<   2020年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

外出自粛はギターを満喫するしかない

外出自粛はギターを満喫するしかない_c0137404_11520590.jpg


 近所の桜も咲いて、
 本来なら最高の季節なんですが、
 きょう3月29日(日)、
 東京は雪、
 ボクの住む千葉でも
 冷たい雨が降っています。

 でも、この雨は
 恵みの雨、あるいは恵みの雪。

 新型コロナウイルスの感染が広がりを受け、
 東京やその周辺の県では
 不要不急の外出を自粛するように
 呼びかけている中、
 この天気なら外出は
 控えたくなりますもんね。


外出自粛はギターを満喫するしかない_c0137404_11520559.jpg


 このコロナ騒動が落ち着くのは
 いつになるんでしょう?

 オリンピックが延期されただけでなく、
 毎年楽しみにしている
 「フィンガーピッキングデイ」は中止。
 良く行くライブハウス「Back In Town」の
 ライブもすべて中止や延期。
 このままでは5月に開かれる
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス
 「ギターカーニヴァル」の開催も心配です。

 
外出自粛はギターを満喫するしかない_c0137404_13363749.jpg


 3月最後の日曜日、
 本来なら「桜・咲くころ」の
 一番いい季節なのに
 きょうはその上に
 冷たい雨や雪が降っています。

 仕方なくボクは、
 家の中で弾きこもり。
 ギター三昧です。

 まあ、それはそれで楽しいのですが、
 早く心から満喫できる
 「春」が来てほしいものです。





by acogihito | 2020-03-30 23:46 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

デュオアルバム 2枚!

デュオアルバム 2枚!_c0137404_09112051.jpg


 2枚のギター・デュオ・アルバムを手に入れてみました。

 期せずして、
 昨年暮れに発売された2枚のアルバム。

 2019年11月1日発売されたのが
 松井祐貴さんと井草聖二さんの
 デュオアルバム『Sound Intersection』(写真右)、
 12月21日発売されたのが
 岸部眞明さんと下山亮平さんの
 デュオアルバム『岸部下山』(写真左)です。

 どちらも
 普段なら一人で演奏している
 ソロ・ギタリストが2人が組んで
 制作されています。

 それぞれのコンビは、
 ライブでは共演されていますから
 息はピッタリという感じですね。
 
 でも、同じディオ・アルバムであっても
 特徴はだいぶ違いますね。

 松井・井草のお二人は、
 最新のハイテク奏法を使うイメージですが、
 その音楽ルーツが違うので、
 「共演」というより「競演」というイメージ。
 どちらがどちらを弾いているか、
 すぐにわかります。

 一方の岸部・下山コンビは、
 まさに「競演」というイメージで
 どちらがどちらのパートを演奏しているか
 パッと聴くとわからないほど溶け合っています。

 両アルバムとも
 ソロ・ギタリストのデュオ・アルバムだけに
 ゴンチチのように
 どちらかが伴奏で
 どちらかがメロディーということがなく
 「対等」なところもいいですね!

 なかなか聴きごたえがあります。
  
 個人的には、
 岸部・下山組のアルバム方が聴きやすいかな。
 一方で個性のぶつかり合いという意味では
 松井・井草組の方が面白い。

 でも、本当はやっぱり
 「ソロ・ギター」のアルバムの方が好きなんですよね。

 ギター1本、一人で弾くという制限された中で、
 どれだけ素敵な音楽を構築するか?
 ギター1本とは思えない演奏をするか?
 そこにソロ・ギターの面白さ、
 ソロ・ギターの妙がありますもんね。

 そんなソロ・ギターが好きなんだなと
 改めて実感しました。



by acogihito | 2020-03-23 23:10 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

ガット・ギター版「ソロ・ギターのしらべ」って感じ

ガット・ギター版「ソロ・ギターのしらべ」って感じ_c0137404_21515206.jpg


 垂石雅俊さんの著書
 「大人の洋楽ベストセレクション」(現代ギター社刊)
 を買ってみました。

 ガットギター版の「ソロ・ギターのしらべ」って感じですね。

 収録曲は
  1.デイドリーム・ビリーバー(ザ・モンキーズ)
  2. 君のともだち(キャロル・キング)

  3. スカボロー・フェア(イングランド民謡)

  4. 見つめていたい(ザ・ポリス)

  5. あなたのとりこ(シルヴィ・ヴァルタン)

  6. ラジオスターの悲劇(バグルス)

  7. ならず者(イーグルス)

  8. オープン・アームズ(ジャーニー)

  9. ニューヨーク・シティー・セレナーデ(クリストファー・クロス)

  10. 君の瞳に恋してる(ボーイズ・タウン・ギャング)

  11. マン・イン・ザ・ミラー(マイケル・ジャクソン)

  12. すべては風の中に(カンサス)

  13. ムード・フォー・ア・ファイヤー(スティーヴ・ハウ)

  14. ボヘミアン・ラプソディ(クイーン)※ギター二重奏


 「ソロ・ギターのしらべ」シリーズに
 すでに収録されている曲、いない曲、
 いずれにしても知っている洋楽が
 たくさん収録されているのがうれしいですね!

 ところで、
 ボクをソロ・ギターの世界に導いてくれた
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」は、
 2016年以来、新作が発表されていませんからねぇ・・。
 とっても寂しいところなんです。

 そんな中、発売されたこの楽譜集。
 垂石さんのアレンジはガットギターながら、
 南澤先生に近く
 原曲に忠実を基本としているので、
 とっても聴きやすいのがいいんですよね!
 あと「フルコーラス」なところもいいですよね。

 「ソロ・ギターのしらべ」の場合、
 楽譜を1ページに収まるようにアレンジされているので、
 曲によっては省略されている箇所があったりするんです。
 それによって1冊に30曲も収録できているんすが、
 曲によってはちょっと残念だったりすることもあるのも事実です。

 ところが、こちらはフルコーラス。
 その分、14曲と半分ですが、
 基本的に「聴く」ことが中心のボクとしては
 ちょうどいい感じです。
 
 表紙のデザインはイマイチな感じですが、
 付属のCDは、演奏も音質も
 クオリティーが高いのがいいですね。
 キングレコードから発売されている
 垂石さんのCDと同等です。
 
 実は、垂石さんのアレンジは好きで、
 CDや他の楽譜集も
 けっこう持っているんです。

 それらの音源をウォークマンに入れて
 シャッフルで再生すると、
 ガットギター版「ソロ・ギターのしらべ」全集という感じで
 穏やかな午後のBGMにはちょうど良かったりするんですよね。

 楽譜集というより
 また一つ、コレクションが増えたという感じもしています。


ガット・ギター版「ソロ・ギターのしらべ」って感じ_c0137404_21450208.jpg


by acogihito | 2020-03-16 23:44 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

『 いとしのレイラ (LAYLA) 』を改良してみたい!

『 いとしのレイラ (LAYLA) 』を改良してみたい!_c0137404_19450496.jpg


 以前、弾いた『いとしのレイラ』。

 南澤大介先生の
 『 ソロ・ギターのしらべ~悦楽の映画音楽篇
  に収録されているバージョンなんですが、
 弾いているうちに
 「改良できるのではないか」
 と思うようになりました。






 今年に入ってから
 今まで練習してきた曲を
 改めて練習しているんですが、
 「いとしのレイラ」は、
 「天国への階段」や
 「ボヘミアン・ラプソディ」に比べると、
 歌の部分などが「弱いな」と感じるようになりました。

 原曲を聴くと
 もっとドンチャカしてますもんねぇ。






 この曲、改めて原曲を聴くと、
 ギターが何本も入り、
 ドラムやパーカッションもジャカジャカと
 かなりにぎやかです。

 練習を始めたころは思いもしなかったのですが、
 今、その後、押尾さんのネイルアタックの曲、
 「DREAMINNG」を練習したせいもあるのでしょうか、
 この曲もネイルアタック的な奏法を取り入れれば
 もっとドンチャカした雰囲気を出せるかもしれない
 と思うようになったんです。

 さらに最近聴いたペッテリ・サリオラの影響もあって、
 自分なりにドンチャカさせてみようと思って、
 練習を始めてみたんですよね。

 何ていうか、歌の部分は、
 チャッ・チャッ・チャッ・チャッ
 って感じ、
 リフの部分などは、
 ズンズン・チャッ・ズンズン・チャッ・
 って感じのリズム感をもう少し出せないかなぁ~
 と思っています。

 まあ、
 まだ完成するかどうか全くわかりませんが、
 やっているうちに
 「こうすればいいかも」という
 方向は見えてきました。

 こういうすでに弾ける曲をベースに
 新たな挑戦というか、
 自分なりに改良してみようという試みは
 いいですね!

 基本的には弾けるので
 失敗しても悔いはない。

 さぁて、どうなるか!??
 
 コロナウイルスが流行って
 外出しないことが推奨される時節柄、
 家の中にいるなら、
 ギターの練習が最良ですよね!

 
『 いとしのレイラ (LAYLA) 』を改良してみたい!_c0137404_19472584.jpg

by acogihito | 2020-03-09 23:44 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

自動運転のキャンピングカーが欲しいと思っていたけど・・

自動運転のキャンピングカーが欲しいと思っていたけど・・_c0137404_12374914.jpg


 「自動運転のキャンピングカーが欲しい!」
 と思っていました。

 いろいろなところで
 「2020年までに実用化を目指したい」
 という話を聞いていたので
 「もうそろそろかな?」
 なんて思っていたんですが、
 自動運転の実用化は
 だいぶ遠いのかもしれません。

 実は先日、
 あるところで、
 ある自動運転の研究者と
 話す機会があって伺ってみたところ
 「当初ほど楽観的ではない」
 と言うのです。

 「当初は、ディープラーニングの
  アルゴリズムが進化していくことによって、
  データさえあれば自動運転が可能になる
  と思っていたが、
  それほど甘くはない」そうなんです。

 なるほど・・。

 確かに最近、アメリカで
 自動運転の実験車が事故を起こした
 というニュースがいくつかあって以降、
 めっきり自動運転のニュースが
 減りましたもんね。


自動運転のキャンピングカーが欲しいと思っていたけど・・_c0137404_22511112.jpg


 「レベル3」以上の自動運転の実用化は
 けっこう先のことになるのかもしれません。

 となると、どうしますかねぇ。
 それまで待って貯金した方がいいのか?
 程よいところで買うのがいいのか??

 もともと大型のキャンピングカーというよりも
 小型の車中泊プラス・アルファくらいの
 クルマがいいなと思っていたんです。

 ただ、値段に見合った理想的なクルマが
 なかなかないんですよねぇ~。

 車中泊を楽しむ程度のことなら
 今のクルマでもできちゃうし、
 と考えると、
 何も新しく買わなくてもいいかなと
 思っちゃうんですよね。
 
 うん、っま、まだまだ
 今のクルマを大事にしますかね。
 それも環境に優しいことなんじゃないか
 とも思えますもんね。

 ということで、
 当分は今のクルマを改良したりして
 大事に大事に乗って行こうかと思います。


自動運転のキャンピングカーが欲しいと思っていたけど・・_c0137404_20504162.jpg

自動運転のキャンピングカーが欲しいと思っていたけど・・_c0137404_20351607.jpg
リアスペースは軽のキャンピングカーより広いくらい


by acogihito | 2020-03-02 23:37 | ☆アウトドア | Comments(0)