<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

“精進”するために (エスケープで逃避行!その9)

c0137404_08324551.jpg


 2018年4月28日(土)
 急に思い立って中央高速を西へ。

 ゴールデンウィークで
 道路は混雑しているようなので、
 少し遅く昼過ぎに出発しました。
 
 まず向かったのは、
 富士五湖のひとつ「精進湖」です。


c0137404_08350064.jpg

 「しょうじんこ」と書いて
 「しょうじこ」と読みます。

 由来は、その昔、富士山を信仰する参詣者が、
 裾野の湖で沐浴し、
 「精進潔斎(しょうじんけっさい)」したからだそう。

 「精進潔斎」とは、
 「行いを慎んで身を清める」ことですから
 精進湖は身を清めるための水場だったんですかねぇ。
 
 つまり読みは「しょうじ」でも
 意味は「精進(しょうじん)」そのものなんですね。

 で、その「精進」の意味は、
 1 雑念を去り、仏道修行に専心すること
 2 一定の期間行いを慎み身を清めること
 3 肉食を断って菜食をすること
 4 一つのことに精神を集中して励むこと。一生懸命に努力すること

 本来は仏教的な意味のようですが、
 一般的には「」の意味で使われますよね。

 ボクも
 「ギター上達のために精進しなくては!」
 なんて思っています。


c0137404_08512234.jpg


 ところで、
 何回も行ったことがある精進湖ですが、
 今回、初めて知ったことがあります。

 それは近くに「精進の大杉」という
 国の天然記念物に指定されている
 大木があること。

 英語名「Shoji's Big Cedar
 ショージス・ビッグ・シダー

 そうか、シダーかぁ。

 ギター好きとしては、
 「杉」と聞いてもピンときませんが、
 「シダー」となると反応してしまいます。

 杉=シダーですもんね。

 シダーといえば
 ボクのギターでは
 「モーリス S-92」の
 トップに使われている材。
 グッと親しみを感じてしまいます。

 一体、どんな大杉、
 ビッグ・シダーなのか?
 これは見に行くしかありません!

 そしてギター上達を祈願しなくては!


c0137404_09001638.jpg


 それは精進湖北岸、
 諏訪神社の境内にありました。

 初め、写真左の大木がそうかと思ったのですが、
 これは「諏訪神社の大杉(Suwa Shrune's Big Cedar)」
 といって違います。

 それでも根元の周囲10メートル、
 高さ38メートルもある大木です。

 目指す「精進の大杉」、
 ショージズ・ビッグ・シダーは
 その左にありました。


c0137404_09090103.jpg


 おお、なるほどでかい!
 
 でも写真では
 その巨大さがよくわからないかなぁ。

 根元周囲12.6メートル、
 高さ40メートル。

 実際に見てみると
 諏訪神社の大杉より、
 ひとまわりもふたまわりも大きく感じます。

 樹齢は約1200年。
 「諏訪神社の大杉」と共に
 諏訪神社の御神木です。

 う~む、さすがに神々しい!


c0137404_09194941.jpg


 誰もいない神社でしたが、
 御神木「精進の大杉」、
 そして「諏訪神社」に
 ギターが上達しますようになどを
 祈願させていただきました。


c0137404_13331769.jpg


 さて、今晩の宿は・・・。

 今回も決めないままの
 気ままな車中泊一人旅。

 愛車・フォード「エスケープ」は
 もうかなり古い車なんですが、
 後部座席の座面を取り外すことができ
 荷台をまっ平らにできて
 けっこう広く使えるんです。

 押し入れの上半分というか、
 カプセルホテルくらいあるでしょうか?

 この空間をテントの中、あるいは
 ちょっとしたキャンピングカーのように
 使えるんですよね。

 最近のSUVはとっても豪華で
 3列シートなんていうのまでありますが、
 2列目のシートを取り外せて
 荷台を広く まっ平らにできるのって
 なかなかないんですよねぇ。

 だから今のボクには
 ちょうどいい使い勝手なんです。

 さあ、今夜の宿、
 場所はどこにしようかなぁ。
 気持ちのいい場所を選びたいなぁ~。


c0137404_09260368.jpg

 精進湖・・・、


c0137404_09260720.jpg

 本栖湖・・・、


c0137404_09261141.jpg


 う~む、だけど
 さすがにゴールデンウィークだから
 キャンプ場や道の駅など
 どこも人がいっぱいです。

 できれば夜は一人静かな場所がいいなぁ。

 もし無ければ
 そのまま帰ってもいいかぁ・・、
 と思った時、
 ふと見つけたのが、
 西湖の とある畔でした。


c0137404_09502176.jpg

 
 おお、ここは静かでいいぞ!
 今夜はここで一泊させてもらいましょう。


c0137404_09563081.jpg


 月がとっても綺麗な晩。
 でも夜になると
 空気がピリッと冷たく
 薄着で来ちゃったので、
 クルマの中でくつろぐことにしました。
 

c0137404_09580013.jpg


 車内は、外から見た印象よりけっこう広くて、
 横幅もあるので思った以上にくつろげるんですよね。

 そして・・・


c0137404_09580563.jpg


 今回はトラベル・ギターとして
 リーフ・クワイエットを持って行ったので
 練習もしちゃいました。
 
 するとどうでしょう。
 御利益なのか、
 今練習している曲
 昨日まで弾けなかったところが
 スラスラ弾けるではありませんか。

 なんか嬉しくて、かなり一生懸命、
 集中して練習してしまいました。

 精進、精進・・・。


c0137404_10051237.jpg

 ぐっすり眠って、翌日も快晴!


c0137404_10051610.jpg


 とっても綺麗な公園も見つけました。


 でもなんか、家でも練習したくなったので
 きょうは早く帰ることにしました。

 そして、コンビニでお土産用に
 地元名物「吉田のうどん」と
 「宇都宮やきそば」のカップ麺を買ったら
 なぜか店員さんがニコニコしているんですよね。

 「どうかしましたか?」と聞いたら
 「数字が1・2・3・4と並びましたね!」と。

 「おお、ホントだ、何かいいことがあるといいんだけど」
 「きっとありますよ」

 本当はプチいいことなら
 すでにあったんですけどね!

 帰りも渋滞にはまることなく家に着き、
 ギターの練習を楽しみました。

 時間にして
 ちょうど24時間くらいのプチ旅行。
 とってもいい気分転換になりました!


c0137404_13331411.jpg

by acogihito | 2018-04-30 23:32 | ☆アウトドア | Comments(0)  

気分は「オープンD6」

c0137404_20150759.jpg


 2018年4月21日(土)
 一足早い夏のような陽気に誘われて
 久しぶりに千葉県「九十九里浜」に行ってみました。

 自宅からクルマで1時間ちょっと。
 20代のころは良く行ったんですけどね、
 最近はすっかりご無沙汰です。

 その頃 マリンスポーツといえば、
 サーフィンボードセイリングが主流だったんですが、
 今は「カイトサーフィン」というものなんですね。
 
 カラフルなカイトに引かれて
 気持ち良さそうにサーフィンを楽しむ人が
 たくさんいました。


c0137404_20151625.jpg


 こうしたマリンスポーツを楽しむ人は
 結構年輩の方もいらっしゃるんですが、
 ボクはと言えばやっぱりギターですねぇ。
 
 それにソロ・ギターを始めてからは、
 よりもの方が圧倒的に好きな感じです。

 まあ、海にギターを持っていったら 
 潮風にやられてボロボロになりそうですもんねぇ。

 そんなことを思っていたら
 無性にギターを弾きたくなったので、
 海鮮料理のお昼を食べたら海を後にし、
 早いうちに家に帰りました。


c0137404_20151373.jpg

 
 今練習しているのは、
 中川イサトさんの「Mah-Jong Piece」。
 あと、「蒼空」という曲も少々。

 いずれもチューニングは、
 「F#
 の「オープンD6」です。

 このチューニングはさわやかでいいですね!

 まるで今日の天気のよう!

 ジャラ~ンと開放弦を鳴らすだけでも
 スカッとした気分になります。

 サッと海へ行って、
 サクッと戻ってきて、
 サラッとギターの練習。
 
 気分はオープンD6
 ありがとう、充実した休日です。

 
c0137404_20151156.jpg


by acogihito | 2018-04-23 23:14 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

こんな日のために!? (その3)

c0137404_13022141.jpg


 カンパ~イ!

 少し前の話になりますが
 2018年3月16日(金)
 担任の先生もお招きして、
 小学校時代のプチ同窓会が
 東京・新宿で開かれました。


c0137404_13023326.jpg

 
 ボクは中学に入ってすぐに
 所沢から千葉に転校してしまって
 小学校時代の友達とは
 それから30年以上、
 音信不通というか、
 付き合いが途絶えていたんです。

 それが数年前に
 SNSなどをきっかけに再会することができ、
 再び交流がはじまったんです。


c0137404_13025148.jpg


 この日の集まりにはギターを持って行き、
 「ソロ・ギター」を披露しました。

 YouTubeにアップした演奏動画
 先生がご覧になり、
 「今度、聴かせてね!」と
 ずっと言われていたんですよね。
 ですから、その期待に応えてという感じです。


c0137404_13032404.jpg


 演奏した曲は、
 「イエスタディ・ワンス・モア
 「トップ・オブ・ザ・ワールド
 「あの日に帰りたい」などなど。
 

c0137404_13034097.jpg

 小学校時代の友達と
 一緒に聴いたり歌った曲と言えば
 アニメや特撮モノなどテーマソングばかりで
 これら思春期に聴いた曲とは
 一緒に過ごしてはいないんですけど、
 やっぱり同世代ですからね、
 みんな喜んでくれました。

 やっぱり、こんな日のために
 練習してきたのかもしれません。

 さらに「となりのトトロ」の挿入曲
 「風のとおり道」も弾きました。


c0137404_16322079.jpg


 この曲は、
 小学校時代のイメージと重なるんです。

 初めて「となりのトトロ」を見た時、
 なぜかとっても懐かしく
 子どもの頃に感じた感覚が広がったんですよね。
 それは小学校時代を過ごした埼玉県所沢市
 武蔵野の雑木林の中で感じた感覚でした。

 林の中でよく遊んでいましたからね。
 そこはまさにトトロの世界だったんです。

 なので、
 「小学校時代」「所沢」というと、
 あの辺りを舞台にした
 「となりのトトロ」のイメージと重なり、
 「風のとおり道」は特に
 林の中で遊んだ思い出がよみがえる曲なんです。
 

c0137404_13035527.jpg


 数年前に30数年ぶりに再会した時は、
 顔も分からないかもしれないと
 相当ドキドキしていたんですが、
 すぐに思い出すことができました。

 そして、自分自身ではすっかり忘れていた
 ボクの子供時代のこと、
 あんなことした、こんなことした
 ということを覚えていてくれたりして、
 ああ、そうだった、そんなことあったなぁ~と。
 改めて「かけがえのない友達」なんだ
 ということを認識しました。

 ありがたいことです。
 うれしいし、本当にありがたい。
 再会に感謝です。

 そして改めてよろしくお願いします。


c0137404_13040405.jpg

by acogihito | 2018-04-16 23:01 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『東京水路カヤックツアー』に行ってきました!

c0137404_08070066.jpg


 2018年3月27日、火曜日。

 仕事を休んで、
 高校時代の友達を中心とした仲間と
 『東京水路カヤックツアー』に行ってきました。


c0137404_08193828.jpg


 このツアーに
 このメンバーで参加するのは、2度目

 今回も桜のいいシーズンを狙ったのですが、
 当日は見事に満開!
 幸運にめぐまれました。


c0137404_09290685.jpg


 今回のコースは、
 東京・江戸川区の「大島小松川公園」を出発し、
 「旧中川」を北上して、
 「北十間川」に入り西へ進んで、
 スカイツリーの真下まで行きます。

 それから少し戻って、
 「横十間側」に入って南下、
 「小名木川」東に進み、
 「旧中川」に戻るという
 四角形に水路を回ってきます。

 さらに
 「旧中川」から水門を通り抜け、
 「荒川」にちょっと出てみる
 というものでした。


c0137404_08102379.jpg


 ところで、
 このあたりの川は、
 天然の「川」ではなく、
 人間が造った「運河」なんですよね。


c0137404_08290455.jpg


 江戸時代から昭和のはじめまでは、
 江戸(東京)には、こうした運河(水路)が貼り巡らされ、
 様々な物資が運ばれ
 「水の都」として発達してきました。

 人々の暮らしも水路と共にあったんですね。


c0137404_08290487.jpg


 ところが昭和30年代以降、
 高度経済成長期に入ると、
 自動車が発達して水路は一気に衰退。

 人々は水路にフタをし、
 背を向けるように生活し、
 ドブ川のように扱われ、
 水も汚れてしまいまったんです。
 

c0137404_08404059.jpg


 でもその後、
 水質が少しずつ改善、
 街の作りも
 壁のように区切っていた堤防を
 水面近くに降りて来られるような作りにし、
 再び、水に向き合うように変わってきました。

 特にスカイツリーの建設と共に
 水辺の環境も整備され
 グンと良くなったと聞きました。


c0137404_08494228.jpg


 そんなわけで、
 予想以上に水のきれいな東京の水路でカヌー(カヤック)を漕いでいると、
 水辺を歩いている多くの人から手を振られたり、
 「いいですねぇ!」と声をかけられたりして
 陸上とは違う時間と
 人のつながりを感じるんです。


c0137404_09002649.jpg


 ↑ こちらの写真は、
 錦糸町駅と亀戸駅の間あたり。

 横十間川の上を走るJR総武線は、
 通勤で毎日乗っています。

 この日は火曜日ですから、
 本来なら仕事に行かなくてはなりません。
 でも、休みをとったので、
 いつもの喧騒を離れて
 水の上をのんびり!
 最高の気分ですねぇ~!
 

c0137404_09012268.jpg


 水の上では、
 同じ東京都は思えないほど
 ゆったりと時間が流れ、
 地上からは気付かない
 様々な発見もあるんです。


c0137404_09031339.jpg


 例えば野鳥。

 シラサギやユリカモメ、
 コガモやカルガモなど、
 思った以上に水辺の野鳥が多いんですよね。
 そして近くで見ることができるんです。


c0137404_09122768.jpg


 カヌー(カヤック)は、
 自転車みたいなもので、
 漕いでいれば倒れたりすることなく
 安定して進んで行きます。

 だから、みんなでワイワイ
 いろんな話をしながら進んで行けるんです。


c0137404_09312481.jpg


 そしてカヤックツアー終了後は、
 大島小松川公園で「プチ花見」!

 いやぁ~、みんな、ありがとう!!

 充実した一日を過ごすことができました!


c0137404_09332177.jpg


by acogihito | 2018-04-09 08:06 | ☆アウトドア | Comments(0)  

南澤先生の『ソロ・ギター・レッスン発表会/懇親会』に参加してきました!

c0137404_09124939.jpg


 2018年4月1日(日)に開かれた
 南澤大介先生の『ソロ・ギター・レッスン発表会/懇親会』に
 参加してきました。

 発表会に参加したのは2年ぶり

 今回の会場は、千葉県の津田沼にある
 島村楽器「津田沼パルコ店」のスタジオで、
 ボクにとっては、
 今まで開かれた発表会の中で、
 自宅から一番行きやすい場所という感じです。

 演奏者は12人で
 一人あたりの持ち時間は8分程度。
 だいたい2曲くらい演奏できる計算です。

 順番は抽選で決まり、
 ボクは11番目でした。

c0137404_09125578.jpg


 みなさん緊張しながらの演奏・・・。

 そんなお一人お一人の演奏を
 順番として最後の方のボクとしては、
 とても楽しめていたので、
 「きょうはあまり緊張せずできるかも!」
 なぁ~んて思っていたんです。

 でも、いざ自分の順番が迫ってくると
 急に心拍数が高くなり、
 指先の血の気が引いて遠い存在に感じられ、
 コントロールが利かなくなってきてしまいました。

 うむ~、4月1日だし、
 嘘でもいいから何とかならないか?

c0137404_09133202.jpg


  演奏したのは、
 『星に願いを』と『桜・咲くころ』。

 選曲の理由は、
 今回の参加者が大阪のほか、
 北海道・札幌や長野・松本と
 遠くからの方が多かったので、
 地元民としては「ようこそ千葉県へ!」という気持ちを込めて、
 「千葉県にある東京ディズニーランドにちなんだ曲」ということと、
 冬からずっと「桜咲くこの季節のために練習してきた曲」だからです。


 ところが結果は、
 星への願いは届かず、
 桜は咲く前に散ってしまった感じに・・・。

 あ~あ・・。

 やっぱり人前で演奏すると
 どうしても舞い上がってしまって
 家で弾くようにはいかないんですよねぇ・・。

 
 この緊張感を勢いに変えられればいいんですが、
 なかなかそうはいかないんです。

 この部分の成長は皆無かぁ・・。

 改めて「フィンガーピッキングデイ」に出場した人たちは
 あんな緊張感の高いステージ上で弾き切ることができて、
 スゴいなぁ~と感心してしまいます。

 緊張を克服するには
 やっぱり数をこなして慣れるしかないんでしょうけど、
 ライブをやりたいと特に思っているわけでもないので、
 それじゃやっぱりだめですねぇ・・。

 でも、きょうは楽しかったから良しとしましょう!

c0137404_09134342.jpg


 ところで今回、
 会場にはギタリストの城直樹さんがいらっしゃり、
 南澤先生と特別に共演し、
 すてきな演奏を聴かせてくれました。

 ちなみに南澤先生が弾いているのがボクのギター
 城さんが弾いているのがMさんのギター
 ともにYokoyama Guitarsです。

 城さんは千葉市花見川区出身で、
 ご実家がボクの家に近いということは分かっていたんですが、
 この日話をしたら、
 200メートルくらいの圏内で、
 本当にご近所さんであることが分かりました。

c0137404_09135170.jpg


 その後、懇親会。
 みんなで和気藹々とギター談義で盛り上がったのはもちろん、
 この日もブラジリアン・ローズウッドを使った高級ギターや
 1931年製というクルマが買えるほどの値段の
 ビンテージなマーチンが登場したり、
 普段なかなか触れないギターが一同に会し、
 これまた盛り上がりました。

 いや~、またまた楽しいひとときでした。
 みなさんありがとうございました。
 そして南澤先生、
 島村楽器のスタッフのみなさん
 さらに幹事を務めてくださいましたMさん
 本当にありがとうございました。

c0137404_09135658.jpg

by acogihito | 2018-04-02 21:58 | ★アコギ関連 | Comments(0)