頑張れ、ギブソン!

c0137404_18072156.jpg


 2018年3月6日(火)付「朝日新聞」の記事、
 米ギター ギブソン苦境・・・。

 「債務期限が迫るなか、営業の低迷が続き、
  あと半年のうちに債務不履行に陥る可能性がある

 「借り入れなどの債務は計550億円」・・・

 ギブソンが経営不振に陥っていることは、
 ネット記事などでも見ていたので知っていましたが、
 こうして一般紙にも掲載されると、
 やっぱりショックですよねぇ・・・。

 若者ロック離れ エレキ振るわず

 原因は、若者のロック音楽離れだそうで、
 エリック・クラプトンも
 「たぶん、ギターは終わったんだろう」と
 言ったとか言わないとか・・。
 全体的にエレキギターの売り上げが落ち込んでいて
 フェンダーも他人事ではないそうです。

 う~む、
 でも確かにそうかもしれませんよね。

 最近テレビで
 高校の「ダンス部」というのを
 取り上げられることをよく目にしますが、
 ボクらが高校の時は
 そんなのなかったですもんね。

 今はEDM=エレクトロニック・ダンス・ミュージックが
 盛り上がりを見せていて
 そこにはエレキギターは必要ないんだそうです。

 ボクらの時代は、ロックかフォーク。
 音楽と接すると言えばダンスではなく、
 ギターという楽器が必須でした。
 ダンスといえば、
 ピンクレディーが流行ったような時代でしたもんねぇ。
 あとはフォークダンスでしょうか。(笑)

 そして80年代に入って、
 シンセサイザーや打ち込み系の音楽や
 フュージョン、AORが流行ってくると
 フォーク的なアコースティックギター(アコギ)は、
 急速に低迷。
 でもエレキギターは、
 YAMAHAのSGシリーズとか
 日本製のギターが流行ったりして元気でしたよね。
 カシオペアとか高中正義とか。

 90年代に入って
 エリック・クラプトンの「アンプラグド」が流行ると
 再びアコギに注目が集まり、
 日本ではさらに2000年代に入って、
 押尾コータローさんのハイテク奏法などによって
 新しいアコギの魅力を知らしめられたのと、
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」によって
 アコギ1本でメロディーと伴奏を弾く
 「ソロ・ギター」が知られたことによって
 アコギの人気が高まったように思います。

 でもその一方でエレキギターは、
 80年代から大きく進歩することなく、
 奏法的にもサウンド的にも
 「行き着いちゃったのかな」
 という感じもしました。

 ただアコギも、
 押尾コータローさんに続く
 メジャーなギタリストの登場や
 「ソロ・ギターのしらべ」の新作などが
 どんどん出てこないと
 この先どうなるか、
 ちょっと不透明な感じもします。

 ハカランダやローズウッドなどギター材も
 ワシントン条約で規制されるようになってますしねぇ。
 ギターの未来は必ずしも明るくない・・。

 う~む、でもボクはギターが好きだぞ!

 頑張れ、ギブソン!!
 頑張れ、ギター!!


# by acogihito | 2018-03-12 23:07 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

ギターを弾いているとなぜか眠くなる

c0137404_13315420.jpg


 穏やかな休日、
 ギターの練習をしていると
 なぜか急激に睡魔に襲われることがあります。

 これが不思議でなりません。

 自分で弾くギターの音色に癒やされ
 アルファー波が出て、
 眠くなるのでしょうか?

 それとも同じフレーズの練習など
 単調な繰り返しが原因で
 眠くなるのでしょうか?

 もしかしたら
 練習で得た情報を定着させるために
 「デフォルト・モード・ネットワーク状態」に
 入るのでしょうか?

 不思議です。

 まあ、休日なので、
 眠くなれば横になって
 少しだけ眠れば
 これがまたとても気持ちいい!

 起きればシャキッと
 集中して練習できます。

 だらだらしているようだけど、
 一生懸命練習もしている状態。
 楽しみながらの練習です。


# by acogihito | 2018-03-05 23:31 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

4年後ってわけじゃないけど 今後の目標

c0137404_09075225.jpg
 

 始まる前はいろいろ言われていたけれど、
 なんだかんだでとっても良かった
 ピョンチャン・オリンピック。
 頑張った選手の皆さんは、また4年後に向け
 目標を定めて練習に励むんでしょうね。


 一方ボクはと言えば
 今後の目標として、
 今までやっていなかった
 アコギの
 ハイテク・プレイにも挑んでみたい!と思って、
 『絶対にわかる!弾けるハイテクアコギプレイ
 という本を買いました。

 DVD付きで2400円!

 かつてのVHSビデオの時代を知っている身としては
 映像付きでこの値段は驚きです。

 著者の松居悠太さんは存じ上げないんですが、
 (松井祐貴さんなら知っていますが)
 ネイルアタックやオープンチューニングなど
 ボクが知りたいと思っていたハイテクプレイが
 映像でもしっかり解説されていて
 なかなかいい感じです。

 今後、徐々にではありますが、
 そういうテクニックも身につけ、
 押尾さんの曲も
 演奏できるようになってみたいと思っています。
 
 4年後には間に合うかな?


★ ところで、どうでもいい話ですが・・・

# by acogihito | 2018-02-26 23:07 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

日本っ!

c0137404_19035900.jpg


 2018年2月17日(土)
 ピョンチャン・オリンピック「男子フィギュアスケート」で、
 羽生結弦選手が金メダル、
 宇野昌磨選手が銀メダルのワンツーフィニッシュ!

 いやぁ~、素晴らしかったですねぇ~!!

 そして羽生選手の「SEIMEI」という曲もとっても良かった。
 
 ドドンと和太鼓で始まって、
 ヒュ~~と龍笛(りゅうてき)の音。

 それが祈りというか、叫びのようで、
 羽生さんの演技とマッチして、
 ゾゾッとしてしまいました。

 洋風な曲が多いフィギュア・スケートの中で完全に和風の世界。
 「日本、かっこいい!」って感じで感激しました。

 曲は映画「陰陽師(おんみょうじ)」のサウンドトラックをアレンジしたそうで、
 主人公・安倍晴明(あべのせいめい)の「SEIMEI」なんですね。
 映画は見たけど、こんなに素晴らしい音楽だったとは、
 気づいていませんでした。

 メダル・セレモニーでの「君が代」も
 優雅で癒しの曲のようでもあり、 
 良かったですよね。

 試合前とかだと
 鼓舞する感じじゃないので、
 合わない気もしますけど、
 翌日、落ち着いてからの
 メダル・セレモニーには
 ピッタリでした。


 ボクが小さい頃というか、1970年代ごろは、
 音楽は何となく洋楽の方が上で、
 邦楽はそれを追いかけていたような感じでしたが、
 今は全くそういうことはないですよね。

 その他、なんとなく日本的なものは、
 ダサいとか、やぼったいイメージがありましたが、
 今は全くそんなことがなく、
 若い人たちも自信をもって
 和服を着たりしますもんね!

 日本人が日本人としての
 アイデンティティを持つのは
 すごくいい傾向だと思います。

 そう言えばボクも
 かつてはアメリカ製ギターにあこがれ、
 「マーチンやギブソンが欲しい!」
 と思っていましたが、
 最近は「日本製の方が上なんじゃない?」
 と思うくらいで、
 以前ほど強い魅力を感じなくなりました。


c0137404_19035937.jpg

 そうそう、ボクの日本製のギター
 「Yokoyama Guitars AR-WR #300」()ですが、
 ロゼッタのデザインが「陰陽(いんよう)を表す図」()のようで
 「」のイメージを感じます。

 アメリカのモノマネや
 コピーモデルではなく、
 日本オリジナルのデザイン。

 ヨコヤマギターって、
 日本的な繊細な美しさがあるのも魅力なんですよね。
 

c0137404_19040042.jpg

# by acogihito | 2018-02-19 23:03 | ☆その他 | Comments(2)  

ギターの日焼け対策

c0137404_17144296.jpg


 その昔、20代の頃、
 夏は毎週末 海に行っていて
 秋になっても真っ黒に日焼けしていたことがあります。

 でも、今は日焼けは嫌ですねぇ~。
 紫外線対策してますか?ww


 それはギターも同じで、
 できればあまり日焼けさせたくない。

 ウチはマンションなので雨戸がなく、
 ギターが置いてある部屋は
 日中、かなり明るくなって、
 ギターも日に焼けちゃうんですよねぇ~。

 以前は「それは自然なこと」と
 それほど気にしていなかったんですが、
 「Yokoyama Guitars AR-GB #555」が完成し、
 そのトップ材、ジャーマン・スプルースの
 白く美しい色合いの見て、
 「できるだけ日焼けさせたくないなぁ」と思ったんです。

 で、今は写真のように紺色の風呂敷をかけています。

 万全を期すなら
 ケースに入れておくのが一番なんでしょうが、
 それだど「さあ、弾こう!」という時に面倒だし、
 風呂敷くらいがちょうどいいかなと思ったんですよね。

 外出の時はさらに
 ブラインドもしっかり閉めるようにしています。

 まあ、完全ではないので、
 これでも日焼けはしているんでしょうけど、
 それでも何もしないで明るい部屋に放置しておくよりは
 紫外線を防ぐなど抑止効果はあるようで、
 以前に比べ日焼けの進行はかなりゆっくりな印象です。


 先日、ボクのヨコヤマギター1号機
 「AR-WR #300」の塗装を変更したら
 表面を少し削った分、
 白く新しいギターのようになって帰ってきました。
 (写真、左のギターです)
       ↓
c0137404_22120958.jpg
c0137404_22120924.jpg
AR-WR #300、 AR-GB #555、 AR-GC #420


 上の写真が以前、下の写真が今です。

 以前(上)の写真を見ると
 随分日焼けしてたんだなぁと改めて思います。

 せっかく白く新品のようになったので、
 この色合いもできるだけ長く保っておきたい!

 日常的に使いながらも
 新品の美しさを
 できるだけ長く留めておきたい!

 で、最近はいつもこんな感じです。
      ↓
c0137404_17151429.jpg
AR-WR #300、 AR-GC #420、 AR-GB #555


 ギターを反対側に向けている方が、
 風呂敷をかけたり外したりがサッとできて便利!
 日焼けが気にならないバック材の杢目も楽しめますしね。


# by acogihito | 2018-02-12 23:13 | ★アコギ関連 | Comments(0)