フィンガーピッキング・デイ2018

c0137404_20253586.jpg

 2018年3月24日(土)、
 横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホールで行われた 
 モーリス主催の『フィンガーピッキング・デイ2018』に行ってきました。

 去年は参加できなかったので2016年以来2年ぶり。

 今年は例年より2週間ほど早い開催で、
 ちょうど桜が咲き始めた時期となりました。

c0137404_20253512.jpg

 去年のことは分からないんですが、
 コンテストも少しずつ変わってきているようで、
 出場者は演奏前に少し喋って良くなったんですね。

 MC用のマイクも用意されていて、
 一言二言お話される方もいて新鮮でした。

c0137404_20253634.jpg

 出場者は19人。
 どの方も本当に上手で、
 技量の点では甲乙つけがたい印象。

 あとは好みで
 この人の演奏スタイルの方が好きかな?
 というくらいしか差が見つけられません。

 そんな中、一番輝いて聴こえたのが鶴見将也さんでした。

 審査結果を見てみると
 最優秀賞…鶴見将也
 優秀賞…ケンソラ
 楽曲賞…鶴見将也
 オリジナル・アレンジ賞…鶴見将也
 葉山ムーンスタジオ賞(オーディエンス賞)…鶴見将也
 TABギタースクール賞 …Futa
 アコースティック・ギター・マガジン賞…鶴見将也
 アコースティック・ギター・ブック賞 …玉腰向輝


 なんと鶴見さんが5つもの賞を受賞!

 でもこれは鶴見さんが圧倒的に上手かったというより、
 みなさんが同じくらいの演奏レベルの中、
 鶴見さんの楽曲が一番輝いて聴こえたから
 そこに賞が集中したという感じだろうと思います。

 ちなみにボクにとっての2位(優秀賞)は、
 川口コウスケさん。
 たぶん2位以下は
 人によってバラバラなんじゃないでしょうかねぇ。

c0137404_20253590.jpg

 さてコンテスト終了後は、ゲストライブです。

 打田十紀夫さんとエバラ健太さんのお二人によるステージ、
 そして南澤大介先生、岡崎倫典さん。
 最後は全員で、という構成でしたが、
 打田さんとエバラさんの掛け合いがとても楽しく、
 エバラさんも打田さんの濃いブルースの世界に
 しっかり付いて行っているのが素敵でした。


 そしてすべてが終了すると
 会場の一角で懇親会が開かれます。
 
c0137404_20253667.jpg

 以前はコンテストの時からギター仲間に会え
 そのまま懇親会に突入したんですが
 今年は会うことができず、
 一人で参加してもなぁ~と思っていたら、
 ゲストライブあたりでUさん、Yさん、Kさんに会えたので、
 今回も参加です。

 南澤先生や打田十紀夫さん、
 さらに優勝した鶴見さんなど
 出場者とも話ができて
 やっぱり最高に楽しいひと時でした。

 さらに南澤先生の紹介で、
 ギター関係で活躍されているライターの方とも
 お会いすることができました。

 フィンガーピッキングデイの懇親会って、
 ちょこっと追加料金を払えば、
 ゲストや出場者などと一緒になって
 いろんな話ができて
 大きなギターイベントの割には
 敷居が低くアットホームな雰囲気がいいんですよね。

 この
 みんながギター好きで、
 上手いも下手も
 初心者も上級者も
 プロもアマチュアも
 ギターメーカーもユーザーも
 ギター雑誌の編集者も読者も差がなく、
 ギターの前ではみ~んな平等って雰囲気が最高なんです。

 いいなぁ~、ギターって!
 いいなぁ~、フィンガーピッキング!
 いいなぁ~、ソロ・ギター!!

 今回もみなさん、どうもありがとうございました!!

c0137404_20253620.jpg
南澤大介先生、打田十紀夫さんを囲んで、Yさん、Uさん、Kさんと共に

# by acogihito | 2018-03-25 23:24 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

『桜・咲くころ』を弾いてみました!



 2018年3月18日(日)、
 押尾コータローさんの
 『桜・咲くころ』を弾いてみました。

 今日一日、何回も演奏して
 一番良かったのが
 午前中に撮ったこのテイクでした。

 もう少し上手く弾けないかと
 繰り返しているうちに
 だんだんひどくなってしまったんですね。

 
 あともう少し
 なめらかに弾けるといいんだけど、
 これが今のボクのベストです。

 (押尾コータローさんのお手本は→こちら

 東京ではきのう、
 桜の開花が発表されましたよね。
 去年より4日、平年より9日
 早いそうです。

 桜の季節にこの曲を
 「弾きたいなぁ~」
 「弾ければなぁ~」
 初めてと思ったのは、
 もう10年も前の2008年
 そして去年12月、練習を始めて、
 ようやく弾けるようになりました。

 そういう意味では、
 ひとつの夢が実現したようで
 とってもうれしいです。

 それから今回、
 押尾さんの特徴的な弾き方である
 「アポヤンド」もところどころ入れて
 弾いてみました。

 今までやったことがなかったので
 はじめは少し手間取りましたが、
 なんとかなった感じでしょうか。

 少しずつですが
 新しい技を取り入れ
 ゆっくりだけど成長しているようで、
 それにも喜びを感じます。

 2018年の春は、
 新たな一歩の春・・かな?
 だといいな。

 これから先、
 アコギの「ハイテク・プレイ」も
 少しずつマスターしていければと
 思っています。


c0137404_19154409.jpg

# by acogihito | 2018-03-18 23:58 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

頑張れ、ギブソン!

c0137404_18072156.jpg


 2018年3月6日(火)付「朝日新聞」の記事、
 米ギター ギブソン苦境・・・。

 「債務期限が迫るなか、営業の低迷が続き、
  あと半年のうちに債務不履行に陥る可能性がある

 「借り入れなどの債務は計550億円」・・・

 ギブソンが経営不振に陥っていることは、
 ネット記事などでも見ていたので知っていましたが、
 こうして一般紙にも掲載されると、
 やっぱりショックですよねぇ・・・。

 若者ロック離れ エレキ振るわず

 原因は、若者のロック音楽離れだそうで、
 エリック・クラプトンも
 「たぶん、ギターは終わったんだろう」と
 言ったとか言わないとか・・。
 全体的にエレキギターの売り上げが落ち込んでいて
 フェンダーも他人事ではないそうです。

 う~む、
 でも確かにそうかもしれませんよね。

 最近テレビで
 高校の「ダンス部」というのを
 取り上げられることをよく目にしますが、
 ボクらが高校の時は
 そんなのなかったですもんね。

 今はEDM=エレクトロニック・ダンス・ミュージックが
 盛り上がりを見せていて
 そこにはエレキギターは必要ないんだそうです。

 ボクらの時代は、ロックかフォーク。
 音楽と接すると言えばダンスではなく、
 ギターという楽器が必須でした。
 ダンスといえば、
 ピンクレディーが流行ったような時代でしたもんねぇ。
 あとはフォークダンスでしょうか。(笑)

 そして80年代に入って、
 シンセサイザーや打ち込み系の音楽や
 フュージョン、AORが流行ってくると
 フォーク的なアコースティックギター(アコギ)は、
 急速に低迷。
 でもエレキギターは、
 YAMAHAのSGシリーズとか
 日本製のギターが流行ったりして元気でしたよね。
 カシオペアとか高中正義とか。

 90年代に入って
 エリック・クラプトンの「アンプラグド」が流行ると
 再びアコギに注目が集まり、
 日本ではさらに2000年代に入って、
 押尾コータローさんのハイテク奏法などによって
 新しいアコギの魅力を知らしめられたのと、
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」によって
 アコギ1本でメロディーと伴奏を弾く
 「ソロ・ギター」が知られたことによって
 アコギの人気が高まったように思います。

 でもその一方でエレキギターは、
 80年代から大きく進歩することなく、
 奏法的にもサウンド的にも
 「行き着いちゃったのかな」
 という感じもしました。

 ただアコギも、
 押尾コータローさんに続く
 メジャーなギタリストの登場や
 「ソロ・ギターのしらべ」の新作などが
 どんどん出てこないと
 この先どうなるか、
 ちょっと不透明な感じもします。

 ハカランダやローズウッドなどギター材も
 ワシントン条約で規制されるようになってますしねぇ。
 ギターの未来は必ずしも明るくない・・。

 う~む、でもボクはギターが好きだぞ!

 頑張れ、ギブソン!!
 頑張れ、ギター!!


# by acogihito | 2018-03-12 23:07 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

ギターを弾いているとなぜか眠くなる

c0137404_13315420.jpg


 穏やかな休日、
 ギターの練習をしていると
 なぜか急激に睡魔に襲われることがあります。

 これが不思議でなりません。

 自分で弾くギターの音色に癒やされ
 アルファー波が出て、
 眠くなるのでしょうか?

 それとも同じフレーズの練習など
 単調な繰り返しが原因で
 眠くなるのでしょうか?

 もしかしたら
 練習で得た情報を定着させるために
 「デフォルト・モード・ネットワーク状態」に
 入るのでしょうか?

 不思議です。

 まあ、休日なので、
 眠くなれば横になって
 少しだけ眠れば
 これがまたとても気持ちいい!

 起きればシャキッと
 集中して練習できます。

 だらだらしているようだけど、
 一生懸命練習もしている状態。
 楽しみながらの練習です。


# by acogihito | 2018-03-05 23:31 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

4年後ってわけじゃないけど 今後の目標

c0137404_09075225.jpg
 

 始まる前はいろいろ言われていたけれど、
 なんだかんだでとっても良かった
 ピョンチャン・オリンピック。
 頑張った選手の皆さんは、また4年後に向け
 目標を定めて練習に励むんでしょうね。


 一方ボクはと言えば
 今後の目標として、
 今までやっていなかった
 アコギの
 ハイテク・プレイにも挑んでみたい!と思って、
 『絶対にわかる!弾けるハイテクアコギプレイ
 という本を買いました。

 DVD付きで2400円!

 かつてのVHSビデオの時代を知っている身としては
 映像付きでこの値段は驚きです。

 著者の松居悠太さんは存じ上げないんですが、
 (松井祐貴さんなら知っていますが)
 ネイルアタックやオープンチューニングなど
 ボクが知りたいと思っていたハイテクプレイが
 映像でもしっかり解説されていて
 なかなかいい感じです。

 今後、徐々にではありますが、
 そういうテクニックも身につけ、
 押尾さんの曲も
 演奏できるようになってみたいと思っています。
 
 4年後には間に合うかな?


★ ところで、どうでもいい話ですが・・・

# by acogihito | 2018-02-26 23:07 | ★アコギ関連 | Comments(0)