いいね! リンゴ・スター

c0137404_20245815.jpg


 リンゴ・スターの通算20作目となるスタジオ・アルバム
 「WHAT'S MY NAME」を購入しました。
 (写真、真ん中のCD)

 リンゴがライブの際、
 「WHAT'S MY NAME?(ボクの名前は?)」と聞き
 観客が「リンゴ!」と答える
 コール・アンド・レスポンスを
 アルバム・タイトルにしたそうです。

 前回、リンゴのライブを観に行ったのが2016年
 その後にもう2枚もアルバムを出しているんですよね。

 2010年代に入ってから
 ほぼ2年に1枚出すハイペース。
 今回のアルバムを含め、
 すでに5枚も出ています。
 (写真、CD4枚と今回のCD)

 すごいですよね!
 全盛期の1970年代みたい。
 

 リンゴのアルバムのいいところは、
 良くも悪くも「リンゴである」こと。

 どういうことかっていうと、
 ポール・マッカートニーだったら、
 声が出なくなったな?とか、
 曲もイマイチかな?とか、
 さすがに限界かな?とか、
 どうしても全盛期と比較しちゃうじゃないですか。

 でも、リンゴの場合、
 元々、声がいいわけでも
 歌が上手いわけでもないし、
 作曲家としてしても
 ビートルズの他の3人と比較すれば
 見劣りしてしまうから、
 始めっからそれほど期待してないんですよね。

 でも、聴いてみると、
 以前に比べ歌が上手い!
 歳をとっても声が出てる!
 以前よりいいくらい!!
 79歳のはずなのにスゴイ元気!
 と、聴いていてうれしくなる内容なんです。

 しかも、曲は、
 優秀な人に一緒に作ってもらう感じ。
 まさに「With A Little Help From My Friend」なんですね 。

 演奏も
 リンゴ・スター・ヒズ・オールスターバンドの
 超一流ミュージシャンと一緒なので、
 すごくロックしてるんですよね!

 例えばイーグルスで
 「ホテル・カリフォルニア」の
 ギターソロを弾いたジョー・ウォルシュや
 TOTOのスティーブ・ルカサーが参加。
 特にこのアルバムではルカサーが大活躍です。
 前回のリンゴ・スター・ヒズ・オールスターバンドの
 来日公演でも一緒
でしたもんね!

 今回のアルバムで
 ルカサーが作った曲は、もろTOTO風で
 TOTOファンでもあったボクは大喜び!!
 それをリンゴが歌っているのが不思議なくらいです。

 80年代から90年代にかけて、
 40代~50代くらいは、
 アルコール依存症とかで
 だいぶ苦しかったリンゴですが、
 70代の今は、背伸びすることなく、
 こころから音楽を楽しんで作っている感じが
 聴いていてとっても心地いい!

 う~ん、こういう歳のとり方、
 素敵です!

 では、アルバム・タイトル・ナンバー、
 「What's My Name」を!!
 作曲は80年代に活躍したバンド
 「メン・アット・ワーク」のコリン・ヘイ。
 スティーブ・ルカサーも
 ギターで参加しているご機嫌なナンバーです!




 「ホワッツ・マイ・ネーム
  コンサートでも 車でも
  酒場でも また演奏しても
  モノラルでも ステレオでも
  ラジオのスイッチを入れる

  ずっと同じものなんてひとつもない
  でも僕はまだ現役
  僕の名前は?
  リンゴ!!


# by acogihito | 2019-11-04 23:24 | ☆その他 | Comments(6)  

シタールを堪能

c0137404_17153018.jpg


 2019年10月26日(土)
 シタールの生演奏が聴けるライブに行ってきました。

 千葉市文化振興財団が主催する
 ワンコインコンサートという
 500円で堪能できるありがたい企画です。

 会場は自宅からクルマでちょっと行った
 幕張コミュニティセンターホールです。


c0137404_17153575.jpg


 シタールの演奏は、サワン・ジョシという方で、
 ピアノが野崎洋一という方。

 シタールとピアノの組み合わせは珍しいそうで、
 始めは、自由気ままな音程を出すシタールが、
 きっちり決まった音程のピアノに制限されて
 窮屈そうにも感じましたが、
 次第に溶け合って聴こえてきて
 素晴らしい世界を感じました。


c0137404_17153706.jpg

 
 シタールといえば、
 ビートルズでジョージ・ハリスンが弾いているので、
 「ノルウェーの森」など、ビートルズの曲として
 「音」は聴いたことがあるですが、
 「生」で演奏を見るのは始めて。
 ましてやどういう仕組みなのかも
 分かっていなかったので興味深々でした。

 なるほど、
 シタールというのは、
 ギターなど、和音を弾ける楽器と違って、
 短音楽器なんですね。

 でも、複数の共鳴弦が付いているので
 音に奥行きというか、幅があります。

 ギターのフレットに当たる部分がアーチ状になっていて、
 共鳴弦はその下に張ってあります。
 ネックの上のペグが共鳴弦のチューニング用だそうです。

 また、ブリッジが、
 点で弦を支えるのではなく、
 面で支えるので、
 独特のミョ~ンという音になるんですね。

 そうそう、ボクも南澤先生に習って
 ギターにシタール風のエフェクトを付けて
 「ノルウェーの森」を弾いたことがあります。






 今回、本物のシタールの演奏を見れて、
 そしてシタールそのものも近くから見ることができて
 とっても勉強になりました。

 弦楽器っていろいろあって面白いなぁ~。

 帰りには、
 サワン・ジョシさんのCDを購入。
 サインもいただきました。

 

c0137404_17154100.jpg


 この千葉市文化振興財団が行っている
 ワンコインコンサートって、
 以前、南澤大介先生も出演されたことがあるし、
 そのほかにもギターのライブがあったりして、
 なかなかいいんですよね!
 しかも500円という格安!

 ありがとうございます。

 また機会があったら行ってみたいと思っています。
 

c0137404_17154428.jpg

# by acogihito | 2019-10-28 23:14 | ☆その他 | Comments(0)  

「カセットテープ」のブーム再来だって

c0137404_15023347.jpg


 “カセットテープのブーム再来
 なんていう記事を見つけました。

 へぇ~、カセットテープがねぇ~!

 ボクにとってカセットテープは、
 かつては生活に欠かせないものでした。
 学生時代のバンド演奏を録音したものなど、
 カセットテープが原盤になっているものは
 今でも捨てずにとってあります。

 でも、その後、CD-Rに
 CDと同じレベルの録音を自宅でできるようになって
 なんて画期的なんだろうと思ったものでした。

 ところが今、
 カセットテープが再来なんて
 どういうことなんでしょうねぇ?

 ノスタルジックなのか、
 それともアナログレコードのように
 デジタルとは違う音質を求めてのことなのでしょうか。

 でも、映像と比べると、
 音は確かにアナログとの相性が
 いいように感じます。

 デジタルと違って、
 どこかに物理的動作があるアナログって、
 毎回微妙に違う部分があったりして、
 それが人間的なのかもしれませんねぇ。

 よくいう「1/f ゆらぎ」というやつがあって、
 人間に癒しやリラックス効果を
 与えてくれるのかもしれません。

 かつては大敵だったカセットテープの
 「ワウ・フラッター」なんていう「回転ムラ」に
 実はそういった効果があったのかもしれませんよね。

 そうすると、きっちり作ったデジタルの音源を
 カセットテープやアナログレコードで聴くと
 「1/f ゆらぎ」が加味されて、
 CDなどで聴くより心地良いのかも??


 「1/f ゆらぎ」は「炎」にもあると言われますが、
 確かにキャンプで焚き火を見ていると、
 それだけで癒されますもんね。

 それと、たぶんアコースティック・ギターの音色にも
 「1/f ゆらぎ」はあるんじゃないかと思います。

 押さえ方や弾き方によって
 毎回、音色や、チューニングさえも
 微妙に変わっちゃういめすもんね。

 だけど、そんな曖昧な所が
 「1/f ゆらぎ」を生み、
 リラックス効果につながっているのかもしれません。

 「カセットテープのブーム再来」
 なんていう記事を読んで、
 そんなことを考えてしまいました。


c0137404_16302545.jpg
c0137404_16303055.jpg
超アナログな「1/f ゆらぎ」の世界

# by acogihito | 2019-10-21 23:02 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

打田さんの楽譜集

c0137404_09051097.jpg


 打田十紀夫さんの最新CD
 『Beyond the Old Memories
 に対応した楽譜集
 「Tokio's Acoustic Blues Collection
 打田十紀夫/ビヨンド・オールド・メモリー完全コピー楽譜集

 が発売されたので早速 購入しました。

 実は、このCD、お気に入りで、
 毎朝、聴いているんです。

 以前はFMラジオを聴いていた朝なんですが
 人の声や新しい情報についつい行動が止まり、
 朝の支度に時間がかかってしまうことがあるんです。

 で、朝の支度のBGMに
 村治佳織さんのCD『シネマ』を
 かけていたらとても良く、
 「ビヨンド・オールド・メモリー」が発売されてからは、
 このCDにして、以来、ほぼ毎日かけています。

 村治さんの「シネマ」は、
 映画音楽をクラシック・ギター・テイストで演奏したCDで、
 そのクラシック加減がちょうど良くて聴きやすかったんですが、
 打田さんのこのCDはブルース加減がちょうど良いんです。

 また、収録時間が約54分というのも
 ボクには都合が良くて朝の支度にはぴったり。
 「この曲になったからシャワーを浴びよう」とか
 時計代わりにもなるんですよね。

 そんな風に親しんでいる
 「ビヨンド・オールド・メモリー」なので
 楽譜集も買ってみたというわけなんです。

 「弾こう」というよりも
 どんな構成なのか、
 どんなからくりがあるのか、などなど。
 毎朝聴いている曲だし、
 勉強になるのではないか?
 CDの解説にも曲の説明は書いてありましたが、
 チューニングや奏法の説明はありませんでしたからね。
 曲を譜面やTAB譜を見ながら聴くだけでも
 勉強になるのではないかと思っています。
 
 ありがとうございます。
 これでまた楽しみが増えました!
 

# by acogihito | 2019-10-14 23:04 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

エスケープで逃避行 その12

c0137404_20504094.jpg


 2019年10月5日(土)
 久しぶりに愛車エスケープで
 東京都心を抜け出し、郊外へ!

 東京には都心部から郊外へ
 東名、中央、関越、東北、常磐、東関道
 と、高速道路が延びていますが、
 ボクは圧倒的に中央高速が好きですね。

 山梨の富士五湖方面や
 長野の諏訪・松本方面が好きなのもありますが、
 ユーミンの名曲「中央フリーウェイ」の影響も
 あると思っています。

 今でも鮮明に覚えているんですが、
 高校の時、多摩テックという今は無き遊園地に
 遠足で行った時のこと。

 バスの中で
 みんなで「中央フリーウェイ」を歌っていて、
 ちょうど♪右に見える競馬場、左はビール工場~
 の歌詞になった時、
 本当に競馬場とビール工場があって
 とても感動したんです。

 以来、中央高速が好きになり、
 毎回、そこを通るたびに
 「中央フリーウェイ」のメロディーと
 歌詞が頭をよぎります。
 

c0137404_20504052.jpg


 そして、今回も!

 右には府中にある東京競馬場、
 左にはサントリーのビール工場。
 この道は、
 ボクの心を解き放つ
 まるで滑走路です。


c0137404_21415283.jpg


 八ヶ岳も好きですね!

 登ったことはありませんが、
 20代の頃は、
 その麓の清里や原村のペンションなどに
 遊びに行きました。

 今、ペンションって
 どうしちゃっているんでしょうねぇ?

 ちょっと気にかかりながらも
 あまり現実を知りたくはないという気もします。
 そして時間の流れも感じます。



c0137404_20504145.jpg


 さて、今回の目的地のひとつは、
 松本市波田にある「よっちゃん」です。

 ぞう、ここはヨコヤマギターズを販売している
 ワンダートーンのS社長の奥様が
 切り盛りしているお店。

 前回来たのが、
 2018年7月でしたから、
 1年3カ月ぶり!

 もうそんなになるんですねぇ~。

 今年に入ってなんだかんだと忙しく、
 エスケープでの逃避行もできなかったからなぁ~・・。


c0137404_20504195.jpg


 そして早速いただきました!
 
 富士宮焼きそばに特製ステーキ、
 特製ソーセージ、
 そして大阪お好み焼き。

 このB級グルメーのフルコースが
 大のお気に入りで大好物なんです。

 久しぶりに食べたけどやっぱり美味い!

 土曜日だったので、
 S社長も来てくれて、
 ギター談議や音楽業界の実情など、
 楽しかったり、深刻だったり、
 いろんなお話もでき
 有意義な時間を過ごすことができました。

 ごちそうさまでした!
 そして、ありがとうございました!

 

c0137404_20504162.jpg


 さて、夕刻が近づいてきたので、
 松本から東京方面にちょっと戻って塩尻へ。

 今回もお気に入りの高ボッチ高原へ向かいます。


c0137404_20504133.jpg


 眼下に見下ろす諏訪湖に諏訪市の街並み。
 
 この景色は、
 映画「君の名は。」の
 モチーフのひとつと言われていますよね。

 そして、山の反対側に行けば
 松本の街並みも見渡せます。

 いいですよねぇ!
 こんなところまでクルマで来れちゃうんですから。

 今夜は、そんな高ボッチ高原で車中泊です。


c0137404_20504102.jpg


 車内はこんな感じです。

 カプセルホテルよりちょっと広い
 といったところでしょうか?

 この手のクルマにしては天井が高く、
 思ったより広く使え、くつろげます。

 で、この夜は、
 ラグビー・ワールドカップの
 日本対サモアの試合があったので、
 テレビで観戦しながらギターも練習。

 そして、窓の向こうには
 松本の街並みの夜景!


c0137404_20504132.jpg


 外に出ると、
 ひんやりして、
 身が引き締まります。

 テレビを見て、
 ギターの練習をして、
 家でやっているのと同じような事を
 全然違うの場所でやるのって
 何か気持ちがいい!


c0137404_20504170.jpg


 そして、この夜は、
 家のベッドで眠る以上に
 ぐっすりと眠ってしまいました。

 なんか、車内に敷いているマットの具合が
 とても良いんですよね。


 ところで、
 愛車のエスケープですが、
 もうかなりの高年式で、
 今年の春ごろは真剣に買い替えも考えたんです。

 でも、いろいろなクルマを調べてみると、
 改めて今のボクにはこのクルマの使い勝手が
 ちょうどいいんだなということを認識しました。

 まず、内装は余計なものがなくシンプル。
 だから思ったより広く使え、
 リアシートを倒せば荷室は完全なフラットになります。
 これが車中泊にはとっても使い勝手がいいんですよね。

 ボディスタイリングも
 奇をてらったところもなくこれまたシンプルで、
 飽きのこないデザイン。

 一方、エンジンは
 DOHC24バルブ V6 3000CC。
 一昔前のスポーツカーのようで、
 パワーがあってどんな道でもガンガン走れます。
 燃費は良くないですけどね。

 いろいろなクルマを見たけれど、
 どうも帯に短したすきに長しで
 なかなか「これだ!」というものがありませんでした。

 なので、当分はお世話になろうと思っています。

 よし、またエスケープで出かけよう!
 エスケープで逃避行しよう!


c0137404_20524385.jpg

# by acogihito | 2019-10-07 23:49 | ☆アウトドア | Comments(2)