タグ:☆その他の楽しみ ( 56 ) タグの人気記事

 

やっぱりスゴイなぁ~、ビートルズ

c0137404_11145346.jpg

 2015年11月6日に発売された
 ビートルズのナンバーワン・ヒット27曲を集めたアルバム
 『ザ・ビートルズ1』が、
 ビルボードジャパン“Hot Albums”チャートで
 1位を獲得したそうです。

 すごいなぁ~、ビートルズ!

 もう45年も前に解散していて
 アルバム自体も5年前に発売されたものの
 リニューアルなのにねぇ。
 
 もちろんボクも買ってしまったように
 CDを買う世代が前のも持っているのに買っちゃうんでしょうかねぇ~。

 だけどボクにはとっても価値のあるものでした。

 リニューアルといっても
 新たにリミックスされているので、
 曲は変わらずビートルズが歌と演奏しているんだけど
 サウンドはどこか今風になっていて、
 左右に極端に分かれた1960年代当時のステレオミックスが、
 ヘッドフォンでも聴きやすいバランスになっています。

 それに伴って、音のバランスも微妙に変わっている曲があったりして、
 なんだかとっても新鮮。

 こうやって今風にサウンドを直しても
 十分対応できるビートルズって
 やっぱりスゴイよなぁ~!

 そしてリミックスするための素材がしっかり残されているのも
 スゴイもんですよねぇ。

 さらに今回はそれら27曲の
 プロモーションビデオを収録したDVDかブルーレイディスクも付いている!

 プロモーションビデオといっても
 当時のテレビ番組の映像だったりするのもありますが、
 27曲分、すべての映像が揃えられるって、
 当時のことを考えると、これまた
 ビートルズって、スゴイもんですよねぇ~!

 それらの映像は「アンソロジー」で見たものが多いんですが、
 途中でカットされることなく最初から最後まで見られるし、
 フィルムの傷などがすべてきれいに消されていてとっても新鮮!
 すべてがつい最近の映像のようです。

 そして、特典ディスクに入っている映像は、
 27曲以外の曲もあり、
 それらの音も新たにリミックスされていて、
 これまた新鮮!

 こういうことに耐えられるビートルズの素材って
 ホント、大したもんです。

 そして、過去の素材を上手にいじって小出しにする
 アップルのスタッフも大したもんですよねぇ~。

 なんだかんだと釣られて、
 ファンのボクは次々とビートルズの
 リニューアルシリーズを買ってしまいます。

c0137404_1115389.jpg

 さあ、あと全く手つかずで残っている素材は、映画「レット・イット・ビー」。

 ジョージはこの作品をあまり好きではなかったそうですが、
 すでに亡くなっているし、
 いつかは出るんじゃないでしょうか?

 いつどのように出るのか、
 それも楽しみです。

 なんだかんだと言って
 やっぱりビートルズはスゴイよなぁ~。


by acogihito | 2015-11-19 11:34 | ☆その他 | Comments(2)  

心のシルバーウィーク

c0137404_19365528.jpg

 2015年の秋は日の並びが良く
 世間ではシルバーウィークと言って
 9月19日(土)~23日(水)までが
 5連休だったりするそうですが、
 ボクの場合は残念ながら
 そんなこと全く関係なく
 普通に仕事なんです。
 トホホホ・・。

 でも、19日(土)は、仕事のあとに
 東京・恵比寿の「ドルフィンギターズ」で行われた
 住出勝則さんのニューアルバム
 『Moonlight Starlight』発売記念インストア・ライブに
 行ってきましたよ。

c0137404_1937575.jpg

 演奏中の写真はダメということで撮れなかったんですが、
 今回もまたまた素晴らしい演奏を堪能させていただきました。

 特に今回のニューアルバムは、
 初のバラードコレクションということで、
 演奏曲は当然、バラード中心の構成。

 さっきまでこの隣町の渋谷で
 バタバタと仕事していたボクを
 一気に別世界に誘ってくれました。

 それにしても住出さんのギターは、
 何か特殊な仕掛けがあるのかな?
 と思ってしまうほど、多彩な音色が出て、
 とても6本の弦だけとは思えない音の厚みがあります。

 まあ、PAからの音は
 いろいろなエフェクターは通していますが、
 ギターは普通に6弦ですもんねぇ。


 それに今回は小さめの会場ということもあって、
 生音での演奏もありました。
 売り物の92万円のコリングスのギターを使って。
 それがまた素晴らしいんです!

 まさに「プロ」ですよね。
 素敵な演奏と音色に心が洗われました。
 ありがとうございました!

c0137404_19371615.jpg

★     ★     ★

 さて、翌20日(日)は、
 シルバーウィークの期間中、唯一の休みです。

 この日は中学・高校で一緒だった友達(女性)が所属する
 cocoro*co というプロのゴスペル・コーラスグループと
 TAEKO GLOLY というシンガーのジョイントライブが
 横浜の赤レンガ倉庫内にある
 「モーションブルー」というライブハウスで行われるので、
 中学時代の友人と見に行ってきました。

c0137404_2025062.jpg


 以前も見に行ったことがあるんですが、
 今回はゴスペルの曲ばかりでなく、
 昭和歌謡をゴスペル風にアレンジしたメドレーとか
 ユーミンの曲をゴスペル風にアレンジしたりとか、
 知っている曲が沢山あって心の底から楽しめ、
 素晴らしい歌声に何回も鳥肌が立ちました。

c0137404_19375051.jpg

 会場には偶然にも
 中学や高校の同級生が何人も詰めかけていて
 合流することもでき、プチ同窓会状態に!

 いやぁ~、楽しかった!!

c0137404_193848.jpg


 終わってからは、秋風を感じながら
 赤レンガ倉庫から歩いて20分ほどの
 中華街に繰り出して、
 美味しい飲茶料理を味わってきました。

c0137404_21364497.jpg

 シルバーウィーク。
 ボクにとっては1日と数時間しかありませんでしたが、
 2つのライブのおかげで
 心は思いっきりリフレッシュできました。

 いやぁ~、音楽ってやっぱりいいですねぇ~!!

 そして、友達ってありがたいもんですねぇ~!!

 体の疲れは多少残っていますが、
 明日からまた普通に頑張ります!

 ありがとうございました!!

c0137404_19381366.jpg

by acogihito | 2015-09-21 20:16 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

「レイトサクラ (Reiとさくら)」 最高でした!

c0137404_23222921.jpg

 いくつもの偶然が重なって、
 素敵なアーティストを知り、
 素敵なライブに行くことができました。

 『レイトサクラ』

 “遅咲きの桜”のことではありません。

 「Rei と さくら」

 Rei藤原さくら という2人の女性アーティストの
 初のジョイントライブです。

c0137404_23255764.jpg

 Reiさんも藤原さくらさんも
 今年に入ってからラジオ番組に
 ゲスト出演されているのを
 偶然聞いたんですよね。

 (正確にはFM放送をRdikoで聞いていた)

 藤原さくらさんは、その歌声にビックリ!


 ブレスの雰囲気とか日本人的な歌い方でなく、
 声の感じもノラ・ジョーンズを彷彿させる
 ちょっと気だるい雰囲気がとっても魅力的。
 曲も今までの日本人にはない洋楽的な感性を感じます。

 そして19歳というからさらにビックリ!
 もっとグッと大人っぽい歌声です。

 Facebookに「凄いアーティストがいる!」と載せたら
 高校の同級生から賛同の意見がきました。

 彼女のお父さんもミュージシャンだそうで、
 その影響か、
 60~70年代の古い洋楽が好きなんだそうです。

 なるほど、
 だからボクら世代に響くんだ!

 小さいころから音楽に慣れ親しみ、
 理論的なこともわかった上だろう感じる
 しっかりした曲作りです。



 Reiさんもラジオで聴いて知ったんですが、
 その歌声はもちろん、ギターテクニックにもビックリ!

 ブルースをギターをこよなく愛する22歳だそうで、
 好きなミュージシャンは、ジョニー・ウィンター、
 ブラインド・ブレイクなどという
 濃過ぎてボクも聴いていないような
 アーティストが好きというだけに
 ちょっと本格的過ぎてさらにビックリ!

 やっぱり今までの日本人アーティストにはない
 洋楽的な感性の持ち主です。

 これまた Facebookに
 「凄いアーティストがいる!」と載せたら
 やっぱり同じ、高校の同級生から
 賛同の意見がきました。

 そしてやっぱり偶然聞いたラジオで
 「藤原さくらさんとのジョイントライブをやる」
 という情報が!

 これもFacebookにと載せたら
 高校の同級生と
 「行きたい!」「行こう!」
 ということになったんです。

c0137404_004794.jpg

 いやぁ~、まさかこんなにとんとん拍子に
 お2人のライブを
 同時に見ることができるようになるとは
 思いませんでした。

 しかも一緒に見に行った高校の同級生とは、
 Facebookでは友人になっていましたが、
 実際に会うのは、高校を卒業して以来。

 もともと高校時代だって、どっちかというと
 そんなに付き合いのなかった友人です。

 そんな2人を
 22歳と19歳の若いアーティストが
 結びつけてくれた感じです。
 ありがとう!

c0137404_034693.jpg
 
 ライブはまず、藤原さくらさんから。

 CDで聴くのと同様、
 本当に19歳?と思うほど
 大人っぽく感じる素晴らしい歌声です。

 ギターはマーチンの
 「Special Editions 000C Nylon」でしょうか。
 
 弾いているコードは見ていると
 例えばG、D、Emのローコードと
 複雑なコードを押さえているわけではないんですが、
 曲は、ボクが知っているG、D、Emより
 奥深く聴こえてくるから不思議です。

c0137404_23514427.jpg
 
 演奏は2人編成で、
 サポートの方が大活躍!
 
 ピアノを弾いて、ピアニカを吹いて、
 バックコーラスをして、
 座っている椅子がカホンで、それを叩いて、
 左足の先に小さなタンバリン付けていて
 それを時々鳴らしたりしてと
 とても器用でそれにも感心してしまいました。

c0137404_084471.jpg

 そしてReiさん。
 ギブソンの「LG-2」が似合っています。

 それにピックアップを付けて、
 エレキのアンプで鳴らしていました。

 いやぁ~、
 ラジオやYoutube、そしてCDで
 彼女の歌声やギターの演奏を聴いていいたんですが、
 生はやっぱり違いますね。
 
 迫力満点!
 アコギを使っているとは思えないパワフルさ!!
 ものすごいリズム感、グルーヴ!!
 ボーカルは思いっきりファンキー!!
 自然にこちらの体も動いてきます。

 4歳からクラシックギターをはじめたといいますから
 音楽の英才教育を受けているんですよね。
 運指も正確で、ギターを知りつくし、
 ギターと一体となって演奏している姿がとても美しく、
 ちょっと小ぶりのLG-2と相性ピッタリ。
 22歳といってもその倍のキャリアがある感じです。
 素晴らしい!感動しました。


c0137404_011884.jpg

 彼女も2人編成で、
 サポートの方は、ドラムというか
 パーカッション全般。

 この人も凄くて、普通のドラムだけでなく
 コンガやボンゴほか、
 様々なパーカッションを同時に叩き、
 バックコーラスをして、
 Reiさんとたった2人だけですが、
 2人とは思えないサウンドの厚みに圧倒されました。

c0137404_0155831.jpg

 そしてアンコールは、
 Reiさんと藤原さくらさんの初共演で
 ビートルズの「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」。

 2人ともビートルズが大好きだそうで、
 それぞれの演奏の中でも
 藤原さくらさんが「キャンと・バイ・ミー・ラブ」
 Reiさんが「ヤー・ブルース」を歌ってくれました。

 もちろん今回のポールの来日公演を見に行ったそうで
 藤原さんは何度も泣いたんだそうです。

 ポールにしてみれば2人とも孫の年齢ですよねぇ~。

c0137404_022613.jpg

 22歳、19歳といえども聴いている音楽は
 ボクら世代と同じか、
 それよりもっと古いルーツ・ミュージック。

 だからか、そこから繰り出される音楽には、
 古き良き洋楽のフィーリングが感じられて
 ボクら世代には気持ちいいんでしょうねぇ~。

 会場にはけっこうおじさんが大勢いたのが
 印象的でした。

c0137404_0283653.jpg
ステージを降りるととってもかわいい19歳!

c0137404_1091247.jpg
将来のお宝!?サインをいただきました


 ラジオで偶然知った2人の
 洋楽のような素晴らしい音楽を聴かせる
 アーティストが、
 ジョイントライブをすることを偶然知り、
 それらをFacebookに載せたら
 偶然のように意気投合した高校の同級生と
 ライブに行くことになり、
 素晴らしい2人の演奏と歌声を
 堪能することができました。
 
 何とありがたい!

 まだデビューしたての2人。
 今回はサインが直接もらえるような規模の
 ライブハウスでしたが、
 いずれ武道館などでライブができるように
 お2人の今後の活躍に大いに期待します!!

c0137404_035063.jpg

by acogihito | 2015-04-30 00:39 | ☆その他 | Comments(2)  

奇跡の72歳! ポール・マッカートニーはやっぱり凄かった!

c0137404_2292631.jpg
c0137404_2293665.jpg

 2015年4月25日(土)、
 ポール・マッカートニーのライブを見に
 東京ドームへ行ってきました。

c0137404_22211749.jpg

 2013年の時は無事に見られたのですが、
 去年は来日したの体調を壊してしまいましたからねぇ~。

 いかんせん72歳。
 ロックミュージシャンとしてはご高齢、
 おじいちゃんですからね、
 無理は禁物です。

 本当に大丈夫なのかなぁ?
 と少々心配しながら開演を待ちました。

c0137404_2226611.jpg
 
 そしてドーン!!
 うぉ~っ!ポール!!

c0137404_222791.jpg

 声は前回の方が出てたかなぁ~?
 などと最初のうちは評論的に聴いていたものの、
 グイグイ引き込まれていきます。

c0137404_22285792.jpg

 ヘフナーのベースに
 グランドピアノ、アップライトピアノ、
 ギターもマーチンD-28、ギブソンの12弦ギター、
 ギブソンのレスポールが2本、
 エピフォン・テキサン、エピフォン・カジノ
 と次々に持ちかえ演奏、そして熱唱!

c0137404_2234762.jpg

 セットリストは、

   1. エイト・デイズ・ア・ウィーク (ビートルズ)
   2. セイヴ・アス (ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
   3. オール・マイ・ラヴィング (ビートルズ)
   4. ジェット (ウイングス)
   5. レット・ミー・ロール・イット (ウイングス)
   6. ペイパーバック・ライター (ビートルズ)
   7. マイ・ヴァレンタイン (ソロ)
   8. 1985年 (ウイングス)
   9. ロング・アンド・ワインディング・ロード (ビートルズ)
  10. 恋することのもどかしさ (ソロ)
  11. 夢の人 (ビートルズ)
  12. 恋を抱きしめよう (ビートルズ)
  13. アナザー・デイ (ソロ)
  14. ホープ・フォー・ザ・フューチャー (ソロ / 最新曲)
  15. アンド・アイ・ラヴ・ハー (ビートルズ)
  16. ブラックバード (ビートルズ)
  17. ヒア・トゥデイ (ソロ)
  18. NEW (ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
  19. クイーニー・アイ (ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
  20. レディ・マドンナ (ビートルズ)
  21. オール・トゥゲザー・ナウ (ビートルズ)
  22. ラヴリー・リタ (ビートルズ)
  23. エリナー・リグビー (ビートルズ)
  24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト (ビートルズ)
  25. サムシング (ビートルズ)
  26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ (ビートルズ)
  27. バンド・オン・ザ・ラン (ウイングス)
  28. バック・イン・ザ・U.S.S.R. (ビートルズ)
  29. レット・イット・ビー (ビートルズ)
  30. 007死ぬのは奴らだ (ウイングス)
  31. ヘイ・ジュード (ビートルズ)

  32. デイ・トリッパー (ビートルズ)
  33. ハイ・ハイ・ハイ (ウイングス)
  34. キャント・バイ・ミー・ラヴ (ビートルズ)

  35. イエスタデイ (ビートルズ)
  36. ヘルター・スケルター (ビートルズ)
  37. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド (ビートルズ)
 

 最初は「大丈夫かな?」なんて心配していたのが嘘のように怒涛の37曲!
 しかもこの間、ステージ上では1滴も水は飲まずです。
 奇跡の72歳!

 大半の曲がが40~50年も前のものですが、
 今も色褪せることなく新鮮に聴こえるのは、
 いかにポールが偉大な仕事をしてきたか、
 ということでもありますよねぇ~。
 スゴイなぁ~!

c0137404_22355410.jpg

 そして、今回も日本語でのトークもアリで大サービス!

 「コンバンワ! カエッテキタヨ、トーキョー!」
 「ユウゲンジッコウ! (有言実行)」
 「コンバン、マタ、ニホンゴ、ガンバリマス!」
 「ノッテルカイ?」

 「イッショニ、ウタオウ!」との呼びかけ「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」
 
 「ヘイ!ジュード」では
 「ダンシ(男子)!」「ジョシ(女子)!」と観客に歌わせたり、
 もう「サイコー!」でした。

c0137404_22412547.jpg
 
 大したもんですよねぇ、ポール・マッカートニー!

 ボクが中学生になって洋楽を聴き始めたころには
 ビートルズという偉業を成し遂げたあとで、
 次のウィングスが大ヒットしているころ。

 「ポール・マッカートニーとウイングス」のポールを先に知り、
 ビートルズのポールの方があとでしたもんね!

 それからずーっと今まで第一線で活躍し、
 しかも72歳になってもこのパワーでライブをしちゃうんですから!

 ボクも「これからもずーっとギターを楽しんでいられるな!」と
 ものすごいパワーをもらいました!

 ありがとう!ポール!!

 最後は「マタアイマショウ、マタネ!」とあいさつして去って行ったたけど、
 確かにもう1度くらいはライブが見られるかも!
 「ユウゲンジッコウ! (有言実行)」
 う~ん、楽しみにしているぞ~!
 
c0137404_2248610.jpg

by acogihito | 2015-04-26 22:51 | ☆その他 | Comments(2)  

キャンプ と ギター と マラソン大会

c0137404_2241514.jpg

 2014年6月14日(土)~15日(日)
 世界遺産の富士山の麓、
 富士五湖のひとつ「西湖(さいこ)」に
 友人のN氏とキャンプに行ってきました。

 梅雨時だったにも関わらず天気は最高! 
 二人とも晴れ男ですからねぇ~。
 日差しは強くても湿度が低くさっぱりしていて、
 ホント、気持ち良い日でした。

c0137404_22424158.jpg

 さらに梅雨時だからか人が少なく、
 キャンプサイトもゆったり!
 広いスペースを独占状態です。
 こりゃ贅沢だ!

c0137404_22455138.jpg
c0137404_2246458.jpg

 ギターも持って行って、
 鳥のさえずりを聴きながら、
 ゆっくり練習もできました。
 気持ち良かったぁ~!

c0137404_2247712.jpg
c0137404_22472024.jpg

 夜もゆっくり過ごしました。
 キャンプの場合、とにかくマイペースに、
 日ごろの喧騒から
 完全に離れられるのが嬉しいんですよね。

 自分たちのペースで食事をし、
 近くの温泉に行って露天風呂にも浸かってきました。
 

 夜は涼しく、キャンプベッドでぐっすり眠れました。


☆  ☆  ☆

c0137404_2251568.jpg
c0137404_22512098.jpg

 翌日も快晴!そしてこの日は、
 今回のキャンプのメインイベントである
 「西湖ロードレース」というマラソン大会が行われ、
 友人のN氏が出場するんです。

 ボクはその応援というか、サポーターなんですけどね!

c0137404_2303580.jpg

 運動会のような花火が鳴り、
 お祭りムードが盛り上がります!

c0137404_230996.jpg
c0137404_2314616.jpg

 そしていよいよスタートです。

 スゴイ、思ったよりたくさんの出場者です。

c0137404_2374935.jpg

 実はギターとマラソン、全く別々のものですが、
 ボクはマラソンを頑張る友人N氏の姿を見て、
 ボクもギターを頑張らなくちゃと思うし、
 友人はその逆で、と、全く別々のものであっても、
 共に「少しでもレベルアップを目指して頑張る」
 という意味では一緒で、
 励まし合い、刺激し合っている感じなんですよね。

c0137404_2312332.jpg

 おお、友人N氏、頑張っている!
 いいペースです!!

c0137404_2313992.jpg

 多少のアップダウンのある西湖の
 1周10キロのコースを2周、
 20キロを走破!!

 おめでとう!!

c0137404_2315292.jpg

 参加賞のTシャツを手に笑顔の友人N氏です。

 いや~、ギターもマラソンも楽しんだキャンプでした!


☆  ☆  ☆

c0137404_23325658.jpg

 ところで今回行ったキャンプ場は、
 20代の頃からよく行ってきたところです。

 かつては「西湖レークサイドキャンプ村」と
 言ってたところが、
 「西湖キャンプ・ビレッジ ノーム」と名前を変え、
 木村東吉さんがプロデュースだそうで、
 より垢抜けたキャンプ場になっていました。

 帰りに挨拶に行ったら、
 「マラソンはいかがでしたか?
 ギターとっても良かったですよ!」と、
 それぞれに気さくに声をかけてくれました。
 

 いや~、キャンプもギターもマラソンも
 それぞれに一生懸命やって、最高の2日間でした。
 ありがとうございました!

c0137404_23111755.jpg

by acogihito | 2014-06-15 23:29 | ☆アウトドア | Comments(2)  

あたたた、ポールのライブ中止・・・

c0137404_20534141.jpg

 2014年5月18日(日)、
 この日は南澤先生のソロ・ギター・レッスン日。
 そしてポール・マッカートニーのライブ日!!

 前回、昨年11月のライブにも行ったんですが、
 もう最高!だったのでまた行くことにしていたんです。

 ただ前日の5月17日のライブがポールの体調不良で中止になって、
 19日(月)に延期になっていたのでちょっと心配でした。

 そんな状況の中、南澤先生との充実したレッスンを終了して、
 帰宅して、少しして、電車で国立競技場の最寄り駅へ。

 ところが、もう少しで着くぞという頃、
 Facebookで知人の「今日も中止」の書き込みが!
 「ええっ!」と思っていたら
 車内アナウンスでも「国立競技場での催しは中止になりました」と。
 もう電車内騒然です!

 日曜のこの時間の割に混んでいたのは、
 多くの人がポールのライブに向かっていたからだったんですねぇ・・。
 

c0137404_20535585.jpg
 

 結局、今日、18日(日)のライブも
 昨日17日(土)の延期分として予定していた19日(月)のライブも
 中止ということになりました。

 原因は昨日に引き続き、ポール本人の体調不良。
 ウイルス性炎症の病状が回復しないからだそうです。

 21日(水)の東京・日本武道館、
 24日(土)の大阪・ヤンマースタジアム長居の公演は
 開催予定とのことですが、大丈夫でしょうか?

 それにウイルス性炎症ってどんな病気(症状)なんでしょうねぇ??
 風邪?胃腸炎とか??
 大したことないといいんですけど
 なんだかんだいってもご高齢だけに心配です。

 ということで、一応、国立競技場の会場だけは見て、
 「お客様へ」というチラシをもらって写真を撮って、
 残念会ということで美味しいモノを食べて帰ってきました。

 だけど、チケットの払い戻しするのも面倒だし、
 なんか嫌な気分ですねぇ・・・。

 気分をパッと盛り上がるつもりだっただけにガッカリ、
 ドッと疲れてしまいました・・・。

 とにかくポールには早く元気になってもらいたいです。

c0137404_22475453.jpg

 PS:その後、2014年5月20日、全日程中止の報せがありました。
    思ったより体調は良くないということですよね。
    早く良くなって再来日できるならしてもらいたいです。

by acogihito | 2014-05-18 22:10 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

キャンピングカーが欲しいなぁ~!

c0137404_1730065.jpg

 キャンピングカーにギターを積んで
 気ままな旅をしてみたいなぁ~
 なぁ~んて思ったりします。

 で、幕張メッセで行われていた
 「ジャパンキャンピングカーショー2014」に行ってきました。

 いいないいな。
 大きいモノはワンルーム・マンション以上の室内を持つ大型バスから、
 小さいモノは軽自動車をベースにしたものまで。

 でも、自分なりに使い勝手や大きさを考えると
 ドイツのフォルクスワーゲンT5というクルマをベースにした
 「カリフォルニア・コンフォートライン」というキャンピングカーが最高です。
 こんな感じ。↓

 

 日本のトヨタ・ハイエースくらいの大きさだけど、
 エンジンがキャブオーバーではなくフロントエンジンなので、 
 運転席から後部座席にウォークスルーができ、
 停車してからは運転席が後ろに向き室内になるのでスペースに無駄がなく、
 フロントが上がるポップアップ・ルーフは室内でヒトが立てる高さも確保できるなど、
 とても機能的に考えられているんですよね。
 そして、何よりもしっかりと作られている!
 

 これにギターを積んで、
 日本中を旅したら楽しいだろうなぁ~。
 ほらこんな感じで。↓



 だけど、このクルマ、日本で買うと1千万円近くするんですよね。
 ハイエース・クラスのキャンピングカーの約2倍という感じで、かなり割高。

 で、考えてしまいます。

 仮に1千万円であったとして、このクルマを買うのと、
 今のクルマのまま、あるいは安い普通のクルマを買って、
 残ったお金で、高級ホテルや高級旅館を泊まりながら日本中を旅するのと
 自分にとってどっちが有益だろう??と。

 と、その前に、1千万円のクルマを買うなんて宝くじでも当たらないと無理だし、
 とすると、現実的には2~300万円程度の軽のキャンピングカーか?
 でも、軽じゃちょっとエンジン出力が心もとないしなぁ・・・。

 じゃあ、やっぱり今のクルマでキャンプに行くので充分かなぁ~、
 それなら余計なお金はかからないし・・・、
 などと考えが元に戻って来てしまします。

 
 まあ、宝くじで1億円くらい当たらない限り現実的には厳しいので、
 あれこれ考えているのが一番楽しくて平和なのかもしれません。

 でも、やっぱり
 キャンピングカーにギターを積んで
 気ままな旅をしてみたいなぁ~
 なぁ~んて思ったりしてしまうのです。

c0137404_17301610.jpg

by acogihito | 2014-02-11 18:11 | ☆アウトドア | Comments(2)  

最高でした!ポール・マッカートニー・ライブ!!

c0137404_1430957.jpg

 2013年11月18日(月)
 東京ドームで行われたポール・マッカートニーの公演を
 中学・高校時代の友人たちと見に行ってきました!

 もう最高っ!
 すっごいライブでした!
 ポール・マッカートニー、御年71歳!
 もう高齢者のはずなんですが、
 そんなことは全く感じさせない現役バリバリ、
 約2時間半のライブを歌いっぱなし、演奏しっぱなしでした。

c0137404_14302312.jpg

 ところで今回のライブ、
 会場に入るとき手荷物検査はあったものの
 スマホなどは持ち込みOKだったので、
 会場内ではライブ中もスマホで写真を撮ったり、
 動画を撮っていた人がたくさんいました。

c0137404_14365050.jpg

 ということで、ボクもこっそり撮影してみました。

c0137404_14312270.jpg

 それにしてもすごいライブでした。
 ポールのライブは、1990年、
 ポールが48歳の時、ビートルズ後、初めて来日した時から
 ほぼ毎回見ているんですが、
 今回が一番良かったです。

 声も一番出ていたし、
 とっても楽しそうにライブしていて、
 見ているこっちも不安感が全くなく、
 心から楽しめました。

 凄いもんですね。
 奇跡の71歳!

 ボクらもまだまだこれから先、そうとう頑張れますね!

 演奏曲目は、
  1. エイト・デイズ・ア・ウィーク(*ビートルズ)
  2. セイヴ・アス(*新作『NEW』)
  3. オール・マイ・ラヴィング(*ビートルズ)
  4. あの娘におせっかい(*ウイングス)
  5. レット・ミー・ロール・イット(*ウイングス)
  6. ペイパーバック・ライター(*ビートルズ)
  7. マイ・ヴァレンタイン(*ソロ)
  8. 1985年(*ウイングス)
  9. ロング・アンド・ワインディング・ロード(*ビートルズ)
  10. 恋することのもどかしさ(*ソロ)
  11. 夢の人(*ビートルズ)
  12. 恋を抱きしめよう(*ビートルズ)
  13. アナザー・デイ(*ソロ)
  14. アンド・アイ・ラヴ・ハー(*ビートルズ)
  15. ブラックバード(*ビートルズ)
  16. ヒア・トゥデイ(*ソロ)
  17. NEW(*新作『NEW』)
  18. クイーニー・アイ(*新作『NEW』 )
  19. レディ・マドンナ(*ビートルズ)
  20. オール・トゥゲザー・ナウ(*ビートルズ)
  21. ラヴリー・リタ(*ビートルズ)
  22. エヴリバディ・アウト・ゼアー(*新作『NEW』)
  23. エリナー・リグビー(*ビートルズ)
  24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(*ビートルズ)
  25. サムシング(*ビートルズ)
  26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(*ビートルズ)
  27. バンド・オン・ザ・ラン(*ウイングス)
  28. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(*ビートルズ)
  29. レット・イット・ビー(*ビートルズ)
  30. 007死ぬのは奴らだ(*ウイングス)
  31. ヘイ・ジュード(*ビートルズ)

 アンコール1
  32. デイ・トリッパー(*ビートルズ)
  33. ハイ・ハイ・ハイ(*ウイングス)
  34. ゲット・バック(*ビートルズ)

 アンコール2
  35. イエスタデイ(*ビートルズ)
  36. ヘルター・スケルター(*ビートルズ)
  37. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(*ビートルズ)

  …の37曲でした。

 ポールは、「サイコーデス」「モットキキタイ?」など
 あちこちに日本語を散りばめ、
 またスクリーンには
 英語でしゃべったことの同時通訳が投影されたり
 サービス満点!

 なんだかんだで1万7000円以上するチケットだったんですが、
 全然高い感じがしない最高のライブでした。

 最後にポールが言った言葉
 「See You Next Time!」

 年齢的に言って今回が最後の来日かな?と思っていたんですが、
 あの元気さなら80歳になってもライブやってそうだし、
 See You Next Time!と言ったし、
 これはもう1回くらいはポールのライブを見られそうですね。

 
c0137404_14303326.jpg

 さて、興奮冷めやらず、
 ライブ後はみんなで居酒屋へ!

 どこも混んでいてなかなか空いている店が無かったけど、
 駅の向こうのちょっと離れたところで入ったお店が
 とってもいいお店でこれまた最高!!

 同窓会気分もあって
 少年時代からのワクワク気分が重なった
 本当に素晴らしい一夜でした!
 ありがとうポール・マッカートニー!!
 

c0137404_14304223.jpg

by acogihito | 2013-11-21 15:00 | ☆その他 | Comments(4)  

楽しみな2020年代!

c0137404_228851.jpg

 2020年、東京オリンピックに自動運転車発売!
 2027年にはリニアモータカー開通!!

 いやぁ~、今の2010年代と比べ、
 2020年代はなんかとっても楽しみですねぇ!

 この他、
 ヴァージン・ギャラクティック社の
 宇宙旅行機 試験飛行に成功というニュースもあったし
 久しぶりに未来に向けてワクワクする話題が続いた昨今です。

 2020年、
 自動運転車でオリンピック見に行きたい!?
 その頃には宇宙旅行をする人もいっぱいなのかな??

 それまでに7年!!

 7年で何ができるか?

 知人は
 語学を勉強してオリンピックのボランティアに参加したいという。
 素晴らしい!
 7年あれば十分できそうですよね!

 楽しみな2020年代!!
 もちろん課題はたくさんあるけど、ここは素直に前向きに捉えたい。
 「お・も・て・な・し」の国がウソつきの「ろ・く・で・な・し」にならないように
 問題を解決して、それにふさわしい時代になるように期待したい。

 ボクもギターをもっと上手くなっていたいというのに加え、
 その時代を有意義に過ごせるように
 今からいろいろ準備しておかなくては!!

 でも、何をするにしても、まずは貯金かな??

c0137404_7561257.jpg

by acogihito | 2013-09-11 22:18 | ☆その他 | Comments(0)  

今年も、今年は!

c0137404_20392195.jpg

 何年ぶりになるでしょうねぇ。
 今年は、地元・千葉の花火大会
 「幕張ビーチ花火フェスタ2013」を見に行き、
 子どものように無邪気にはしゃいできました。

 下の絵は浮世絵師の歌川広重が1858年ごろに描いた
 名所江戸百景の中の「両国花火」です。

c0137404_20474449.jpg

 広重の時代から150年以上が経ち、さまざまなものが変わっても、
 花火を見てわくわくする気持ちは変わらないんでしょうかねぇ。
 花火ってすごい!

c0137404_20492380.jpg

 さて、変わらないと言えば、
 今年も南澤大介先生、松井祐貴先生とのソロギター合宿が開催されます。

 
 今年はヨコヤマギターズではなくエースケーが主催!
 でも主催社が変わっただけで主催者も先生も一緒ですから、
 雰囲気は変わらず和気あいあいと楽しくギター三昧!

 初めて会った人ともギターを通じてつながれば
 すぐに親しくなれちゃうところがいいですよね!
 ギターってすごい!

 今年もみんなで無邪気にはしゃいじゃおうと思っています。 

 今もまだ参加者を募集しているようです。
 詳細は → こちら
 

   (ちなみに去年の様子は → こちら!)

 よろしければ是非!!

c0137404_20585561.jpg

by acogihito | 2013-08-04 21:03 | ★アコギ関連 | Comments(2)