<   2020年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

脳みそ フル回転

脳みそ フル回転_c0137404_19164195.jpg



 このところのギターの練習といえば
 「記憶との闘い」です。

 以前 練習して、
 もう忘れちゃった曲を
 必死に思い出しています。

 でも、これが
 「脳ミソをフル回転してます」っていう感じがして
 けっこう楽しいんですよね。 

 面白いもので、
 ずいぶん前から練習している曲、
 例えば「トップ・オブ・ザ・ワールド」とか
 「イエスタディ・ワンス・モア」などは
 割と覚えているんですが、
 比較的 最近 練習してた曲、
 例えば「思い出の鱒釣り」や
 「桜・咲くころ」なんていう方が、
 反復回数が少ないからなのか、
 忘れちゃっているんですよね。

 で、改めて楽譜を見ながら
 最初の部分を引き始めると
 「ああ、そうだった」と
 流れるように思い出す部分があるかと思えば
 「あれ?こんなだっけ?」と
 全く忘れちゃって
 指使いから思い出していく部分があったりと、
 記憶の状態もいろいろです。

 でも、やっぱり
 かなり練習した曲たちなので、
 ある程度やっていくと
 流れでどんどん思い出してくるもんですね。

 詳しいことはわかりませんが、この時、
 脳の中のニューロンだとかシナプスだとか
 伝達系統の細胞が記憶をたどってフル回転、
 途切れかけた細胞が再びつながっていくという感じがします。
 で、つながると、
 スムースに弾けるようになるという感じです。

 そしてこの時、
 体が火照ってくる感じもするんですよね。
 だからか、ちょっとやると、
 なんだかものすごく疲れて、
 休みの日などは昼寝をしたくなっちゃうんです。

 でも、ひと眠りするとスッキリ!
 今度は、
 「デフォルト・モード・ネットワーク
 を活用しているって感じですかね。

 そして、無事に思い出せて
 さっきまでが嘘のようにスムースに弾けるようになると
 これがとってうれしいんです。

 脳の報酬系回路が刺激されて
 「満足」しているという感じでしょうか。

 苦労して練習した あの曲やこの曲、
 ほこりをかぶっていたコレクションたちを
 磨いて輝きを取り戻したという感じ。

 そしてあの曲、この曲、
 さらにこんな曲も続けて弾けるぞ!
 というのは本当に楽しいもんです。

 それにしても、ものすごい脳トレをやった感じ。
 これで同時に全身も動かせれば
 最高の運動になるんだけどなぁ~!!
 なんて思います。

 こればかりはジッと椅子に座っているだけですからねぇ。

 今度はストラップ付けて
 踊りながら弾くような、
 スクワットしながら弾くようなことをやっていようかなぁ~
 なんて・・。(笑)



by acogihito | 2020-01-20 23:18 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

面白かった! 小説 『作曲少女』 『作曲少女2』

面白かった! 小説 『作曲少女』 『作曲少女2』_c0137404_21355526.jpg


 『作曲少女(平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話)』と
 それに続く
 『作曲少女2(転調を知って世界が変わる私たちの話)』という
 小説を読んでみました。

 主人公は女子高生。
 昔、ヒットした『もしドラ
 (もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)
 の作曲版という感じでしょうか。

 ドラッカーとは違い
 第1作目の『作曲少女』は、
 難しい音楽理論をあえて使わず、
 とにかく曲を作ってみようというお話。

 音楽理論を使わない分、
 パソコンのDAW
 (デジタル・オーディオ・ワークステーション)など
 ソフトを使って、楽曲をコピーしたり
 キーの勉強をしたりして、
 ちょっとしたコツをつかんで
 音楽的感性を高めて曲を作るという内容です。

 これがなかなか面白くて、
 曲を作っていく感覚を疑似体験できるって感じ。
 そして最近の作曲スタイル(作曲方法)を知ることができて
 勉強にもなりました。

 実は、ボクも昔、曲を作ったことはありますが、
 その頃はギターの知ってるコードをガチャガチャ鳴らして
 作ったって感じですからねぇ。
 あと、30年くらい前に
 初期の打ち込み系で曲を作ったこともありましたけど、
 今から思えばすっごく原始的です。
 
 でも、少しは知っているからか
 読んでいると
 その感覚はすごく伝わってきて、
 ああ、こんな感じ、こんな感じと
 ワクワクしました。

 作曲するワクワク感を表現した小説って
 今までなかったですもんねぇ。 
 そういう意味では意欲作です。

 で、2作目の『作曲少女2』では
 少しずつ理論的な話も出てきて
 「曲のああいう感じは こういうことでできているのかぁ~」
 ということが分かってきたりします。

 また、高校生の悩みや葛藤、
 成長していく姿なども描かれ、
 小説としても深みを増しています。

 読み進むうち、自分が高校生だったころ、
 あの頃のなんでも新鮮だった気持ちも
 少しよみがえった感じです。

 やっぱりワクワク感は大事だよなぁ。

 それから、この小説を読んで感じたことは、
 DAWを使うと
 こんなに簡単に曲を作れるものならば、
 ボクもちょっとやってみたいなぁ~と思ったこと。
 DAWは無料ソフトもあるようだし
 お金もかけずに始められるならいいかも!
 ギターを中心としたオリジナル曲を
 作れるものなら作ってみたいものだなぁ~、
 なんて思いました。


 いやはや、思った以上に楽しませてもらいました。
 ありがとうございます。

 3作目も出るのかなぁ~?
 密かに期待しちゃいます。


by acogihito | 2020-01-13 22:04 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

2020年、今年の目標

2020年、今年の目標_c0137404_22315044.jpg


 明けましておめでとうございます。

 2020年、
 今年は東京オリンピック・パラリンピックもあるし、
 いろいろな意味で「節目」となる年に
 なりそうですよね。

 そんな2020年の
 ギターに関する目標なんですが、
 「深さを極める」にしたいと思います。

 今までひたすらレパートリーを増やそうと
 新しい曲を練習してきて、
 YouTubeに34曲アップしました。
  (練習曲を除く)
 
 だけど、これらの曲の中には
 もう忘れちゃって弾けない曲もあったりして
 とっても残念なんですよね。

 ですので今年は、
 これらの曲をいつでもサッと弾けるようにしたい。
 今まで幅を広げていたものを
 1曲1曲、より丁寧に、
 深さを極めていきたいと思うんです。


2020年、今年の目標_c0137404_22315082.jpg


 実は、昨年の暮れ、あるところで
 チラッとギターを弾く機会がありました。

 その時、どの曲も
 もう少し上手く弾けたら
 もっと喜ばれるのになぁ。
 もうちょっと極めれば
 きっともっと上手く弾けるはず。
 なぁ~んて思ったんですよね。

 そういうために
 いつでもどこへでも持って行けるギターも買ったんだし
 今年はすべてのレパートリーを
 いつでもどこでもササッと上手く弾けるようにしたい!
 と、そんな風に思っています。

 そして、
 音楽的にも1曲1曲について深く勉強したいと思います。

 ということで、
 本年もどうぞよろしくお願いします。



2020年、今年の目標_c0137404_22315058.jpg

by acogihito | 2020-01-04 23:31 | ★アコギ関連 | Comments(4)