タグ:★弾ける曲、弾きたい曲 ( 69 ) タグの人気記事

 

『 DREAMING 』を弾いてみました!





 押尾コータローさんの
 『 DREAMING 』を弾いてみました。

 2008年に発売されたアルバム
 「Nature Spirit」に収録されている曲です。

 この曲、
 初めて聞いた時から大好きで、
 いつかは弾けるようになってみたいと
 ずっと思っていたんですよね。

 そして11年目の
 今年の始めから練習をはじめて11か月。
 ネイルアタックが上手くいかず
 ずいぶん苦労しましたが、
 ようやくある程度弾けるようになって、
 動画をアップロードすることになりました。


 親しみやすく
 歌詞が乗りそうなメロディーライン、
 チューニングはスタンダードで
 キーもCと超オーソドックス。
 だけど途中で転調したりして
 しゃれているんですよね。
 押尾さんの才能を感じます。
 
 あとベースラインが綺麗なんですよ。

 押尾さんはかつて
 バンドでベースを弾いていたことがある
 ということで、
 その影響なのでしょうか?

 ボクもバンドでベースを弾いたことがあるので、
 弾いていてとっても気持ちがいいんです。

 なんていうかな、
 曲調が学生時代のバンドでコピーした
 TOTOの「LIVE FOR TODAY」にちょっと似ていて
 それも好きな要因かもしれません。

 DREAMING。
 ようやく弾けるようになって
 夢が叶った感じがしてとってもうれしいです。





TOTOの「LIVE FOR TODAY」

 



二十歳の頃のバンドの演奏動画があったので





押尾さんの「DREAMING」演奏動画(ライブ)
 
 


(関連記事) 夢は「DREAMING」

         ●速度を変えての練習
         ●ネイルアタック練習中
         ● 押尾コータロー 『 DREAMING 』に挑戦!
         押尾コータローさんのニューアルバム 『Nature Spirit 』
         南澤先生直伝レッスンPart1(GWスペシャル) 『先生のお宅訪問』
         押尾コータロー 『Nature Spirit 』 TAB譜付スコア

by acogihito | 2019-11-25 23:52 | ★アコギ関連 | Comments(5)  

LAST TRAIN HOME (ラスト・トレイン・ホーム)

c0137404_08214338.jpg


 「LAST TRAIN HOME」
 パット・メセニーの名曲です。

 昔、J-WAVE
 開局した当時に放送が始まった
 「PAZZ AND JOPS」という番組の
 エンディング曲として流れていたんですよね。

 「PAZZ AND JOPS」とは
 ジャズでもポップスでもない
 AORとか、スムースジャズのこと。

 番組は夜の10時から始まって、
 エンディング曲として流れたのは、
 夜の11時ごろ。
 仕事帰りの電車の中で、
 FMラジオ付きのウォークマンで
 よく聴いていました。

 「LAST TRAIN HOME」
 終列車のホーム。
 どこかせつなくて
 でも、暖かさへ向かっている感じがするメロディー。
 夜11頃の電車のつり革につかまって、
 窓の外に流れる街明かりを見ながら聴いていると、
 これがぴったりだったんですよね。

 「LAST TRAIN HOME」は、
 番組が企画して発売された
 コンピレーションのアルバムにも収録されていて
 大好きな想い出の曲だったんです。

 その曲が、
 パット・メセニー本人の演奏で
 ソロ・ギター・アレンジになっていることを
 比較的最近知り、
 喜びの記事をブログに書いたところ
 最近、その記事を読んだ方が、
 「楽譜が出ていますよ」と
 教えてくれたんです。

 「そうか、楽譜があるのか!」
 と思って、Amazonで探して購入。

 外国から送られてきたのか、
 1か月近く経った先日、
 ようやく届きました。

 パット・メセニーが
 「LAST TRAIN HOME」の
 ソロ・ギターで使っているのは、
 バリトン・ギター。

 なので、譜面を見ると、
 6弦がAだったりして、
 5度低いんです・・。

 う~ん、5度上でも大丈夫かなぁ?

 まあ、今すぐにではないにしても
 いずれ自分のものにしたい1曲です。

 ちなみにこの楽譜集には
 大好きなもう1曲、
 ノラ・ジョーンズの
 「DON'T KNOW WHY」の
 パット・メセニー・ソロ・ギター・バージョンが
 収録されているんですよね。

 この曲も弾けるようになりたいな~~。

 いや~、今後の楽しみが増えました!

 譜面の存在を教えてくれた
 okogegohan1984さん、
 ありがとうございます!!



原曲バージョン(ライブ)



ソロ・ギター・バージョン



by acogihito | 2019-11-11 23:21 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

スタンダード・チューニング好き?

c0137404_21254811.jpg


 平成最後の日曜日、
 令和になったら弾きたい曲
 考えてみました。

 今、練習しているのが
 押尾コータローさんの
 『DREAMINGNature Spirit収録 ですから、
 引き続き押尾さんの曲がいいかな。
 『桜・咲くころBe HAPPY収録
 弾いたしねぇ。

 ということで選んでみたのは、
 『Red Shoes DanceCOLOR of LIFE収録
 これは前から弾いてみたい、
 弾けるようになってみたい曲でした。

 それから、
 『ノスタルジアNature Spirit収録 か、
 『黄昏Starting Point収録 のどちらか。
 どちらも似たタイプの曲なので
 とりあえず、どちらか1曲ですかねぇ。

 あと、比較的最近のアルバムから
 『えんぴつと五線譜KTR×GTR収録
 なんかもいいなぁ~と思ったんです。
 これらの曲は楽譜集も持っているんでね。

 で、楽譜を見てみると、
 選んだ曲はすべて
 スタンダード・チューニング
 だったんですよね。

 今練習している『DREAMING』もそうだし、
 『桜・咲くころ』もスタンダードです。

 ボク自身、意識はないんですが、
 スタンダード・チューニングの響きの方が
 親しみを感じるんでしょうかねぇ?

 いつの間にか、
 スタンダード・チューニング好き?

 チューニングの違いによる響き具合の違いって
 分かってないんですけど、
 何か、感覚的にあるのかもしれません。
 
 それが分かればいいんですけど、
 まったく分からないのが残念・・。


 一方で、
 改めて押尾さんの楽譜集を眺めてみると
 思った以上に
 スタンダード・チューニングの曲が
 多いということも分かりました。

 何か、押尾さんというと、
 6弦をCまで下げるような
 「変則チューニング」の
 イメージが強かったんですが、
 実際はスタンダード・チューニングが
 けっこう多いんですね。

 だからたまたま
 スタンダード・チューニングの曲を
 選んだだけなのかもしれません。

 
 さて、平成の時代も間もなく終わり。
 
 平成は、なんだかんだで音楽に親しみ、
 始めの頃はバンドなんかもやっていました

 平成が半分を過ぎたあたりで
 南澤大介先生の
 『ソロ・ギターのしらべ』を知り
 南澤先生に直接習ったりして、
 最後の10年はどっぷりハマった感じです。
 
 そして、令和は
 押尾コータローさんの曲からスタート。

 譜面の多くは南澤先生の作だし、
 南澤先生にはずっとお世話になりっぱなしですね。
 
 南澤先生がいなければ、
 ソロ・ギターにハマることもなかったろうし、
 本当に感謝です。
 ありがとうございます。


 そして令和に向けて
 何か、とっても前向きな気持ちになって
 ワクワクします。

 昭和から平成へは、
 昭和天皇が崩御されての改元でしたから
 とても重い気持ちでしたが、
 平成から令和は、
 天皇ご自身の意思での退位による改元ですから
 前向きな気持ちになれるのかもしれません。

 さあ、令和だ!
 令和はどんな時代になるかな?
 令和もギターを楽しめる
 平和な時代であって欲しいものです。
 
 

by acogihito | 2019-04-29 23:24 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

押尾コータロー 『 DREAMING 』に挑戦!

c0137404_11462183.jpg


 先日、YouTubeにアップした
 中川イサトさんの『蒼空』の次は、
 押尾コータローさんの
 『DREAMING』に挑戦してみようと思います。

 押尾さんの曲としては、
 『桜・咲くころ』に続く2曲目です。

 『DREAMING』は、2008年1月に発売された
 『Nature Spirit 』というアルバムに収録されていて
 その当時から「いつかは弾けるようになりたい!
 と思っていた曲なんですよね。

 発売から11年目にして
 ようやくその時がやってきました!

 この曲の想い出をひとつ。

 2008年のゴールデンウィーク、
 南澤大介先生がちょうど
 『Nature Spirit 』の楽譜を制作している時に
 自宅にお邪魔したことがあるんです。

 この時、一緒に行ったかずまくんが
 制作途中の『DREAMING』の楽譜を見て
 その場で少し練習をするうちに
 パッとある程度まで弾けるようになっちゃったことに
 驚いた記憶があります。

 「ボクは当分弾けないな。
 でもいつか弾けるようになりたい!」
 と、その時も誓ったものです。

 まさに『DREAMING』だったわけなんですよね!


 ところで、この曲には、
 「ネイルアタック」という技が使われています。

 ボクが今までやったことがない技で、
 どうやるのかも良く分かっていません。

 ちょっと調べてみると
 いろいろなやり方があるようですが、
 この曲の場合はどうなのか??
 その辺がまだ良く分かんないんですよね…。

 ということで、いろいろ調べて
 工夫しながら地道に練習をしていこうと思います。

 さぁて、いつ頃、弾けるようになるでしょうかねぇ?
 夏までには弾けるようになりたいなぁ~
 などと思ってはいるんですが、
 どうなることでしょうか?

 まあ、今年の目標が『技術力のアップ』ですから、
 あせらずじっくり練習していこうと思います。



 (関連記事)押尾コータローさんのニューアルバム 『Nature Spirit 』
         南澤先生直伝レッスンPart1(GWスペシャル) 『先生のお宅訪問』
         押尾コータロー 『Nature Spirit 』 TAB譜付スコア

by acogihito | 2019-01-21 23:44 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『 蒼空 』を弾いてみました!



 中川イサトさんの『蒼空』を弾いてみました。

 「Daybreak 2」というコンピレーションアルバムと
 「Sketch」というアルバムに収録されていますが、
 両者は曲の構成が違っていて、
 今回弾いたのは「Sketch」のバージョンです。

 この曲を初めて聞いた時には
 山の上から見た大空、そして天頂の濃い青色の空、
 さらにゆっくりと流れる雲というイメージがしていたんですが、
 正月の雲ひとつない快晴の青空にも合うなと思い、
 弾いてみたんです。

 この曲の特徴のひとつに
 「和の音色」があります。

 イサトさんは、ギターの1~4弦を
 紙テープのようなもので微妙にミュートして、
 琴のようなサウンドにしています。

 だからか、お正月のイメージにも合うんですよね!

 今回、ボクもそのサウンドに挑戦してみました。


c0137404_15322741.jpg


 ところでこの曲は、
 どちらかと言えばシンプルですよね。
 それほど難しそうには感じません。

 だけど、ボクとっては思った以上に苦労させられた曲でした。

 なんていうか、押さえるポジションが
 似ているけど違うというところが多くて、
 つい押さえ違えてしまうことが多かったんですよね。

 さらに「もう少し上手く弾けるんじゃないか?」
 なんて欲張ったのはいいんですが、
 ある所から進歩が無くなってしまって、
 なかなかノーミスで弾けず苦労しました。

 今回も数か所、危ないところがあるんですが、
 でもまあ、なんとか弾ききれたので、
 とりあえずこれで良しとします。


 イサトさんの曲はこれで2曲目。

 チューニングは前回弾いた
 「Mah-Jong Piece」と同じオープンD6!
  (6弦からD,A,D,F#,B,D)
 イサトさんらしい響きが気に入っています。


c0137404_18062221.jpg

by acogihito | 2019-01-07 16:42 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

いつかは弾きたい『アルハンブラの想い出』

c0137404_21045331.jpg


 今まで考えもしなかった曲を
 「弾いてみたい」
 「弾けるようになってみたい」
 と思うようになりました。

 トレモロ奏法が印象的な
 クラシック・ギターの名曲、
 『アルハンブラの想い出』です。

 ずっと「憧れ」はあったんですが、
 自分が弾くなんてとてもとても、
 考えもしない遥か彼方の曲でした。
 
 それだけに
 「弾いてみたい」と思えるようになっただけでも
 自分自身で驚きであり
 「成長したなぁ」と実感もしています。

 だけどどうすれば?
 
 そういえば以前、
 「アルハンブラの想い出・1曲完全マスター
 というDVDがあったなぁ~と思い出し、
 Amazonで検索してみると、
 新品はすでになく、
 中古品が6000~7000円も・・・。
 けっこう高価になってるんですねぇ・・。

 「弾きたい」と思っても
 「今すぐ」ではないし、
 そうすると、いらないかなぁ~・・・。
 

c0137404_21045339.jpg


 と、半ばあきらめていたら
 「ソロ・ギターのしらべ」の姉妹本のような、
 『クラシック・ギターのしらべ/アンコール編』という楽譜集に
 「アルハンブラの想い出・1曲完全マスター」のDVD
 そのもののが付いていることを知り、
 即効、買ってしまいました。
 
 欲しかったDVDに加えて、
 20曲の楽譜集とCDも付いて3240円!
 今のボクにとってはお徳用です。

 早速、DVDを見てみると著者の斎藤松男先生が、
 「簡単に弾けるような曲ではありませんが、
 ビデオの収録順に従って一つ一つクリアしていけば、
 いつしかあなたのものになるでしょう」
 なんて嬉しいコメント!

 これは時間をかけてゆっくりと練習していけば
 いつか弾けるようになるかもしれません。

 そう考えると
 またまた楽しみが増えました!
  
 ただ、その前に、
 ガット弦のギターも
 やっぱり欲しいなぁ~

 そうやってあれこれ考えるのも
 楽しみひとつですよね!
 

c0137404_21045384.jpg

by acogihito | 2018-08-06 23:04 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『 Mah-Jong Piece 』を弾いてみました!




 中川イサトさんの『 Mah-Jong Piece 』を弾いてみました。
 
 「Mah-Jong Piece」とは「マージャン牌」のこと。
 そして 「Piece」には譜面という意味もあり、
 その2つをかけて曲名にしたそうです。

 この曲は、10年ほど前に
 イサトさんのベストアルバム
 『FOOTPRINTS』に収録されているのを初めて聴き
 「おお、かっこいいなぁ!」
 「いつか弾けるようになってみたいものだなぁ~!」
 と思っていました。

 今年の春、
 押尾コータローさんの『桜・咲くころ』を弾いて以降、
 ずっと練習を続け、
 本当はもっと上手くなってからアップすべきだったのですが、
 そうなるといつになるか分からないので、
 とりあえず、ここいらで一区切りつけたという感じです。

 この曲は、
 今まで経験したことが無い
 特殊奏法が出てくるので、
 ボクにとっては思った以上に難しいものでした。

 でも、とりあえずここまで出来たので、
 今は「良し」としようと思います。

 またこの曲を練習したおかげで
 マイケル・ヘッジスの『Aerial Boundaries』を弾いてみたいなど、
 今まで夢にも思わなかった曲を弾いてみたくなったり、
 新しい門が開かれたような気がしています。

 『Aerial Boundaries』は、
 南澤先生の『マイケル・ヘッジス/アコースティックギターの革新者
 という本に楽譜ととしても収録されていますからね!

 そのほか弾きたい曲がたくさん!

 そうして、またいろいろな曲を練習しているうちに
 この曲ももう少し上手く弾けるようになるのではないかと
 密かに期待しているんです。

 それにしても新しい曲が弾けるようになると
 自分が成長したようで、
 本当にうれしいものですね!

 ちなみに今回は、
 マイク収録した音に軽く「コーラス」をかけ
 イサトさんのお手本に近付けてみました。


 <関連記事>
 難しい~っ! レフトハンド(タッピング奏法)
 「レフトハンド奏法」練習中
 気分は「オープンD6」
 中川イサトさんの『Mah-Jong Piece』を弾きたくて…
 「中川イサト」さんとの出逢い


c0137404_06263473.jpg

by acogihito | 2018-07-23 23:40 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『桜・咲くころ』を弾いてみました!



 2018年3月18日(日)、
 押尾コータローさんの
 『桜・咲くころ』を弾いてみました。

 今日一日、何回も演奏して
 一番良かったのが
 午前中に撮ったこのテイクでした。

 もう少し上手く弾けないかと
 繰り返しているうちに
 だんだんひどくなってしまったんですね。

 
 あともう少し
 なめらかに弾けるといいんだけど、
 これが今のボクのベストです。

 (押尾コータローさんのお手本は→こちら

 東京ではきのう、
 桜の開花が発表されましたよね。
 去年より4日、平年より9日
 早いそうです。

 桜の季節にこの曲を
 「弾きたいなぁ~」
 「弾ければなぁ~」
 初めてと思ったのは、
 もう10年も前の2008年
 そして去年12月、練習を始めて、
 ようやく弾けるようになりました。

 そういう意味では、
 ひとつの夢が実現したようで
 とってもうれしいです。

 それから今回、
 押尾さんの特徴的な弾き方である
 「アポヤンド」もところどころ入れて
 弾いてみました。

 今までやったことがなかったので
 はじめは少し手間取りましたが、
 なんとかなった感じでしょうか。

 少しずつですが
 新しい技を取り入れ
 ゆっくりだけど成長しているようで、
 それにも喜びを感じます。

 2018年の春は、
 新たな一歩の春・・かな?
 だといいな。

 これから先、
 アコギの「ハイテク・プレイ」も
 少しずつマスターしていければと
 思っています。


c0137404_19154409.jpg

by acogihito | 2018-03-18 23:58 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

中川イサトさんの『Mah-Jong Piece』を弾きたくて…

c0137404_09191697.jpg


 中川イサトさんの『Mah-Jong Piece』を弾きたくて
 ちょこっとだけ練習を始めました。

 好きなんですよね、この曲。
 なんていうか、ビートルズの曲のような印象なんです。
 
 というのは、
 とりあえず特殊奏法の曲なんだけども
 それほど複雑ではなく、
 だけどツボは突いててカッコいい!

 例えばビートルズの
 『I Feel Fine』や『Day Tripper』
 『Hey Bulldog』などと似た印象でしょうか。

 レッドツェッペリンやディープパープル、
 イエスやピンクフロイドなどほど複雑ではなく、
 シンプルで覚えやすくリフもカッコいい!
 
 ちょうどそんな印象なんです。

 
 ところで、
 この『Mah-Jong Piece』という曲は、
 何度かレコーディングされていて、
 いくつかのバージョンがあるんですが、
 ボクとしてはベストアルバムの
 『FOOTPRINTS』に収録されたバージョンが
 一番好きですね。

 音も良いし、音圧があって
 ものすごくロックっぽい感じがするんです。

 いつかは弾きたいと思っていて、
 ようやく手を出してみる順番がきた感じです。


c0137404_09191698.jpg


 楽譜を買ったのはちょうど10年前
 イサトさんのサインがもらってありました。

 楽譜を見て、チューニングを合わせると、
 おおお、ジャラーンと弾いただけで
 もうそれっぽいじゃないですか!

 D・A・D・F#・B・D
 オープンD6というチューニングですが、
 開放弦を鳴らしただけで、
 この曲の雰囲気なんですね!

 オープンチューニングって
 初めてなので面白い!

 押弦も予想以上にシンプルです。

 ですが、左手だけで鳴らすところが多く、
 慣れないと筋肉痛になりそう・・。

 初めての特殊奏法。
 その第一歩として、
 少しずつ練習を重ねていこうと思います。



by acogihito | 2018-01-08 23:18 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

2018年、今年の目標

c0137404_20044867.jpg


 明けましておめでとうございます。


 2018年が始まりました。
 
 そこで今年の目標ですが、
 『押尾コータローさんや中川イサトさんの曲も弾けるようにする
 にしたいと思います。

 南澤大介先生に初めてレッスンを受けたのが、2008年1月
 ちょうど10年前なんですね。

 以来、様々な場所で何十回とレッスンを受け、
 『ソロ・ギターのしらべ』シリーズの中で
 ボクが第一に『弾きたい!』と思った曲は
 とりあえず弾けるようになりました。

 そして去年はソロ・ギターの曲として初めて聴いた
 打田十紀夫さんの『思い出の鱒釣り』にも挑戦してみたので、
 今年は押尾さんやイサトさんに挑戦みよう
 というわけなんです。

 最近、押尾さんの曲の練習を始めたんですが、
 指使いなどが南澤先生とはだいぶ違うんですよね。

 でもまあ、今から押尾さん流に矯正するのは大変なので、
 そこは程よくやっていこうと思っています。

 さあ、今年1年でどのくらいできるか、
 楽しみがいっぱいです!
 

c0137404_20044850.jpg
今年の初詣、戌年だからイヌを連れた人がいっぱいでした ww

by acogihito | 2018-01-01 23:50 | ★アコギ関連 | Comments(2)