楽器フェアで南澤大介さん&中川イサトさんのライブを見て来ました

   11月4日、パシフィコ横浜で行われていた「楽器フェア」に行ってきました。

c0137404_2330996.jpg

   でも目的は、「楽器フェア」そのもではなくて、
   モーリス・ギターのブースで、ボクが今、密かに「アコギの師」と崇める、
   南澤大介氏と中川イサト氏のミニ・ライブが同時に見られるからなんです。

c0137404_11194795.jpg

   もう、パシフィコ横浜に着くなり、「楽器フェア」のメイン会場を通り抜け、
   モーリス・ギターのブースがある「ハーバー・ラウンジ」へまっしぐら。

   ちょうど南澤大介氏の1回目のステージが始まったところでした。

c0137404_23302845.jpg

   ボクは今、南澤大介氏の「ソロ・ギターのしらべ」シリーズの中から、
   自分が弾きたい曲、弾けそうな曲をチョイスして一生懸命、練習中なんです。

   今までに弾けるようになった曲は、練習順に

     1.「イエスタデイ」 2.「虹の彼方に」 3.「明日があるさ」
     4.「悲しみの恋人たち」 5.「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」 6.「ナイト・アンド・デイ」
     7.「イパネマの娘」 8.「アイム・ノット・イン・ラブ」 9.「イエスタデイ・ワンスモア」
     10.「スターティング・オーヴァー」 11.「第三の男」

   結構ちゃんと弾けるのもあれば、まだまだのものもあります。

c0137404_2521666.jpg

   DVDも持っていて演奏法などを学んでいるんですが、
   やっぱり実演(ライブ)は、「生」の感覚が伝わってきて最高ですねぇ~。

   手元なんかはDVDの方がよく見えてるはずなんだけど、
   やっぱり「生」の感覚にはかないません。

c0137404_253787.jpg
南澤氏のギターは「Morris S-121SP」

   2回目以降は、一番前を陣取って、的確な運指を間近で観察。
   あたりまえだけど、やっぱり大したもんだよなぁ~。 

   でも、「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、
   間近で見ていると、感覚的に「わかる」ような気がしてくるから不思議なものです。

c0137404_23305366.jpg

   「楽器フェア」のメイン会場は、エレキギターだの、ベースだの、シンセだの、DJだの、
   いろんな音がごちゃごちゃしていて、かなり賑やかなんですよね。

   でも、そこから離れた「ハーバーラウンジ」は、静かだし、
   窓の外には海とベイブリッジが見える、とってもさわやかで落ち着いた空間なんです。
   しかも、特等席で師匠の演奏に集中することができたんで、もうモーリスに感謝感謝です!

   さらに師匠は、演奏が終わるとロビーに出てきて、
   ファンや秘かな弟子たちとの触れ合いを大切にしてくれます。
   そこで、初歩的な質問をしても嫌な顔一つ見せずに丁寧に答えてくれます。

   5月の秋葉原「Laox楽器館」でのミニライブでもそうでしたが、
   今回も質問させていただき、「なるほど!」と思うことがたくさんありました。

   そして今回は、目の前で、マイケル・ヘッジズの「ラガマフィン」という
   超上級の名曲のさわりなども目の前で披露してくれました。
 
c0137404_10473035.jpg

   そんでもって、南澤氏愛用の「Morris S-121SP」とともに記念写真。
   ありがとうございましたっ!

*   *   *

   一方、中川イサト氏のライブは、9月のアコギでGO! Special!!以来。

c0137404_23311226.jpg

   でも今回は、あの時よりも圧倒的に近い距離から見られたので、感激もひとしおです。

c0137404_23311922.jpg

   ボクは、中川イサト氏のCDや譜面もたくさん持っていて、
   「いつかは弾けるようになりたい」と思っている曲が何曲かあります。

c0137404_23312742.jpg
中川氏のギターは「Morris SS-131R」かな?

   今回は偶然にも、
   そんな「いつかは弾きたい」と思っている“上位4曲”の内の、“3曲”も演奏してくれました。

   ちなみにその3曲は、「Mah-Jong Piece」「Chotto Tropical」「堂山町の夜は更けて」。

   4番目は「Bali」という曲だったんですが、
   代わりに、それと似たタイプの「Magic Island」を演奏してくれたし、
   なんだか、ボクのために次々に演奏してくれたような気がして、感激でしたっ!

c0137404_23313376.jpg

   この日の南澤大介氏のステージ3回、中川イサト氏のステージ3回、
   全部、かぶりつきで見てしまい、帰る頃にはすっかり暗くなっていました。

   「楽器フェア」に行っても、ほかの楽器はほとんど見ることなく、
   ズ~ッとモーリスのブースにいましたが、大満足な一日でした。
   改めてモーリス(モリダイラ楽器)に感謝です。


(まっ、ボクも一応、モーリス・ギターのオーナーですから、お得意さんということでいいですよね?)

# by acogihito | 2007-11-04 23:32 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

口笛を吹こう

c0137404_083368.jpg
口笛を吹こう」という本を見かけました。
内容は、「初歩からの口笛の吹き方講座」で、
お手本のCDも付いています。

今、ソロ・ギターの練習をしてるんだけども、
「曲によっては部分的に口笛を入れてもいいかもなぁ」
なんて思ったんで買ってみました。
ギターにブルースハープの組み合わせは、
割とよくあるパターンだけど、
いつでも体に付いている楽器の口笛は
もっと手軽だし、
「ちょっとやってもいいんじゃないかな?」
とも思ったもんでねぇ。

  で、早速、最初の方を読んでみると、
  「口笛は、くちびるの周りの“口輪筋”という筋肉を使うので、
  たるみがなくなって、顔のシルエットが綺麗になる
」なんて、
  その効能が書いてありました。

  ほう・・。
  まあ、別にそういうことを気にしているわけじゃないけど、
  男だって顔のシルエットが綺麗になって悪いことはないしねぇ。
  こりゃ、一石二鳥だな!

  で、本に従って、ちょっと吹いてみたんだけど、
  ありゃりゃ、これが思った以上に、うまく音が出ないんですよ。
  なんだかスカスカ空気が抜けちゃう感じで・・。

  そういや口笛って、子供の頃、夜に吹いたら、母親に
  「夜、口笛を吹くもんじゃない!」って怒られたから、あんまりいいイメージはなかったし、
  だからか、口笛なんて吹く習慣がないまま、今まで来ちゃってるからなぁ・・。

  だけど、ビートルズの「TWO OF US」とか、
  ジョン・レノンが、ちょっとした時に吹く口笛ってかっこいいし、
  「歌を歌う代わりに、ちょっと気の利いた口笛が吹けるのも悪くないな」と思いつつ、
  これからは少しずつ意識して、「口笛の練習もしてみようかな?」なんて思っています。

# by acogihito | 2007-11-02 00:31 | ☆その他 | Comments(0)  

渋いねぇ、28年ぶりのイーグルス

c0137404_22363812.jpg
 1979年10月発売の『ロング・ラン』以来、
 およそ28年ぶりの
 フル・スタジオアルバムだってさ。
 しかも2枚組!

 早速、買って聴いてみました。

 サウンドは28年たっても変わらず、
 昔のイーグルスそのもの。

 でも、ただ単純に懐かしいだけじゃない。

  アルバム・タイトルの『Long Road Out of Eden 』は、
  「エデンからの遙かな道のり」という意味で、イラク戦争への反戦歌なんだね。
  歌詞はアルバム全体を通じてメッセージ色の強いものが多い。
  28年ぶりに動きたくなる「何か」、伝えたい「何か」が、「今」あったんだろう。

  ところで、「28年前のボクは?」と言えば、「バンド活動」に興味を持ち始め、
  アコースティック・ギターから離れ始めた時期になる。
  今年になって、また再びアコギの練習を始めたボクにとって、
  そういう意味では、ボクも「およそ28年ぶりにアコギを始めた」ことになるんだな。

  28年・・・。長い時間だよなぁ~。
  でも、イーグルスと同じように、今また、新たに挑戦するのはいいことだよね?

# by acogihito | 2007-10-31 22:36 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

たまには芝居もいいもんだねぇ!

c0137404_0131680.jpg

  知人が出演しているお芝居を中野の「ザ・ポケット」というところに見に行ってきました。
  タイトルは「私が今この世界に生きていることを」(脚本・演出 友澤晃一)

  舞台セットはレトロな大衆食堂だけで、それこそ大衆演劇にありそうなセットなんだけど、
  ストーリーは、草彅剛主演の映画「ホテル・ビーナス」と
  村上春樹の小説「ノルウェーの森」を合わせたような感じで、
  それぞれに心に傷を持つ人々が集う、そこは精神病院なのか?という不思議な空間で、
  それぞれに本当の自分と生きる意味を求めていくというもの。

  個人的には少々重いストーリー展開のような気がしたかな。
  もう少し笑いがあって、その中にホロリとさせる部分があった方が
  より良かったんじゃないかと思ったんだけど、どうだろう?

  でもね、芝居はやっぱり目の前で役者が演じるのがいいですね。
  ダイレクトにいろいろなものが伝わってきます。
  これは音楽のコンサートとはまた違う「生」の良さですよね。

  それと一つの空間をいろいろな空間に見立てたり、
  時系列や位置関係も立体的に、さまざまに見せることができるのは、
  映画にはない演出手法でとっても興味深いです。

  小さな劇場での公演だから、終了後しばらくすると、
  役者さん達が客席やホールに出てきて、観客と話すこともできます。

  舞台で見るともっと大柄の人かと思った人が小さかったり、
  もっと年配なのかと思ったら普段着になるとずいぶん若かったり。
  みんな情熱を持って頑張っている人たちで、
  そういうのも見るのも、これまた楽しいんですよね。

  また機会があったら見に行きたいなぁ。

c0137404_0151329.jpg

# by acogihito | 2007-10-23 23:16 | ☆その他 | Comments(0)  

竜胆(りんどう)をトレードマークに

  10月22日は、ボクの誕生日なんです。

  で、友人(女性)から、
  「りんどう」と「ワックス・フラワー」を組み合わせた花束をいただきました。

  ありがとう。
  「りんどう」かぁ~、いいねぇ~。

  ちなみにボクが、相棒である「Morris S-102Ⅱ」を選んだ訳は、
  そのギターが良かったのはもちろんだけど、
  「S」は自分のイニシャルだし、
  「102Ⅱ(1022)」は自分の誕生日だしってこともあるんですよね。

  また、「S-102Ⅱ」は、ヘッドと12フレットのポジション・マークに
  「りんどう」がデザインされているんだ。
  その「りんどう」は、語感が自分の名字に近い響きだから、
  なんとなく親しみを感じるんですよね。

  そんな訳で、
  今後は「竜胆(りんどう)」をボクのトレードマークにしようかな、なんて思います。

  まあ、「りんどう」は、正式には10月20日の誕生花なんだそうだけど、
  たった2日違いだし、広い意味では、秋の花、10月の花なんだし、
  花の雰囲気も、花ことばの「あなたの哀しみに寄りそう」ってのも、
  アコギ・ギタリストっぽくて悪くないじゃないかな??

c0137404_1354285.jpg
いただいた「花束」と「Morris S-102Ⅱ」、12フレットの模様が「りんどう」になっている。

# by acogihito | 2007-10-22 23:22 | ★アコギ関連 | Comments(0)