 でも、停電になっちゃうと
 レジも動かないから閉まっちゃうんですね?
 スーパーやガソリンスタンドなど
 みんな停電で休業してました。

 そのほか、停電によって、
 浄水所や給水ポンプが
 動かなくなって断水したり、
 携帯電話の中継局が動かなく
 通信不能になったり、
 固定電話もつながらなくなったり、
 家の中を見渡しても
 停電すれば給湯器が動かなくなるでしょうから
 ガスが来てても風呂が沸かせないとか
 いろいろなところに電気は使われていて
 「停電」は予想以上に広範囲に影響を及ぼす
 ということを実感しました。

 さらに、ひどいところは復旧までに
 20日くらいかかるという
 信じらない事態も出ています。

 当初、東京電力は
 2~3日で復旧するって言ってましたよね。
 この程度の台風ではそんなに被害が出ないと
 想定したからでしょう。

 しかし、1000年に一度とか言われた
 東日本大震災ならともかく、
 台風なら来年だって来るかもしれないし、
 そうしたらやっぱり同程度の被害が
 出ちゃうんでしょうか?
 そもそも東京電力の想定が
 相当甘いのかもしれません。

 それから、電柱が倒れて道路を封鎖したら
 クルマも走れないということを実感しました。
 イザとなったらクルマで脱出して車中泊・・、
 なんて思っていたんですが、
 それができないかもしれません。

 う~む・・・。

 今まで、東京直下型とか、東海地震とか、
 大地震に備えて
 1週間程度の備蓄はしてましたが、
 それじゃ足りないかもしれませんねぇ。
 大地震が来たら
 今回の比じゃない被害が出るでしょうし、
 となると、食料はもちろんですが、
 電気に代わるエネルギー源として
 カセットガスや電池の備蓄も
 1か月以上分に増やさないと
 いけないかもしれません。
 あと、簡易トイレも・・。

 そんな
 ライフラインが途切れた生活を実感するために
 防災訓練と称して
 キャンプなんぞをやったりしてるんですが、
 また、楽しみながら
 「どうすればいいか」考えましょうか。

 そうそう、
 ところで生ギターは、
 電気がなくても楽しめるので、
 災害時も「心の支え」として
 一役買ってくれそうですよね!
 地震などで壊れないようにしなくちゃ。



by acogihito | 2019-09-16 23:33 | ☆その他 | Comments(6)  

映画『カーマイン・ストリート・ギター』

c0137404_13240698.jpg


 『カーマイン・ストリート・ギター
 という映画を観てきました。

 ニューヨークの建築物の廃材を使って
 ギター作り続ける老舗ギターショップを追った
 ドキュメンタリー作品です。

 今年の
 『TOKYOハンドクラフトゲイターフェス
 の際にチラシをもらって
 ずっと気になっていたんですよね。

 上映館は、東京・新宿にある
 「シネマカリテ」というミニシアター。
 最近は大きなシネコンばかりで観ていましたら
 こういう映画館は久しぶりです。


c0137404_13341198.jpg


 舞台は、
 ニューヨークにあるギターショップ
 「カーマイン・ストリート・ギター」で、
 古いバーやホテルなどの建築物の廃材を使って
 ギターを製作している方が主人公。
 内容は、
 工事の知らせを聞きつけるたびに
 現場から廃材を持ち帰る主人公と
 この店に訪れるお客さんとの
 やり取りなどを通じて
 表情を変えゆくニューヨークと
 変わらずにあり続けるギターショップ
 のドキュメンタリー。





 エレキギターですが、
 街の歴史的建物から出る廃材は、
 200年以上前の材だったりして、
 ボロボロだったりしても
 ギターとしては最高の一品。
 その材を傷も染みもそのままに
 ギターとして復活させることで、
 長年愛されてきた街の歴史が
 ギターの中に生き続けるというのは
 確かに魅力的です。

 それと
 お客さんとのやり取りがいいんですよね。
 
 ボブ・ディランなんかも
 来たことがあるというこの店、
 作品の中に登場するお客さんも
 ボクが良く知らないだけで、 
 みなさん人気のギタリストだそうです。

 そして、試奏。

 まるでギターに弾かされるように
 演奏に熱が入り、
 それがそのまま
 映画のサウンドトラックになるという
 全体に「生音」を上手に使った作品に
 なっている印象でした。


c0137404_14100734.jpg
映画館のロビーにそのギターが展示されていた

 
 ところで、
 ギターを通して、
 作り手と演奏者が語り合うという
 雰囲気や底辺に流れているものは、
 例えば
 「TOKYOハンドクラフトフェスティバル」や
 「ヨコヤマギターズの試奏会・調整会」と
 同じようなんですね。

 その雰囲気、空気感がいいんです。

 ギターの前では、初心者も上級者も
 プロもアマチュアも、
 作り手も演奏者もみな平等。
 みんなギターが好き。

 そしてそれは日本でもアメリカでも
 アコギでもエレキでも変わらないんだ
 という気がしました。

 一度は行ってみたいなぁ~。
 カーマイン・ストリート・ギター。

 でも、映画の画面からでも、
 そのお店の扉を開けて中に入った瞬間や、
 材を切ったり削っている時、
 それから塗装などの
 「匂い」までもしてくるようでした。

 大きな感動があって涙があふれるとか、
 ハラハラドキドキするような
 作品でないですが、
 ギター好きの雰囲気が
 とっても良く描かれた作品だと思いました。


c0137404_14101244.jpg

by acogihito | 2019-08-12 23:23 | ☆その他 | Comments(2)  

ジオラマ!?

c0137404_21033129.jpg


 2019年7月27日、28日の週末は
 親友N氏とキャンプへ行く予定だったのですが、
 台風6号が来るっていうんで中止し、
 埼玉・大宮にある
 「鉄道博物館」へ行ってきました。






 大宮は、N氏が小学校時代を過ごした地だそうで
 入館前には旧友が営んでいるお店を訪ねたりして、
 古い鉄道車両と相まって
 ちょっとしたタイムトラベル気分。


c0137404_21033781.jpg


 昔、この車両、乗ったなぁ~。
 183系のあずさです。
 「♪8時ちょうどの~あずさ2号で~」
 の歌の頃ですかねぇ~。


c0137404_21034139.jpg


 でも個人的に
 やっぱり気になったのは
 ジオラマですねぇ~。


c0137404_21034492.jpg


 日本最大級の鉄道ジオラマということで、
 見ごたえがありました。

 特撮映画も好きだったし、
 ミニチュアって好きなんですよね!


 ところで、
 キャンプは1泊2日の予定でしたが、
 鉄道博物館のタイムトラベルは日帰り。

 翌日の日曜日はどうしようかなぁ~??

 いつもならギターを弾き倒すところですが、
 今回は勢いあまって
 ボクもジオラマに挑戦してみることにしました。

 題して「キャンプ・ジオラマ」!


c0137404_21042826.jpg

 作品1「シチューが出来たぞー」
  ダッジオーブンには
  できたばかりの
  ビーフシチューが入っています。

 テーブルやイスなど
 これらはガチャガチャの
 景品の模型です。

 自分の趣味に関係するミニチュアだと
 ついつい買っちゃうんですよねぇ~。


c0137404_21043229.jpg

 作品2「ギターを弾こう!」
  キャンプでギターを弾くのは最高です。

  作品1に
  以前買ったギターのミニチュアを合わせてみました。
  やっぱりついつい買っちゃうんです。

  大きさのバランスがおかしいんですが、
  無理やり遠近法でそれらしく配置したつもりです。



c0137404_21043658.jpg

 作品3「キャンプ場」
  後ろの方のミニチュアのテントは、
  やっぱりガチャガチャの景品です。

  大きいものを手前に
  小さいものを後ろに並べて
  無理やり遠近法にして
  キャンプ場のイメージを作ってみました。


 とれがいいですかねぇ?
 作品2がギターもあって一番いいかなぁ??


 ところで今年は
 スケジュールが上手く合わず
 なかなか行けないんですが、
 長かった2019年の梅雨もようやく明けたし、
 やっぱり本当にキャンプに行きたいなぁ~。


by acogihito | 2019-07-29 23:02 | ☆その他 | Comments(2)  

祝!「ウォークマン」発売40年

c0137404_11510726.jpg


 2019年7月1日、
 ソニーの「ウォークマン」が、
 発売から40年を迎えたと
 テレビや新聞などで伝えていました。
 銀座では歴代モデルがを展示した
 イベントも開かれているそうです。


 そうかぁ、ウォークマン・・・
 と思って、今使っているものと、
 今でも残っていたものを
 探して引っ張り出してみました。

 みんな、お世話になったモデルです。

 ボクが初めて買ったのは
 何代目だったのでしょうかねぇ?
 すぐには買わなかったんです。

 初代モデルを友人が買ったのは覚えています。
 当時確か定価4万2800円。
 
 録音できないカセットプレーヤーが
 当時のソニーのラジカセの最高峰
 「スタジオ1980」と同じ値段じゃ、
 さすがにすぐには買えなかったなぁ・・。
 
 ボクが買ったのは、
 3代目だったか、4代目くらいだったか?
 それでもそれからずっと
 35年以上は使っていると思います。

 今までに何台くらい買ったんでしょうかねぇ。
 カセットが5~6台、
 CDウォークマンと
 のちのディスクマンで2台、
 MDが2台、
 メモリーになってからでも3台くらい・・。

 ほんの一時、
 「iPod」を使ったこともあったけど、
 基本的にはずっとウォークマン一筋です。


 なぜ、一時「iPod」にしたんだっけなぁ・・?

 ああ、そうでした。
 ウォークマンもMDから
 メモリー仕様に変わった最初の頃は、
 ソニー独自のフォーマットで
 MP3が使えないとか、
 互換性に問題があって
 使いづらかったんでした。

 その後、ソニーも失敗に気づいて
 思い直して
 MP3なども使えるようになったんで、
 ボクもウォークマンに戻ったのでした。

 「iPod」からウォークマンに戻った時は、
 同じ音源なのに
 「音がいい!」と思いましたもんね。
 やっぱりソニーです。

 その後、ヘッドフォンも
 完全なコードレスになったし、
 ずいぶん進化しましたよねぇ~!


 最近では、
 音楽は、スマートフォンから
 聴く人もい多いようですが、
 ボクはやっぱりウォークマン!
 おそらくこれからもウォークマンでしょう。

 通勤時間が長いので、
 電車の中でソロ・ギターの曲などを聴くのに
 欠かせないんです。

 この1台の中に
 これまでの人生で聴いてきた
 お気に入りの曲が
 ほとんど入っていますしね。

 その時の気分で
 パッとお気に入りの曲を再生できるなんて、
 カセット時代から思えば
 夢のようです。


 今まで、
 そしてこれからもきっと
 ウォークマンはボクの人生には
 欠かせない存在です。

 ありがとう!ウォークマン!!


 ちなみにボクは
 初期のウォークマンのロゴ(↓)
 が一番好きです。


c0137404_21182091.jpg


by acogihito | 2019-07-01 23:50 | ☆その他 | Comments(0)  

最高に楽しかった! ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団

c0137404_21350573.jpg


 ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団
 「ニューイヤー・コンサート2019」に行ってきました。

 会場は東京・初台にある
 東京オペラシティコンサートホール

 木に包まれたような
 ギターのボディーの中にいるような
 とっても音の良い素敵なホールでした。
 

c0137404_21350589.jpg


 「クラシック」というと格調が高くて教育的で
 ロックやポップスで育ってきたボクには敷居が高い感じがして、
 ましてや本場ウィーンから来た錚々たるメンバーの楽団のコンサートに
 何にも知らない素人が行っていいのかな?なんて思っていたんですが、
 これがとっても楽しくて大感動!
 
 ヨハン・シュトラウス2世が活躍した19世紀は、
 産業革命も終わり市民が台頭してきたころですから、
 音楽もそれまでの宮廷向けから
 大衆向けにも広がり始めたころなんでしょうね。
 
 パンフレットを見ると
 曲は、喜歌劇や舞踏会、
 さらには工業会社協会のために作られた
 などと説明が書いてあります。

 ということは、
 今でいえば映画音楽だったり、
 ダンスミュージックだったり、
 CMソング的な曲だったりするんでしょうか?

 つまり約140年前のポピュラーミュージック??

 140年というとずいぶん昔な感じもしますが、
 ビートルズの「ホワイトアルバム」だって、
 発売から50年も経っているわけですから。
 そう考えるとさほど古くもないような気がしてきます。

 指揮者のヨハネス・ヴィルトナーさんは、
 とっても陽気で明るく、曲が終わると
 「コンニチハ!」「トウキョウ!」「アリガトウ!」「スバラシイ!」から
 「アケマシテオメデトウ」まで、
 ロックコンサートの外タレさんのように
 片言の日本語を操って会場を沸かせます。

 さらに曲紹介や
 楽団員と軽妙なやり取り、小芝居で笑わせたり、
 それはボクがイメージしていたそれまでの
 格調高くてお堅いイメージだったクラシックのコンサートではなく、
 ロックやポップスと同じ
 お客を楽しませる最高のエンターテインメントでした。

 スバラシイ!!


c0137404_21350509.jpg


 一方、演奏は、その場でポンと
 最高の音質で録音されたCDのプレイボタンを押したように
 42人の息がぴったりでバランスも音質も最高!!
 PAを使わず生音だからより良い音なんですよね。
 曲が終わると心から拍手してしまします。

 そうそう、そういえばあんまり知らない曲が多い中、
 その一部に聴いたことがあるメロディーが入っている曲もけっこうありました。
 いろんなところで使われてきた有名なメロディが多いんですね。


 最後の曲は、有名な「美しく青きドナウ」。

 曲が始まったら何だか涙が出てきてしまいました。

 なんていうか、「本物!」という感じ。

 それは初めてポール・マッカートニーのライブに行って
 本人が歌う「レット・イット・ビー」を聴いた時の感動に似ていました。


 そして、アンコール!

 ニューイヤー・コンサートだからか、
 ♪と~しのはぁ~じめのためしとて~
 と「一月一日」という曲。
 これ、日本の曲ですよね?
 凄いサービス!

 さらに何曲もアンコールがあって、
 最後は「ラデツキー行進曲」で、
 手拍子のコール・アンド・レスポンス。

 指揮のヨハネス・ヴィルトナーさんが会場内の位置を指し、
 次は2階席、次は3階席、今度は1階、最後は全員で!
 みたいな感じでやるんです。

 感覚としてはロック・コンサートと同じ。
 大いに盛り上がりました!

 いや~、楽しかった!


c0137404_21350560.jpg


 終演後には
 指揮のヨハネス・ヴィルトナーさんが
 大汗をかいたままロビーに出てきてサイン会です。
 
 サービス精神旺盛なんですね!
 スバラシイ!!

 CDを買うとサインしてくれるそうで
 もちろんボクも買いました。
 
 だって「美しく青きドナウ」の
 本物が収録されているCDですもんね!

 サインももらい
 ギュッと握手して
 感謝の気持ちを伝えてきました。


c0137404_07435262.jpg
 

 ボクは日本の中で、
 クラシックのイメージを間違って持ってきたようです。

 格調高くて気難しく教育的、
 厳かで失礼があってはいけないなんてイメージでしたが、
 やっぱり音楽なんだから「楽しく」が基本なんですね!

 なんかとっても良かった!

 指揮のヨハネス・ヴィルトナーさん、
 そしてウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団のみなさん、
 本当にありがとうございました!
 

c0137404_21350668.jpg

by acogihito | 2019-01-14 23:33 | ☆その他 | Comments(0)  

感動!「The BEATLES」ホワイト・アルバム(発売50周年記念作品)

c0137404_07442049.jpg


 発売50周年記念、
 「ザ・ビートルズ」(ホワイト・アルバム)
 スーパー・デラックス・エディションを購入しました。

 ホワイト・アルバム。
 以前から賛否両論ありましたが、
 かつてビートルズのコピーバンドをやっていたことがあるボクにとっては
 ビートルズの中で一番好きなアルバムかもしれません。

 なんたって、その幅広い音楽性に衝撃を受け、
 1曲1曲全く違うアレンジにわくわくして聴いてましたもんね。
 サウンドはバラバラでも喜怒哀楽、あと恐怖な感じもあって
 全体としてすごくまとまっていたように感じていました。

 アコースティック・ギターを使った曲が多いのも
 このアルバムの特徴ですよね。

 ポールの「ブラックバード」は、
 ソロ・ギター・アレンジでも弾いたことがあります

 そんなホワイトアルバムは、
 もともと2枚組で30曲も入っている大作だったんですが、
 今回のスーパー・デラックス・エディションは、
 デモバージョンやスタジオのアウトテイク集など107トラック!!
 スゴイです!!

 しかも新しいリミックスだから音がいい!!
 う~ん、素晴らしい!!

 今回のリミックスも、
 ジョージ・マーティンの息子である
 ジャイルズ・マーチンが担当しています。
 (2代目プロデューサーを襲名って感じ?)

 印象としては特にジョン・レノンの曲が
 圧倒的に音が良くなって迫力が出た感じがしますね。

 もともと幅広い音楽性に衝撃を受けたアルバムでしたが、
 幅広いだけでなく、音が良くなったジョンの曲を改めて聴くと
 ロックを追求した「深さ」も感じます。

 もう縦横、斜めもあらゆる方向に才能が拡がった、
 才能があふれたアルバムなのだと改めて感じました。

 録音も良くて、
 曲によって、ドラムの録り方も違うのがよくわかります。
 曲によってシンバルやタンバリンの音がものすごくハイファイ!
 そうかといえば、あえてモコモコした音にしてるんだな
 という曲もあることが分かります。

 それから、以前はひとつのトラックにまとめられていたいろいろな音が
 バラバラになってステレオ感が現代的になりました!!
 あと、曲によっては気になったヒスノイズが消え、
 ものすごくクリアになったのも素晴らしいです!

 ただ、2曲だけ気になったところもありました。

 ひとつは
 「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」。
 なんかドラムとベースの音が少し小さいんじゃないかと思ったんです。
 ベースのゴキゴキした音も少しマイルドになっているように感じます。

 もうひとつは「バースディ」。
 イントロのドラムのフィルインの音が、
 少しさっぱりして軽くなっていないか、という印象なんです。

 音がクリアになったから、そう聞こえるのか、
 なんか「あれ?」って気がしました。

 ただ、全体的には超素晴らしいアルバムです!!

 こうした音源や資料がきちんと保管されていていたこも素晴らしい!!
 

 この50周年記念作品、
 前回は「サージェント・ペパー」だったですよねぇ。

 こうなってくると、
 「レット・イット・ビー」や「アビー・ロード」も
 発売されるんでしょうかねぇ??

 「レット・イット・ビー」は、
 「ネイキッド」が発売されたからないかなぁ?

 でも、「アビーロード」なら??

 「レット・イット・ビー」も映画なら??

 楽しみは続きます!!


 ところで、
 「サージェント」がイギリスで発売されたのが、
 1967年6月1日で、
 そして、この「ホワイト」が、
 1968年11月22日です。

 間に「マジカル・ミステリー・ツアー」のEP盤が発売されたとはいえ、
 正式なアルバム発売が1年以上あくのはビートルズとしては長いそうです。

 まあ、それまでが半年に1枚という驚異的なペースだったんですけどもね。

 で、この間にビートルズはインドに瞑想の旅にも出たりしてかなり刺激も受けたんでしょう、
 このホワイトアルバムの制作に向け、もう才能が爆発したって感じなんですよね。

 もともと才能があふれたから2枚組になったんでしょうけど、
 今回のデモバージョンやアウトテイク集を聴くと、
 のちに「レット・イット・ビー」や「アビー・ロード」に収録される曲、
 さらには解散してソロになってから発表した曲も
 すでにこの時期に作られていたりするんですよね。

 1年間があいたとはいえ、
 3年分かそれ以上の曲を作ったという印象です。

 さらに演奏技術もグンと進歩しているようだし、
 ものすごいエネルギーを感じます。

 50年たっても新鮮さ失わない
 改めて、すごいなぁ~と感じるアルバムでした。
 


c0137404_07441955.jpg

by acogihito | 2018-11-14 00:00 | ☆その他 | Comments(0)  

日本っ!

c0137404_19035900.jpg


 2018年2月17日(土)
 ピョンチャン・オリンピック「男子フィギュアスケート」で、
 羽生結弦選手が金メダル、
 宇野昌磨選手が銀メダルのワンツーフィニッシュ!

 いやぁ~、素晴らしかったですねぇ~!!

 そして羽生選手の「SEIMEI」という曲もとっても良かった。
 
 ドドンと和太鼓で始まって、
 ヒュ~~と龍笛(りゅうてき)の音。

 それが祈りというか、叫びのようで、
 羽生さんの演技とマッチして、
 ゾゾッとしてしまいました。

 洋風な曲が多いフィギュア・スケートの中で完全に和風の世界。
 「日本、かっこいい!」って感じで感激しました。

 曲は映画「陰陽師(おんみょうじ)」のサウンドトラックをアレンジしたそうで、
 主人公・安倍晴明(あべのせいめい)の「SEIMEI」なんですね。
 映画は見たけど、こんなに素晴らしい音楽だったとは、
 気づいていませんでした。

 メダル・セレモニーでの「君が代」も
 優雅で癒しの曲のようでもあり、 
 良かったですよね。

 試合前とかだと
 鼓舞する感じじゃないので、
 合わない気もしますけど、
 翌日、落ち着いてからの
 メダル・セレモニーには
 ピッタリでした。


 ボクが小さい頃というか、1970年代ごろは、
 音楽は何となく洋楽の方が上で、
 邦楽はそれを追いかけていたような感じでしたが、
 今は全くそういうことはないですよね。

 その他、なんとなく日本的なものは、
 ダサいとか、やぼったいイメージがありましたが、
 今は全くそんなことがなく、
 若い人たちも自信をもって
 和服を着たりしますもんね!

 日本人が日本人としての
 アイデンティティを持つのは
 すごくいい傾向だと思います。

 そう言えばボクも
 かつてはアメリカ製ギターにあこがれ、
 「マーチンやギブソンが欲しい!」
 と思っていましたが、
 最近は「日本製の方が上なんじゃない?」
 と思うくらいで、
 以前ほど強い魅力を感じなくなりました。


c0137404_19035937.jpg

 そうそう、ボクの日本製のギター
 「Yokoyama Guitars AR-WR #300」()ですが、
 ロゼッタのデザインが「陰陽(いんよう)を表す図」()のようで
 「」のイメージを感じます。

 アメリカのモノマネや
 コピーモデルではなく、
 日本オリジナルのデザイン。

 ヨコヤマギターって、
 日本的な繊細な美しさがあるのも魅力なんですよね。
 

c0137404_19040042.jpg

by acogihito | 2018-02-19 23:03 | ☆その他 | Comments(2)  

とある混声合唱団のコンサート

c0137404_09040010.jpg


 友人(女性)が参加している
 「習志野混声合唱団」のコンサートに行ってきました。

 彼女はボクがソロ・ギターを始めたころ・・、
 いや、それより前かな?
 とにかくずっと合唱をやっているんですよね。

 割と病気がちのタイプなんですが、
 元気に歌っている姿を見ると
 やっぱり音楽っていいな、
 ものすごいエネルギーだよな、
 と、つくづく感じてしまいます。

 音楽があるかないかでは
 かなり違うと思うんです。

 ボクもソロ・ギターと
 ギターの音色にかなり助けられていますもんね!


c0137404_09303181.jpg
 

 以前読んだ『音楽生活のすすめ(新堀寛己著)』という本によると
 音楽に触れている時には
 脳からアルファ波やベータ・エンドルフィンなどの
 ホルモンが放出され、
 心身が活性化するんだそうです。

 さらに免疫力や身体機能も高めたり、
 認知症を予防するなど
 アンチエイジングにも影響するそうです。

 それからアルファ波やベータ・エンドルフィンは
 人間の心を「幸せだ!」と感じさせてくれる根本的な源、
 幸福をもたらすエネルギーなんだそうですよ。

 なるほど!
 やっぱり音楽っていいもんなんですね!!

 音楽の力を改めて感じたコンサートでした。


by acogihito | 2017-11-06 09:03 | ☆その他 | Comments(0)  

「ふろく」に惹かれて・・

c0137404_21524774.jpg


 「創刊36周年特別付録、ミニ・シェラカップ」!
 という謳い文句に誘われて
 「BR-PAL 7月号」を買ってしまいました。(^^ゞ

 「シェラカップ」というのは、
 キャンプなどでカップとして使えるのはもちろん、
 お茶碗になるし、計量カップにもなるし、
 小さな鍋としても使えるし、 
 お玉としても使えちゃったりする
 万能食器のことです。

 もともとは1892年に設立された
 アメリカの自然保護団体「シェラ・クラブ」が販売し、
 売り上げの一部を寄付としていたそうですが、
 あまりに使い勝手が良いので、
 今ではいろいろなメーカーが作っています。

 「BE-PAL」は、
 20~30年前はほぼ毎月買っていて
 当時、通信販売だけで販売された
 「ロゴ入りシェラカップ」も持っています。

 直径12センチ、200mlの目盛りのついた標準サイズ、
 しっかりできていて今でもキャンプで使っています

 今回の付録は直径10センチ、100mlのミニサイズです。
 こちらは100円ショップで売っているような
 ちょっと作りが雑なところもあるんですが、
 ロゴ入りなんて市販されているものではないし、
 大小そろって、なんとなく嬉しかったりします。


c0137404_21525333.jpg


 実は最近の「BE-PAL」は付録が良くて、
 先月号も付録に惹かれて買ってしまったんです。

 それは「トラベル・メッシュ・ポーチ」というもの。
 割としっかりできていて、キャンプとか、出張など、
 出かけるときに使えそうです。

 そんな「BE-PAL」には、これまでも
 多大な影響を受けているんですよね。

 なんたってソロ・ギターのCDを初めて聴いたのも
 「BE-PAL」のおかげなんですから!

 それは1998年、
 「BE-PAL」がプロデュースした
 「フライ・フィッシング・エリア・ガイド」という
 CS放送用の番組のテーマソングに
 打田十紀夫さんが楽曲を提供し、
 そのCDの広告を当時の「BE-PAL」で見て、
 買ったのがきっかけだったんです。

 収録されていた『思い出の鱒釣り』という曲は、
 先日、ようやく弾けるようになりました
 まさに「思い出」の曲なんです。

 そんな「BE-PAL」なんですが、
 最近は、付録が気に入った時だけ買うみたいで
 ちょっと申し訳ないような気もします・・・。

 
c0137404_21525693.jpg


 ところで、「付録」といえば、
 小学校時代に買っていた
 学研の「科学」と「学習」を思い出します。

 当時は学校で販売していたんですよね。

 机の引き出しを見てみると、
 鉛筆や物差し、カッターナイフなどに混ざって
 「巻き尺」が入っているんですが、
 これがナント、小学校3年生の時の「学習」の付録なんです。


c0137404_21525837.jpg


 たぶん、ボクが持っている「道具」の中で
 一番古いものだろうと思います。

 考えてみると、
 もう50年近く前のものになるんですね!
 自分でもびっくり!!
 「サージェント・ペパー」に負けない!!

 でも、別に壊れることもなく
 今でも時々、何かの寸法を測ろうというときは、
 普通に使っています。

 「付録」といっても侮れないですよね!

 今回の「BE-PAL」付録のシェラ・カップも
 長く使えるかな?
 

c0137404_21525966.jpg


 ところで「BE-PAL」付録は、
 来月号もまたちょっと良さそうなんですよね!
 
 どうしようかなぁ~?

 う~む、何だか、すっかり
 「付録」に釣られてしまっているなぁ~。

 でもまあ、付録ごときで喜んでるなんて
 可愛いもんですよね!ww



by acogihito | 2017-06-13 23:51 | ☆その他 | Comments(0)