楽しんできました!「TOKYOハンドクラフトギターフェス2018」

c0137404_08012821.jpg
 

 5月19日(土)と20日(日)の両日、
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス2018」に
 行ってきました。

 会場は、東京・墨田区、
 錦糸町駅南口にある「すみだ産業会館」。
 窓からスカイツリーがくっきり見える場所です。
 

c0137404_07552552.jpg


 今年は、去年より人が多いのでしょうか?
 なんかものすごく活気と熱気があふれる感じです。

 全く同じ日程で、埼玉・浦和では、
 「ギターカーニヴァル2018」が行われているわけですから
 多くのギターファン、ギターマニアが
 浦和と錦糸町に集結したんですかね。

 浦和には南澤先生や打田十紀夫さんも出演されるので
 本当は行きたかったんですけど、
 今回は錦糸町だけにしました。

 来年はかち合わないことを期待します。


c0137404_08245903.jpg


 さて、TOKYOハンドクラフトギターフェス、
 会場内でまず向かったのは、
 例年のように「ヨコヤマギターズ」のブースです。 

 ボクの愛器を作ってくれ、
 いつもお世話になっていますからね。

 だけど人が多くて、
 なかなか挨拶すら出来ないほどでした。

 
c0137404_07570432.jpg
 

 そうして場内を少し回ってから
 ようやくご挨拶。

 横山さんを中心に
 Kさん、Iさんとともに記念写真を撮らせてもらいました。

 Kさんとは
 南澤先生のソロ・ギター千葉教室でずっとご一緒してましたし、
 ずいぶん前のヨコヤマギターズの合宿でもご一緒しました。

 Iさんとはこの日初めてお会いしたんですが、
 このブログで横山ギターに興味をお持ちになられたということで、
 ボクとしては責任重大。
 というか、新しい横山ギターファンが増えてうれしい限りです。

 これからもよろしくお願いします。


c0137404_07570741.jpg
 

 次に訪ねたのは、
 ボクのギターにも素敵なインレイを入れていただいた
 「オガワ・インレイ・クラフト」のブースです。

 今回は新しく
 「ピクチャーフレームインレイ」というものを
 提案されていました。

 これは小さな四角の中に施すインレイなんですが、
 これならこれをルシアー(ギター製作家)さんが
 自ら入れることができ、
 指板に直接入れるより
 コスト面でも安くできるといいます。

 なるほど、確かにちょっとワンポイント、
 何か特徴的なものが欲しいという時、
 お手軽で良さそうですよね!

 ギターに入れなくても
 ネームプレートとか、
 他のものにも使えるかも!


c0137404_07565876.jpg

 
 このほか会場には今年もすてきなギターがズラリ!

 今回は新しいルシアーさんやメーカー、
 さらに海外のルシアーさんが出展されているのが印象的でした。

 でも全出展数が増えているわけもなさそうなので、
 中には出展しなくなった方もいらっしゃるんでしょうけどね。


c0137404_08005293.jpg

 
 そんな中、今回一番気になったギターは、
 「Yoshida弦楽器工房」のガットギターでした。

 実は「ガット弦のギターも1本あるといいな」と
 思っているんですよね。

 でも、なかなか気に入ったデザインのギターがないんです。

 ガットギターって
 クラシックギター然としたギターか、
 カッタウェイがあるとすれば
 エレアコ仕様だったりですもんね。

 しゃれたデザインで生鳴り用に作られた
 ガットギターはないんだろうか?
 と思っていたところ
 やっと見つけたという感じです。


c0137404_08005263.jpg


 このギターは、
 ボクのヨコヤマギター#555に通じるような
 モザイク模様がロゼッタやヘッドに施してあって
 とってもモダンで綺麗ですよね。

 そのデザインはギターの裏側にまで施されています。

 さらにカッタウェイの代わりに
 上下をずらしたようなデザインが洒落ていますよね。

 音も弾いていて気持良く響きます。

 
c0137404_08005211.jpg

 
 う~ん、いいですねぇ~!
 気に入ってしまいました。

 ただ、手が混んでいる分、
 値段もそこそこなんで
 ポンと飛びつくわけにはいきませんけどねぇ・・。



c0137404_08010329.jpg


 さて「TOKYOハンドクラフトフェス」の
 もう一つの楽しみはライブです。

 今回も計7つのライブを堪能。
 
 これで2日間で2000円なんですから 
 安いもんですよねぇ~!


c0137404_08010359.jpg


 まずは19日(土)に行われた
 Okapiさんとドイツから来たズンク・マイナンさんの
 ジョイントライブ。

 ズンクさんは
 ガットギターを使いつつも
 ハイテクギターフレーズを演奏するという
 ちょっと変わったスタイルですが、
 これがなかなか良かった!


c0137404_08010305.jpg


 ライブ終了後は
 迷わずCDを購入しちゃいました!

 この日はこのほか、
 ボサノバ弾き語りのKarenさん、
 ジャズ・ギターの浅利史花さんのライブも
 堪能させていただきました。


c0137404_08010328.jpg
 

 翌20日(日)は、
 朝から矢後憲太さんのライブ、
 そしてウクレレのキモ・ハッシーさんの演奏を堪能。


c0137404_08010457.jpg


 さらに伍々慧さんのライブを楽しみ・・、


c0137404_08010494.jpg


 ヨコヤマギターズ・プレゼンツのライブでは
 上海出身の王 晔慜(ワン・イエミン)さん、


c0137404_08010498.jpg


 そして
 習志野出身の佐久間元樹さんの演奏を楽しみました。

 習志野市はワタクシの住む町の隣町ですからね。
 ご近所にこんなギタリストがいるなんて初めて知りました。
 素敵な演奏をありがとう!
 


c0137404_08010415.jpg


 さらに大御所の岡崎倫典さん!


c0137404_08010428.jpg


 さすがです!
 やっぱり倫典さんの演奏は、
 他の方々とひと味違うというか、
 「これぞプロ」というか、
 貫禄が違う圧巻の演奏でした。


c0137404_08010499.jpg

 
 終了後は、発売されたばかりの著書
 「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集〜珠玉のメロディー20〜」を購入。
 サインを入れてもらいました。
 ありがとうございます!!


c0137404_08012359.jpg

 
★    ★    ★

c0137404_08012328.jpg


 ところで今回は、1日目の終了後、
 ヨコヤマギターズの関係者とファンが集った「食事会」が開かれ
 参加させていただきました。
 
 いろんな人といろんな話ができて
 とっても楽しかったです。


c0137404_08012380.jpg


 そして翌日も
 たまたまタイミングが合い
 横山さんと一緒に昼食を取らせていただきました。

 いやぁ~、楽しく充実した2日間でした。

 春は「フィンガーピッキングデイ」と
 この「ハンドクラフトギターフェス」という
 2大イベントがあって毎年本当に幸せな気分なんですよね!

 TOKYOハンドクラフトギターフェスの主催者の皆さん
 それからヨコヤマギターズの皆さん、
 今年もどうもありがとうございました!


c0137404_18551941.jpg

# by acogihito | 2018-05-21 23:49 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

「レフトハンド奏法」練習中

c0137404_17392226.jpg

 中川イサトさんの
 『Mah-Jong Piece』という曲が弾きたくて、
 ビデオを見たりしながら練習しています。

 この曲は
 右手でピッキングしないで
 左手で弦を押さえたり離したりして音を出す
 『レフトハンド』と呼ばれる奏法が使われています。
  (日本語にすると「左手」、そのまんまww)

 今までやったことがない奏法なので 
 初練習中なんですが、
 左手の指を
 音が出るように弦を叩く感じで素早く
 しかも連続的に動かすので
 ちょっと練習すると
 すぐに左腕上腕部が痛くなってきてしまうんです。

 今まで左手の指を
 こんな風に動かしたことって無かったですからねぇ~。

 それでも
 先々週より先週、先週より今週と
 少しずつ上達しているようで
 徐々にですが、速く、そして安定して弾けるように
 なってきているように感じます。

 そのほか、この曲では
 タッピング・ハーモニクスを使ったりとか、
 今まであんまりやったことがない奏法が目白押し。

 新しいことにチャレンジしつつ、
 少しずつですが、
 できるようになってくるのが
 うれしいんですよね。

 いつ完成するか全くわからないですが、
 しばらくはこの曲の練習を楽しみたいと思います。

 
c0137404_17390620.jpg

# by acogihito | 2018-05-14 23:38 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

GWの最終日は打田十紀夫さんのライブを堪能

c0137404_23362884.jpg


 2018年5月6日(日)、
 ゴールデンウィークの最終日は、
 打田十紀夫さんのライブを堪能してきました。

 場所は、東京・幡ヶ谷にある
 アコースティック・ライブ・バー「36°5」で、
 (「さんじゅうろくてんごど」と読むらしい)
 今回は開店10周年記念のライブでした。

 以前、同じビルの3階に打田さんが運営する
 「TAB ギタースクール」が
 あったことからの縁だそうです。

 そうかぁ、ということは
 以前ここで打田さんのライブを見たのは10年前、
 開店直後だったんですねぇ。

 あれから10年なのかぁ~。

 ちなみに「TAB」とは
 「タブ」ではなく
 「Tokio Acoustic Blues」の頭文字ですから
 「ティーエービー」なんですね。
 1991年に設立してから
 2013年に東小金井に移転するまでの22年間、
 ここ幡ヶ谷にあったそうです。


c0137404_23362871.jpg


 ライブでは、
 巧みなフィンガーピッキングによるブルースの演奏と共に
 幡ヶ谷時代の思い出話を面白おかしく語ってくれ、
 それはもう大笑い!

 打田さんのライブはホント楽しい!
 ソロ・ギター界のエンターティナーですよね!


 そうそう今回、一人で行ったんですが、
 ボクの席の周りには
 TABで打田さんにギターを習っているという方が
 何人もいらっしゃり、
 とっても気さくに
 いろいろなお話もさせていただきました。

 ありがとうございました!


c0137404_23362826.jpg


 後半は、ゲストに幡ヶ谷に住む弟子のMasatoさんが招かれ
 セッションも聴かせてくれました。

 Masatoさんは打田さんにギターを習って20年だそうで、
 はじめた時はまだ中学生だったそうです。
 それが現在は35歳。
 
 「36°5」のお店がオープンしたころは
 まだ10年目のころ。

 その頃ボクは、ソロ・ギターを始めたばっかりの
 右も左もわからない初心者でした。

 10年って長いようで早いようで、
 年代によって感じ方は違うんでしょうが、
 なんか過ぎてみればあっという間です。
 

c0137404_08380312.jpg


 ところで、打田さんの演奏は、
 指の動きがとっても綺麗なのが印象的ですよね。

 ブルースというと荒くれ者の黒人男性が
 グローブのような大きな手で、
 がさつにギターを弾いているようなイメージがして、
 打田さんは柔道をされていたということで
 体もがっしりしてますし、
 プロレスも大好きということで
 イメージはぴったり!
 と思いきや、
 指先はとっても細いんですよね。

 そのギャップが何とも不思議で面白い・・
 というか、やっぱりギターって
 繊細なんだなと改めて思います。
 
 ロックのギタリストも
 力任せに弾いているように見えて
 実はかなりソフトタッチだったりしますもんね!


 いやぁ~、楽しかった!
 そして勉強になりました。

 今回も素敵なライブをありがとうございました!


c0137404_23362870.jpg

# by acogihito | 2018-05-07 23:35 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

“精進”するために (エスケープで逃避行!その9)

c0137404_08324551.jpg


 2018年4月28日(土)
 急に思い立って中央高速を西へ。

 ゴールデンウィークで
 道路は混雑しているようなので、
 少し遅く昼過ぎに出発しました。
 
 まず向かったのは、
 富士五湖のひとつ「精進湖」です。


c0137404_08350064.jpg

 「しょうじんこ」と書いて
 「しょうじこ」と読みます。

 由来は、その昔、富士山を信仰する参詣者が、
 裾野の湖で沐浴し、
 「精進潔斎(しょうじんけっさい)」したからだそう。

 「精進潔斎」とは、
 「行いを慎んで身を清める」ことですから
 精進湖は身を清めるための水場だったんですかねぇ。
 
 つまり読みは「しょうじ」でも
 意味は「精進(しょうじん)」そのものなんですね。

 で、その「精進」の意味は、
 1 雑念を去り、仏道修行に専心すること
 2 一定の期間行いを慎み身を清めること
 3 肉食を断って菜食をすること
 4 一つのことに精神を集中して励むこと。一生懸命に努力すること

 本来は仏教的な意味のようですが、
 一般的には「」の意味で使われますよね。

 ボクも
 「ギター上達のために精進しなくては!」
 なんて思っています。


c0137404_08512234.jpg


 ところで、
 何回も行ったことがある精進湖ですが、
 今回、初めて知ったことがあります。

 それは近くに「精進の大杉」という
 国の天然記念物に指定されている
 大木があること。

 英語名「Shoji's Big Cedar
 ショージス・ビッグ・シダー

 そうか、シダーかぁ。

 ギター好きとしては、
 「杉」と聞いてもピンときませんが、
 「シダー」となると反応してしまいます。

 杉=シダーですもんね。

 シダーといえば
 ボクのギターでは
 「モーリス S-92」の
 トップに使われている材。
 グッと親しみを感じてしまいます。

 一体、どんな大杉、
 ビッグ・シダーなのか?
 これは見に行くしかありません!

 そしてギター上達を祈願しなくては!


c0137404_09001638.jpg


 それは精進湖北岸、
 諏訪神社の境内にありました。

 初め、写真左の大木がそうかと思ったのですが、
 これは「諏訪神社の大杉(Suwa Shrune's Big Cedar)」
 といって違います。

 それでも根元の周囲10メートル、
 高さ38メートルもある大木です。

 目指す「精進の大杉」、
 ショージズ・ビッグ・シダーは
 その左にありました。


c0137404_09090103.jpg


 おお、なるほどでかい!
 
 でも写真では
 その巨大さがよくわからないかなぁ。

 根元周囲12.6メートル、
 高さ40メートル。

 実際に見てみると
 諏訪神社の大杉より、
 ひとまわりもふたまわりも大きく感じます。

 樹齢は約1200年。
 「諏訪神社の大杉」と共に
 諏訪神社の御神木です。

 う~む、さすがに神々しい!


c0137404_09194941.jpg


 誰もいない神社でしたが、
 御神木「精進の大杉」、
 そして「諏訪神社」に
 ギターが上達しますようになどを
 祈願させていただきました。


c0137404_13331769.jpg


 さて、今晩の宿は・・・。

 今回も決めないままの
 気ままな車中泊一人旅。

 愛車・フォード「エスケープ」は
 もうかなり古い車なんですが、
 後部座席の座面を取り外すことができ
 荷台をまっ平らにできて
 けっこう広く使えるんです。

 押し入れの上半分というか、
 カプセルホテルくらいあるでしょうか?

 この空間をテントの中、あるいは
 ちょっとしたキャンピングカーのように
 使えるんですよね。

 最近のSUVはとっても豪華で
 3列シートなんていうのまでありますが、
 2列目のシートを取り外せて
 荷台を広く まっ平らにできるのって
 なかなかないんですよねぇ。

 だから今のボクには
 ちょうどいい使い勝手なんです。

 さあ、今夜の宿、
 場所はどこにしようかなぁ。
 気持ちのいい場所を選びたいなぁ~。


c0137404_09260368.jpg

 精進湖・・・、


c0137404_09260720.jpg

 本栖湖・・・、


c0137404_09261141.jpg


 う~む、だけど
 さすがにゴールデンウィークだから
 キャンプ場や道の駅など
 どこも人がいっぱいです。

 できれば夜は一人静かな場所がいいなぁ。

 もし無ければ
 そのまま帰ってもいいかぁ・・、
 と思った時、
 ふと見つけたのが、
 西湖の とある畔でした。


c0137404_09502176.jpg

 
 おお、ここは静かでいいぞ!
 今夜はここで一泊させてもらいましょう。


c0137404_09563081.jpg


 月がとっても綺麗な晩。
 でも夜になると
 空気がピリッと冷たく
 薄着で来ちゃったので、
 クルマの中でくつろぐことにしました。
 

c0137404_09580013.jpg


 車内は、外から見た印象よりけっこう広くて、
 横幅もあるので思った以上にくつろげるんですよね。

 そして・・・


c0137404_09580563.jpg


 今回はトラベル・ギターとして
 リーフ・クワイエットを持って行ったので
 練習もしちゃいました。
 
 するとどうでしょう。
 御利益なのか、
 今練習している曲
 昨日まで弾けなかったところが
 スラスラ弾けるではありませんか。

 なんか嬉しくて、かなり一生懸命、
 集中して練習してしまいました。

 精進、精進・・・。


c0137404_10051237.jpg

 ぐっすり眠って、翌日も快晴!


c0137404_10051610.jpg


 とっても綺麗な公園も見つけました。


 でもなんか、家でも練習したくなったので
 きょうは早く帰ることにしました。

 そして、コンビニでお土産用に
 地元名物「吉田のうどん」と
 「宇都宮やきそば」のカップ麺を買ったら
 なぜか店員さんがニコニコしているんですよね。

 「どうかしましたか?」と聞いたら
 「数字が1・2・3・4と並びましたね!」と。

 「おお、ホントだ、何かいいことがあるといいんだけど」
 「きっとありますよ」

 本当はプチいいことなら
 すでにあったんですけどね!

 帰りも渋滞にはまることなく家に着き、
 ギターの練習を楽しみました。

 時間にして
 ちょうど24時間くらいのプチ旅行。
 とってもいい気分転換になりました!


c0137404_13331411.jpg

# by acogihito | 2018-04-30 23:32 | ☆その他 | Comments(0)  

気分は「オープンD6」

c0137404_20150759.jpg


 2018年4月21日(土)
 一足早い夏のような陽気に誘われて
 久しぶりに千葉県「九十九里浜」に行ってみました。

 自宅からクルマで1時間ちょっと。
 20代のころは良く行ったんですけどね、
 最近はすっかりご無沙汰です。

 その頃 マリンスポーツといえば、
 サーフィンボードセイリングが主流だったんですが、
 今は「カイトサーフィン」というものなんですね。
 
 カラフルなカイトに引かれて
 気持ち良さそうにサーフィンを楽しむ人が
 たくさんいました。


c0137404_20151625.jpg


 こうしたマリンスポーツを楽しむ人は
 結構年輩の方もいらっしゃるんですが、
 ボクはと言えばやっぱりギターですねぇ。
 
 それにソロ・ギターを始めてからは、
 よりもの方が圧倒的に好きな感じです。

 まあ、海にギターを持っていったら 
 潮風にやられてボロボロになりそうですもんねぇ。

 そんなことを思っていたら
 無性にギターを弾きたくなったので、
 海鮮料理のお昼を食べたら海を後にし、
 早いうちに家に帰りました。


c0137404_20151373.jpg

 
 今練習しているのは、
 中川イサトさんの「Mah-Jong Piece」。
 あと、「蒼空」という曲も少々。

 いずれもチューニングは、
 「F#
 の「オープンD6」です。

 このチューニングはさわやかでいいですね!

 まるで今日の天気のよう!

 ジャラ~ンと開放弦を鳴らすだけでも
 スカッとした気分になります。

 サッと海へ行って、
 サクッと戻ってきて、
 サラッとギターの練習。
 
 気分はオープンD6
 ありがとう、充実した休日です。

 
c0137404_20151156.jpg


# by acogihito | 2018-04-23 23:14 | ★アコギ関連 | Comments(0)