<   2020年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

打田十紀夫さんのベスト盤CD付き楽譜集

打田十紀夫さんのベスト盤CD付き楽譜集_c0137404_09074769.jpg


 リットーミュージックから発売された
 打田十紀夫さんのベスト盤付き楽譜集
 「打田十紀夫 フィンガースタイル・ギター・ベスト
 を購入しました。

 本のタイトルは、
 「打田十紀夫 フィンガースタイル・ギター・ベスト」
 ですが、
 内容は、
 「フィンガースタイル・ギター 打田十紀夫ベスト」
 という感じです。

 えと、どういうことかというと
 上記の意味では、
 様々な活動をする打田十紀夫さんの中でも
 フィンガースタイル・ギターのベスト
 という感じですが、
 後記の意味では
 フィンガースタイル・ギターの世界の
 打田十紀夫さんのベストという
 意味になるんじゃないかなぁ~と・・。

 まあ、めんどくさいことは抜きにして
 CD単体では発売されていない
 打田十紀夫さんの
 オリジナル曲のベスト盤のCDが付いた楽譜集。
 それで2800円+税はお得な感じです。

 打田さんのCDを持っていない人には
 おすすめの楽譜集!
 
 CDを持っていないのに楽譜集っていうのも不思議ですが、
 そんなベスト盤CD付きの楽譜集なんですね。

 実際に弾かなくても
 楽譜を見ながら聞いていると
 曲の構造もわかる感じがします。


 ところで今、
 打田十紀夫さんの
 「毛鉤釣りに行こう」の練習をしているんですが、
 楽譜で見た印象より
 ずっと難しいです。

 というのは、
 開放弦を混ぜた
 オープンハイコードが多用されていて、
 それがギターらしい
 きれいな響きを出しているんですが、
 そうすると
 ギターの3弦とか4弦とかより
 1弦とか2弦のの方が低い音だっり
 右手のフィンガリングが
 自分の感覚と違うので
 なかなか慣れないんです。
 
 さらにメロディーの割に
 左手が動かない。
 
 だから弾きやすいように感じるんですが、
 メロディーが動くので
 感覚的に左手小指が動いちゃうんですが、
 動かさず、同じポジションで
 右手を複雑に動かして
 6本の弦をすべて使って
 メロディーを作っているんですよね。

 今まで弾いてきた
 多くの曲と違う右指の動かし方に
 戸惑いながらも
 在宅勤務しながら楽しんで練習しています。

 ギターがあって良かった!



by acogihito | 2020-04-27 09:07 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

「毛鉤釣りに行こう」の練習を始めました!

「毛鉤釣りに行こう」の練習を始めました!_c0137404_10473060.jpg


 今年の目標は、
 新曲を練習せず
 今まで練習してきた曲を極めよう

 なんて思っていました。

 ですが、
 新型コロナウイルスの感染が拡大し
 在宅勤務が続くようになると、
 片道約2時間の通勤がなくなるなど
 ありがたいことに自由時間が増えたので、
 予定を変更して
 新曲を練習することにしました。

 曲は、
 打田十紀夫さんの「毛鉤釣りに行こう」。

 打田さんのアルバム「想い出の鱒釣り」の
 一番最後に入っている曲です。

 このアルバムは、
 ボクが一番初めに聴いたソロ・ギターのCD
 いつかは弾いてみたいと思った曲が
 何曲も入っています。

 その1番目、
 タイトル曲の「想い出の鱒釣り」は
 以前に練習し、
 弾けるようになりました

 で、今度はこの機会に
 「毛鉤釣りに行こう」に
 チャレンジしようというわけです。

 ミディアムテンポで
 ラグタイム調のこの曲は、
 とってもウキウキした気分になります。

 ボクには
 毛鉤釣り行こうというよりは、
 キャンプに行こう!
 というイメージなんですよね。

 今は、
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため
 外出が自粛され、
 不要不急の外出は控えるように
 他県への移動は控えるように言われ
 密閉・密集・密接にはならないはずの
 大好きなキャンプに行くこともままなりません。

 ですので、
 今はこの曲を練習して
 キャンプ気分を高め、
 終息したころ
 実際にキャンプ場で弾けるようにしてみよう
 というわけなんです。

 キャンプに行く時のウキウキ気分、
 太陽の陽ざし、
 心地よい風に包まれる気分、
 そして美味しいものを食べる気分を想像して
 少しずつ練習しています。

 こんな時だけど
 なんかすっごく楽しい!

 
「毛鉤釣りに行こう」の練習を始めました!_c0137404_11084865.jpg
 

by acogihito | 2020-04-20 10:47 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」

気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」_c0137404_16583674.jpg


 今、とっても気になるギターがあります。
 フェンダーの
 「アメリカン・アコースタソニック・テレキャスター
 というギターです。

 もう、まさにアコースティック・ギターと
 エレキ・ギター合体したようなギターです。


気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」_c0137404_16583633.jpg


 同じようなギターに
 テイラーの「T5」シリーズがありますが、
 それよりも
 よりアコースティック・ギター的という感じです。

 下のプロモーション・ビデオの
 1分45秒あたりを見てください。
 けっこう生鳴りがするようなんですよね。

 

 

 サウンドホールは、
 「トルナボス」になっているんでしょうか。

 スピーカーのバスレフ方式のように
 低音が響く仕組みが採用されているようです。


気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」_c0137404_17320462.png


 うむむ、気になるギターだ。

 だけど新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、
 外出自粛が呼び掛けられている今は
 楽器屋さんにも行けないなぁ。
 第一、営業も自粛しているかもしれない・・。

 
 ところで、
 このプロモーション・ビデオの
 2分くらいのところで、
 「夜、ソファーに座りながら弾くのにも良い」
 なんてことを言ってるんですが、
 そのコンセプトは、
 まさに「クワイエット・ギター」と同じです。


気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」_c0137404_17291292.jpg


 そして、横山さんに作っていただいた
 「クワイエット・ギター」
(プロトタイプ)には、
 マルチ・サウンドホールと呼べるような複数の穴が
 マリンバなどの共鳴パイプのように開いていて、
 バスレフスピーカーのように共鳴して
 低音域が強調されています。

 ボディの容量が小さく、
 本来ならペラペラな音しかしないところを
 工夫して厚みを出しているところも
 ちょっと似ているかも!


気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」_c0137404_1571642.jpg


 ボクの場合、
 深夜の静まり返ったマンションでも安心してい弾ける
 小さな音だけど、ちゃんとアコギの音がするギター
 というコンセプトだったので、
 ピックアップは取り付けませんでしたが、
 このクワイエット・ギターの
 製品化バージョンには、
 ピックアップが付いてますからね。

 まさに同じようなギターです。


気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」_c0137404_20575093.jpg


 ただ、今回のフェンダー・ギターの方は、
 フィッシュマンと共同開発した
 ピックアップや電子回路が入っていて
 プロモーション・ビデオを見る限りでは
 かなり良い感じにいろいろなタイプの
 アコースティック・ギターの音を
 シミュレートできるところが魅力的です。


気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」_c0137404_17320439.png


 う~む、どんどん進歩してくるなぁ~!


気になるフェンダー「American Acoustasonic Telecaster」_c0137404_17392531.jpg

by acogihito | 2020-04-13 17:58 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

相次ぐ「中止」に涙・・・

相次ぐ「中止」に涙・・・_c0137404_10583800.jpg


 新型コロナウイルス感染症の
 感染拡大防止のため、
 4月11日(土)開催予定だった
 「フィンガーピッキングデイ」が開催中止。

 さらに5月30日(土)、31日(日)開催予定の
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス」も中止。

 どちらも毎年楽しみにしているイベントだけに
 残念でなりません。


相次ぐ「中止」に涙・・・_c0137404_10583891.jpg


 5月31日(日)には
 「ギターカーニヴァル」も開催されます。

 でも、ゲストのドン・ロスさんは
 アメリカから来日できないでしょうし、
 まだ正式発表はされていませんが、
 こちらも中止を余儀なくされそうです。
 
 今年も行こう
 早々にチケットは買って
 楽しみにしていたんですが、
 覚悟しておかなければなりませんね。


相次ぐ「中止」に涙・・・_c0137404_10583840.jpg



 そのほか、
 ライブを中心に活動されているギタリストのみなさん、
 ライブハウスを運営されている方なども
 収入が断たれ、
 つらい思いをされていると思います。

 早く終息してくれないと
 大変な事態になりかねません。


 外出自粛なら
 家でギターを弾いていいればいいや
 なんて、のんきに考えていましたが、
 相次ぐ中止などのジャブが
 徐々に効いてきて
 ストレスになりつつある
 今日この頃です。



by acogihito | 2020-04-06 23:58 | ★アコギ関連 | Comments(2)