<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

4年後ってわけじゃないけど 今後の目標

c0137404_09075225.jpg
 

 始まる前はいろいろ言われていたけれど、
 なんだかんだでとっても良かった
 ピョンチャン・オリンピック。
 頑張った選手の皆さんは、また4年後に向け
 目標を定めて練習に励むんでしょうね。


 一方ボクはと言えば
 今後の目標として、
 今までやっていなかった
 アコギの
 ハイテク・プレイにも挑んでみたい!と思って、
 『絶対にわかる!弾けるハイテクアコギプレイ
 という本を買いました。

 DVD付きで2400円!

 かつてのVHSビデオの時代を知っている身としては
 映像付きでこの値段は驚きです。

 著者の松居悠太さんは存じ上げないんですが、
 (松井祐貴さんなら知っていますが)
 ネイルアタックやオープンチューニングなど
 ボクが知りたいと思っていたハイテクプレイが
 映像でもしっかり解説されていて
 なかなかいい感じです。

 今後、徐々にではありますが、
 そういうテクニックも身につけ、
 押尾さんの曲も
 演奏できるようになってみたいと思っています。
 
 4年後には間に合うかな?


★ ところで、どうでもいい話ですが・・・

by acogihito | 2018-02-26 23:07 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

日本っ!

c0137404_19035900.jpg


 2018年2月17日(土)
 ピョンチャン・オリンピック「男子フィギュアスケート」で、
 羽生結弦選手が金メダル、
 宇野昌磨選手が銀メダルのワンツーフィニッシュ!

 いやぁ~、素晴らしかったですねぇ~!!

 そして羽生選手の「SEIMEI」という曲もとっても良かった。
 
 ドドンと和太鼓で始まって、
 ヒュ~~と龍笛(りゅうてき)の音。

 それが祈りというか、叫びのようで、
 羽生さんの演技とマッチして、
 ゾゾッとしてしまいました。

 洋風な曲が多いフィギュア・スケートの中で完全に和風の世界。
 「日本、かっこいい!」って感じで感激しました。

 曲は映画「陰陽師(おんみょうじ)」のサウンドトラックをアレンジしたそうで、
 主人公・安倍晴明(あべのせいめい)の「SEIMEI」なんですね。
 映画は見たけど、こんなに素晴らしい音楽だったとは、
 気づいていませんでした。

 メダル・セレモニーでの「君が代」も
 優雅で癒しの曲のようでもあり、 
 良かったですよね。

 試合前とかだと
 鼓舞する感じじゃないので、
 合わない気もしますけど、
 翌日、落ち着いてからの
 メダル・セレモニーには
 ピッタリでした。


 ボクが小さい頃というか、1970年代ごろは、
 音楽は何となく洋楽の方が上で、
 邦楽はそれを追いかけていたような感じでしたが、
 今は全くそういうことはないですよね。

 その他、なんとなく日本的なものは、
 ダサいとか、やぼったいイメージがありましたが、
 今は全くそんなことがなく、
 若い人たちも自信をもって
 和服を着たりしますもんね!

 日本人が日本人としての
 アイデンティティを持つのは
 すごくいい傾向だと思います。

 そう言えばボクも
 かつてはアメリカ製ギターにあこがれ、
 「マーチンやギブソンが欲しい!」
 と思っていましたが、
 最近は「日本製の方が上なんじゃない?」
 と思うくらいで、
 以前ほど強い魅力を感じなくなりました。


c0137404_19035937.jpg

 そうそう、ボクの日本製のギター
 「Yokoyama Guitars AR-WR #300」()ですが、
 ロゼッタのデザインが「陰陽(いんよう)を表す図」()のようで
 「」のイメージを感じます。

 アメリカのモノマネや
 コピーモデルではなく、
 日本オリジナルのデザイン。

 ヨコヤマギターって、
 日本的な繊細な美しさがあるのも魅力なんですよね。
 

c0137404_19040042.jpg

by acogihito | 2018-02-19 23:03 | ☆その他 | Comments(2)  

ギターの日焼け対策

c0137404_17144296.jpg


 その昔、20代の頃、
 夏は毎週末 海に行っていて
 秋になっても真っ黒に日焼けしていたことがあります。

 でも、今は日焼けは嫌ですねぇ~。
 紫外線対策してますか?ww


 それはギターも同じで、
 できればあまり日焼けさせたくない。

 ウチはマンションなので雨戸がなく、
 ギターが置いてある部屋は
 日中、かなり明るくなって、
 ギターも日に焼けちゃうんですよねぇ~。

 以前は「それは自然なこと」と
 それほど気にしていなかったんですが、
 「Yokoyama Guitars AR-GB #555」が完成し、
 そのトップ材、ジャーマン・スプルースの
 白く美しい色合いの見て、
 「できるだけ日焼けさせたくないなぁ」と思ったんです。

 で、今は写真のように紺色の風呂敷をかけています。

 万全を期すなら
 ケースに入れておくのが一番なんでしょうが、
 それだど「さあ、弾こう!」という時に面倒だし、
 風呂敷くらいがちょうどいいかなと思ったんですよね。

 外出の時はさらに
 ブラインドもしっかり閉めるようにしています。

 まあ、完全ではないので、
 これでも日焼けはしているんでしょうけど、
 それでも何もしないで明るい部屋に放置しておくよりは
 紫外線を防ぐなど抑止効果はあるようで、
 以前に比べ日焼けの進行はかなりゆっくりな印象です。


 先日、ボクのヨコヤマギター1号機
 「AR-WR #300」の塗装を変更したら
 表面を少し削った分、
 白く新しいギターのようになって帰ってきました。
 (写真、左のギターです)
       ↓
c0137404_22120958.jpg
c0137404_22120924.jpg
AR-WR #300、 AR-GB #555、 AR-GC #420


 上の写真が以前、下の写真が今です。

 以前(上)の写真を見ると
 随分日焼けしてたんだなぁと改めて思います。

 せっかく白く新品のようになったので、
 この色合いもできるだけ長く保っておきたい!

 日常的に使いながらも
 新品の美しさを
 できるだけ長く留めておきたい!

 で、最近はいつもこんな感じです。
      ↓
c0137404_17151429.jpg
AR-WR #300、 AR-GC #420、 AR-GB #555


 ギターを反対側に向けている方が、
 風呂敷をかけたり外したりがサッとできて便利!
 日焼けが気にならないバック材の杢目も楽しめますしね。


by acogihito | 2018-02-12 23:13 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

またまた行ってきました! 『ジャパン・キャンピングカー・ショー』


c0137404_16501360.jpg


 
 2018年2月3日(土)、
 千葉・幕張メッセで開かれた
 「ジャパンキャンピングカーショー2018」に
 今年も行ってきました!

 さすがアジア最大級のキャンピングカーの祭典と
 いわれるだけあって、広い会場内に
 ところ狭しとキャンピンギカーが展示されています。

 大きなものから小さなものまで、
 その数およそ300台!
 すごいねぇ~!

 定年退職したらキャンピングカーにギターを積んで
 日本一周の旅なんかしたいなぁ~
 などと思っているボクとしては、
 いつかは欲しいなぁ~と思っているんです。
 だから見るだけでもワクワクしちゃいます!


c0137404_16501386.jpg


 
 巨大なキャンピングカーは本当の家みたいで、
 まるで「ハウルの動く城」ならぬ移動する別荘です。
 だけど、これを自分で運転するんじゃ大変そうだし、
 山の上に通ずる林道なんかも走れなそうだし、
 まあ、そもそも高価過ぎてとても買えないから問題外。

 一方、値段的に手頃なのは、
 軽自動車をベースとしたキャンピングカーです。
 だけど、山道の坂を上ったりするのには
 ちょっと非力じゃないかなぁと案じたり、
 スペース的には今のクルマとそれほど変わらないなぁと感じたり。
 それだったらわざわざ買わなくてもいいかもねぇ
 なんて思ってしまうんですよね。

 

c0137404_16592419.jpg



 いろいろ見て回って、
 今の自分にちょうどいいサイズは、
 日産の「NV200
 トヨタの「ライトエース(タウンエース)」
 あるいはルノーの「カングー」あたりを
 ベースとしたキャンピングカーでしょうかねぇ??

 スタイルはカングーをベースとした
 「カングーPOP」というクルマが良かったけど、
 キャンピングカーとしては
 ライトエースをベースとした
 「シュピーレン」というクルマが
 ボクの使い勝手に合っていて
 気に入りました。

 

c0137404_16550559.jpg



 でも一方で、近い将来発売される
 「自動運転」のクルマもいいなぁ~
 なんて思っているんです。

 これから先、だんだん歳をとると
 思わぬ事故を起こしやすくなるんだろうし、
 運転に疲れた時や渋滞の時などは
 クルマに運転を任せちゃえば楽ですもんねぇ!

 それにどんどん技術が進歩すれば、
 眠っている間に絶景の目的地に着いちゃってる
 ってこともあるかも!?

 あと2年後の2020年には、
 自動車メーカー各社から
 自動運転車が発売されるっていうし、
 そうなると
 自動運転のキャンピングカーだって
 出てくるんでしょうねぇ。


c0137404_17135866.jpg



 そんなことを考えながら、
 あれはいいなぁ~、これもいいなぁ~
 あれはどうだろう?これはどうだろう?
 などと、想像しながら場内を見て回るのは
 本当に楽しいものです。

 うん、やっぱりどうせなら
 自動運転のキャンピングカーがいいなぁ~。

 そうすると、早くて2年後、2020年。
 初期不良やトラブルなどが落ち着いてくるのは、
 あと3~5年くらい先でしょうか?

 その頃は動力も電気が主流かもなぁ!?
 そうなってくると家電が普通に使えるようになって、
 キャンピングカー事情がガラリと変わるかも!

 だけど、キャンピングカーのベースにふさわしい自動運転車、
 しかも電気自動車がいつ発売されるかわかりません。

 まだ発売されていない時に
 自分にとってのベストタイミングがやってきたら・・・。
 
 まあ、その時は、
 普通のクルマにルーフテントを積むという手もあるし、
 なんとかなるでしょう。


c0137404_17215550.jpg


 ということで、定年後は、
 自動運転のクルマにギターを積んで
 キャンプしながら日本一周の旅!
 これをテーマ(目標)にしようと思います。

 そうすると中途半端な時期に買うよりは、
 もうしばらく今のクルマを大事に乗っている方が良いかな
 と思ってしまいました。

 今のクルマだって車中泊はできるんですからね。

 それまでは妄想の世界に浸って、
 あれこれ想像の旅に出るって感じですかね。

 うん、それも悪くない!



by acogihito | 2018-02-05 22:48 | ☆その他 | Comments(0)