タグ:☆その他の楽しみ ( 56 ) タグの人気記事

 

これも画期的かも!? 

c0137404_23403725.jpg

 今お気に入りの「スコット&リバース」のCDです。
 軽快なロックが心地よく、前向きな気分になれるとってもいいアルバムです。

 ところでこのCD、何気ないけど画期的かもしれません。

 というのは、「スコット&リバース」は
 アメリカ人2人組のロック・ユニットなんですが、
 なんと日本語で歌っているんですよね。
 帯には「たのしいロックは日本語がいい!」なんて書いてあります。

 まあ、一種の企画アルバムかもしれません。
 でも、今まで日本の曲を英語で歌ったりするものはあったけど、
 アメリカ人が自分で日本語の歌詞を書いて歌うってのは珍しいですよねぇ。
 ボクにとってはホール&オーツが日本語で歌っているようなイメージです。

 時代は変わったなと思いました。

 かつて、日本のロックは、
 日本語はロックに向かないということで、
 日本人アーティストなのに英語の歌詞を作って歌ったり、
 ですます調の歌詞をロックに乗せたということで、
 はっぴいえんどが話題になったり、
 サザンオールスターズが日本語を英語のように歌ったり、
 王様なんてあえて洋楽ロックを日本語直訳にして笑いを取ったり・・・。
 とにかく日本語はロックには不向きという風潮があったんですよね。

 そんな時代から思うと、すごいなぁ~と思います。

 さらに言えばきゃりーぱみゅぱみゅ
 芸名もすごいけど、活動もすごいですよね。

 かつて、ピンクレディー松田聖子
 海外に進出したものの上手くは行きませんでした。
 それがきゃりーぱみゅぱみゅは、ごく自然にワールドツアー。
 それもこちらから仕掛けるのではなく、
 世界に求められてのワールドツアーですからねぇ!
 大したもんです。

 これまた時代は変わったなと思いました。

 思えば以前、もう20年近く前になりますか、
 フランスへ行ったら向こうのテレビのアニメは全部日本製でした。
 今、それを見て育った子どもたちが大人になって、
 日本の文化をごく当たり前に受け入れるのは、
 ボクらがサンダーバードバットマン
 奥さまは魔女なんかを見て育ってきたのと
 同じ感覚なんでしょうね。

 時代は変わりました。
 いよいよ日本の時代ですね!
 よし、頑張りましょう!!

by acogihito | 2013-04-10 00:05 | ☆その他 | Comments(2)  

今年も第九 2012

c0137404_15564286.jpg

 毎年恒例、今年も友人が合唱で参加する第九のコンサートに行ってきました。

 年末だなぁ~。 

by acogihito | 2012-12-28 16:01 | ☆その他 | Comments(0)  

今年も第九 2011

c0137404_055251.jpg

 過日、友人が参加している
 「習志野第九合唱団」のコンサートに今年も行ってきました。

 数年前、演奏はアマチュア・オーケストラの時もあったんですが、今はプロ!

 しかも今年は指揮者が比較的若く50代の方。
  (以前は、現役を引退したようなおじいさまの時もあった・・・)

 コンサートの始まる前に、その指揮者が出てきて、
 第九にまつわるエピソードを15分くらい話してくれました。

 クラシックに詳しくないボクにはこういうのはいいですね!
 グンと親しみが湧いてきます。

 そして演奏が始まったんですが、
 以前、聴いた印象よりも演奏がぐ~んとダイナミック!

 どうも指揮者の違いが演奏に表れているようです。

 こんなにも違うもんなんですねぇ!

 合唱も見事!!
 オーケストラと合計して400人ほどの人がピタッと息を合わせ、
 ひとつの楽曲を演奏する姿は美しく、
 またその生音は、物凄い迫力がありました。

 演奏が終わっての大拍手!!
 隣のおばさまがブラボーと叫ぶほどでした。

 いや~、良かった良かった!

 友人が第九合唱団に入ったのは、
 ボクがソロ・ギターを始めたのと、ちょうど同じころ。
 ボクも頑張らなくちゃと、大人数の中でどこで友人が歌っているのかは
 最後まで分からなかったけど、そう思いました。

 どうもありがとうございました!!

c0137404_0175019.jpg

by acogihito | 2011-12-28 00:18 | ☆その他 | Comments(2)  

ボクも頑張らねば!

c0137404_2331198.jpg

 南澤大介先生の
 「ファイナルファンタジー・ソロ・ギター・コレクションズ2」が
 いよいよ発売(1月末)となり・・・

c0137404_23353783.jpg

 その南澤先生とよく行く
 「インド食堂 アンジュナ」がテレビに登場したりして、 (1月15日放送「チューボーですよ! 」)
 「凄いなぁ~」なんて思っていたら、
 ちょうど同じ時、今度は友人が本を出したという・・・。

c0137404_23413758.jpg

 「Facebook 世界を征するソーシャルプラットフォーム 山脇 伸介 著 (ソフトバンク新書)

 なんでも世界には5億人ものFacebookのユーザーがいるそうで、
 それは世界の人口比で見れば、1位中国、2位インド、3位がFacebookという規模。
 しかも、この中に書かれた情報は、Googleからは検索できない仕組みらしく、
 そうなると、この超巨大SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の動向に
 Googleも戦々恐々だそうで、
 近い将来、この新しいプラットフォームであるFacebookが、
 社会のありようさえ変えてしまうかも知れない・・・んだそうです。

 ほう!そんなに凄いのか、Facebook!

 具体的な内容としては、
  ・Facebookとは何か?
  ・5億人を夢中にさせる秘密とは?
  ・Twitterやmixiと何が違うのか?
  ・テレビの敵か? 味方か?
  ・なぜ「実名」でやっていけるのか?
  ・既存のビジネスや社会をどう変えるのか?
 などが解き明かされています。

 しかし、ボクとしては、Facebookの凄さはもちろんだけども、
 友人が「このジャンルの専門家として本を出した」ということに驚いてしまいました。

 う~む、みんな第一線で活躍しているんだなぁ~。

 ボクも頑張らねば!

by acogihito | 2011-01-19 23:55 | ☆その他 | Comments(5)  

映画『アクロス・ザ・ユニバース』に感動!

c0137404_21445668.jpg

 何気なく買って見た、映画『アクロス・ザ・ユニバース』。
 大いに感動!思わぬ見つけモノでした!!

 特に理由もなかったんですが、
 アマゾンで本を買うついでに映画の欄を見ていたら、
 1959円と、けっこう安かったのと、
 ブルーレイのレコーダーは持っているものの、
 ソフトは1枚も持っていなかったので、
 話のタネにと買ってみたんです。

 その映画『アクロス・ザ・ユニバース』。
 2007年に制作されたアメリカ映画で、日本での公開が2008年。

 そういや、そんな映画があったかなぁ~、
 でも、その頃、なぜか、『アクロス・ザ・ユニバース』とか、『ゴールデンスランバー』とか、
 ビートルズの曲名がタイトルになった映画が多かった気がするなぁ~、
 と、そんな程度の認識で、内容がどんなものか、全く分かっていませんでした。

 で、その内容は?というと、
 ビートルズの曲を使ったミュージカル映画。
 舞台は1960年代。
 で、基本的にはラブストーリーという、
 「ウエストサイド・ストーリー」のビートルズ版のような・・・、
 と、そう書けば、どうってことのない印象を受ける映画です。

 ところが、まずもって、ビートルズの楽曲の使い方が上手い!

 登場人物の心情などはビートルズの曲の歌詞によって描かれているんですが、
 その使い方が実に上手い!

 そして、その曲のアレンジがイイ!

 歌詞が重要なので、
 アレンジはロック調の曲がバラードになっていたり、
 原曲とはかなり違ったりするんですが、
 ビートルズ好きのボクとしても全く違和感を感じない、というか、
 そうかぁ、この曲はこんな歌詞だったのかぁ~、と、
 その深みを再認識させられたり、その解釈になるほど!と新発見したり。

 それに、これを作った人たちは、かなりのビートルズ好き、
 あるいは相当ビートルズを研究したようで、
 すごく細部までこだわっているな、という感じです。

 全体の世界観がビートルズっぽい!!

 ストーリーは、舞台背景がビートルズが活躍した1960年代というだけで、
 ビートルズとは全く関係ない筈なんですが、
 全体の世界観、細部の展開が、実にビートルズ的。
 初期のキャバーンクラブでのライブから、
 中期のサイケの時代を経て、ルーフトップ・ライブまでの流れが何となくあったり、
 ジョン・レノンが描く白と黒のリトグラフ的センスや、
 ジョンの美術学校時代の友人で、ビートルズデビュー前メンバーでもあり、
 21歳の若さで亡くなったスチュアート・サトクリフの
 赤を基調としたアートなセンスなどがあったりして、
 ビートルズ好きにはたまらなく良くできているんです。

 さらに、映像が素晴らしい!!

 ビートルズでいえば、
 映画の「マジカル・ミステリー・ツアー」、アニメの「イエロー・サブマリン」、
 さらに「レット・イット・ビー」(パロディーかオマージュか)
 それにデビュー前のビートルズを描いた「バック・ビート」、
 さらには「ジョン・レノンの僕の戦争」などの要素を取り入れた感じで、
 サイケだったり、反戦だったり、
 一方で、ダンスがすごくて
 マイケル・ジャクソンのプロモーション・ビデオのようでもあり、
 一部はアート作品のような展開もあったりして、
 それでいて、しっかりとラブ・ストーリーと友情が描かれているという、
 まあ、実に良くできた作品です。

 調べてみると、監督のジュリー・テイモアという女性は、
 ブロードウェイミュージカル「ライオン・キング」の演出家としても知られる
 天才肌らしいですね! (なるほど、それらしい造形物も登場しました)

 いやぁ~、お見事!素晴らしい!!ありがとうございました!!
 そういう言葉しか出てきません。  

 久しぶりに「我が意を得たり」という、いい作品に出会ったという感じです。

by acogihito | 2011-01-10 22:32 | ☆その他 | Comments(0)  

日本人女性ジャズ・ピアニスト

c0137404_1950111.jpg

 楽器としては「ギター」だけがいくらか弾けるボクにとって、
 その対極にあるような、羨望の楽器が「ピアノ」です。

 まして、それを美しい女性が弾くならば、なおのこと。 

 ボクはこれまでジャズというものは、きちんと聴いてこなかったんですが、
 最近、ひょんなきっかけから日本人女性の、
 しかも若手のジャズ・ピアニストのCDを良く聴いているんです。

 気が付くと、けっこうたくさんの方がいらっしゃるんですね。
 しかも、どの方も美しく魅力的です!

 一口にジャズ・ピアノと言っても、
 ソロ・ギターでもいろいろなアプローチがあるように
 人によって、いろいろなんですね。

 今聴いているCDの場合、多くがスタンダード曲ではなく、
 いい感じの自分のオリジナル曲が大半なんです。

 その分、純粋なジャズ路線の人もいれば、
 ブルース的、ロック的なフレーズが入る人、
 久石譲さん的なフレーズの入る人などなど、
 それぞれのスタイルや個性があるんですよね。

 また、そのスタイルによって、
 バックを務めるドラムのチューニングも変わり、
 叩き方も、いわゆるジャズ的なものから、ロック的なものもあったり、
 ベースもエレキ・ベースを使ったり、
 ウッドベースも弓で弾いてチェロのような音を出したりと、
 いろいろなんですよね。

 ピアノの音色だけをパッと聴けば、ギターのように
 誰が弾いていても同じようにも聴こえるんですが、
 その弾き方やフレーズの違いなどが分かってくると、
 なかなか面白く聴けるんですよね。

 それに女性の場合、幾分タッチが柔らかいのか、
 優しく上品で、さわやかな味わいが聴きやすいんです。

 20年以上前に買ったスピーカーも
 「ようやく、こういう音楽も聴くようになったんですね」と、
 普段より、心もち、いい音で鳴っているような気がします。

 これまではロック系の曲が多く、
 最近はソロ・ギターの曲ばかりを聴いているボクにとって
 たまにはこういうのもいいなぁ~。


 ちなみに写真は、手前の寝ているCDから
 上原ひろみさんの「PLACE TO BE」、
 その奥が、森田まなみさんの「Colors」、
 立っているCDの手前から、
 松本茜さんの「プレイング・ニューヨーク」、
 妹尾美里トリオの「ラヴィ」、
 山中千尋さんの「ランニング・ワイルド」。
 スピーカーは、古いダイヤトーンです。

by acogihito | 2010-07-20 20:17 | ☆その他 | Comments(4)  

おっ、これはイイですねぇ~、IPサイマルラジオ

c0137404_21432060.jpg

 昨日(3月15日)から始まった「IPサイマルラジオ」の実用化試験配信。

 ウェブブラウザから「radiko.jp」にアクセスして、
 放送局を選べばラジオ番組が聴けるというものなんですが、
 これはなかなかいいですねぇ!

 実はボクはラジオがけっこう好きで、
 休みの日に家にいる時なんかは、小さい音でずっとラジオをかけていたりします。
 BGMとしてね。

 良く聞くのは「J-WAVE」。

 だけど東京から30キロ以上離れた千葉で、
 しかも鉄筋コンクリートの家の中だと、受信状態は決して良くないんですよね。

 窓際にラジカセを置いて、ロッドアンテナを伸ばして、
 ステレオ放送のFMをノイズを減らすためにモノラルにして聞いていました。

 ところがこのIPサイマルラジオはインターネット経由だから、
 電波状況に関係なく音がいい!
 しかもAM局もステレオ放送でFM局と変わらない音質なんですよね。

 ほう、これはいいなぁ!

 休みの日で、「さあ、ギターの練習でもするか」って時、
 ラジオのしゃべり声なら、そのままでも練習できるんですが、
 音楽になるとやっぱり邪魔になります。

 昔に比べてAMとFMの放送内容の差はなくなってきましたが、
 それでもやっぱりFMの方が音楽が多いので、
 ギターの練習の時はラジオを切ることになります。

 でも、しゃべりの多いAMなら、
 例えばニュースを聞きながらギターの練習なんて、
 情報を得ながら練習という一石二鳥が可能かも??

 ところで、このIPサイマルラジオの試験配信期間は、
 8月31日までの予定だそうなんですが、
 反響が良ければ続けることになるんでしょうかねぇ?

 ボクとしては是非とも続けてもらいたいアイテムになりそうです。

by acogihito | 2010-03-16 22:10 | ☆その他 | Comments(8)  

スゴイね! リンゴ・スター!!

c0137404_22304421.jpg

 元ビートルズのドラマー、リンゴ・スター。
 1940年7月7日生まれですから、今年、70歳になられます。

 そんなリンゴのニュー・アルバム「Y Not」が、
 1月27日に発売になりました。( ↑ 写真、一番手前のアルバム)
 で、これがまた、実にイイんですよね!

 何がイイかと言えば、軽い気持ちで、気負うことなく
 元ビートルズのメンバーとして「音楽を楽しんでいる」というのが伝わってくる、
 その雰囲気がとってもイイんです。

 リンゴ・スターと言えば、
 独特のノリとセンスのドラム・プレイで、
 ビートルズの曲に隠し味を加えていたことは間違いないですよね。

 だけど、特にボーカルが上手いわけでもなく、
 ビートルズ時代(1962年~70年)は、11曲しかボーカルをとっていません。

 作曲家として名曲を書いたわけでもなく、
 ビートルズ時代に作曲したのは、2曲だけ。

 ビートルズを解散してからは、
 70年代前半まではヒット・アルバムを出したものの、
 それ以降は泣かず飛ばずで、
 80年代後半はアルコール依存症になっちゃったりもして、
 あれあれ、という感じでした。

 そんなリンゴでしたが、病気を克服して、ここ最近、すごく元気で、
 90年代後半から2000年代にかけては、
 2~3年に1枚のペースでニュー・アルバムを発表しているんです。
 つまり、ものすごく能動的な60代を過ごしてきたわけなんですよね。

  ( ↑ 写真は2000年代に発売された主なアルバム)

 元ビートルズのメンバーとして存命のポール・マッカートニーも
 最近は、さすがに、あまりアルバムを出さないし、
 出したとしても、声が以前に比べて圧倒的に張りがなくなって、
 「歳とったなぁ~」と聴くだけで悲しくなっちゃうんですが、 
 リンゴの場合、
 もともと聴く方もボーカリストとしてはそれほど期待していないのもあるんですが、
 本人もボーカリストとして声を酷使してないからか、
 歳をとっても、ビートルズ時代と変わってないというか、「味」さえ出てきて、
 ドラムも歯切れがいいし、ますます元気いっぱい!なんですよね。 

 しかも、その人柄の良さで、どのアルバムでも制作のためには
 ビートルズ好きで優秀なミュージシャンがたくさん集まってきて、
 本物の元ビートルズのリンゴを素材に、ビートルズ的に遊んでいるようでもあり、
 リンゴもそれを楽しんでいる感じがするし。

 70年代のヒットしたアルバムと比べて、
 最近のアルバムは、大した話題にもならないし、ヒットもしませんが、
 サウンドはカッコいいし、アレンジもけっこう凝っていて聴き応えがあるし、
 出来としてはイイくらいなんですよね。
 
 ビートルズ・ファンとしては、これがとっても嬉しい!

 さらに今回のアルバムには、ポールとのデュエット曲も入っているんです!

 う~ん、いいですねぇ!

 リンゴには、この先、いつまでも頑張ってもらいたいものだし、
 ボクには「少なくとも70歳まではギターを楽しみたいな!楽しめそうだな!」と
 将来の目標、指針にもなっているんですよね。

by acogihito | 2010-02-12 23:09 | ☆その他 | Comments(2)  

今年も第九 2009

c0137404_004499.jpg

 今年も友人が参加する合唱団の「第九」を見てきました!

 400人あまりの人が力を合わせてひとつの曲を演奏するってのは、
 ひとりでソロ・ギターを弾くのとは対極的で、凄いもんです。

 じゃあ、ソロ・ギターを400人で弾いたら、どんな感じになるでしょうかねぇ?

 大勢がギターだけで第九を演奏したら面白いかもしれません。

by acogihito | 2009-12-22 23:00 | ☆その他 | Comments(2)  

2009国際千葉駅伝

c0137404_0483269.jpg

 「おっ、そろそろだな。」

 今年も行われた「国際千葉駅伝」。
 自宅から、アンカーにタスキが渡される「第5中継所」までは歩いて7~8分なので、
 テレビを見ていて、そろそろだなと思って出かけていくと、
 ちょうどいいタイミングで「生」のレースを見ることができるんす。

c0137404_0543061.jpg

 「レース前は、みんな結構リラックスしてるのかな?」
 
 この「国際千葉駅伝」は、珍しい男女混合の駅伝レースで、
 自宅から近い「第5中継所」では、男子から女子にタスキが渡されます。

 スタンバイ中の選手たちは、案外リラックスしたムードなんですね。

c0137404_112290.jpg

 「おっ、TVカメラマンに気合が入った。そろそろ来るんだな。」

 でも、いよいよ先頭の選手が近づいてくると、
 あたりの空気は期待感と緊張感に包まれてきます。

c0137404_151970.jpg
 
 「いいぞ!先頭は日本だ!」

 これは(↑)テレビ画面で、上の写真のカメラマンが撮った映像。

c0137404_185411.jpg
 
 ボクは、タスキを渡すポイントのちょうど真横(↑)で見ていました。

c0137404_1101393.jpg

 実況アナウンサーも立ち上がり、気合が入ります。

 かなり大きな声でしゃべるので、「生」の声がところどころ聞こえてきたりして、
 その白熱した実況コメントが観客を楽しませてくれたります。

c0137404_1155527.jpg

 「千葉選抜」チームのアンカーは、新谷仁美選手。

c0137404_116783.jpg

 「笑顔が輝いているなぁ」と思ったら、
 5位で受けたタスキを、ゴールでは4位に上げていました。

c0137404_1243944.jpg

c0137404_136520.jpg

 自宅近くで国際レースが見られるなんて、ありがたいことです。

c0137404_1361711.jpg

 さて、全ての選手が通り過ぎたら、みなさん、そそくさと退散。
 
 「続きは早く家に帰ってテレビで見なくちゃね!」というわけなんですね。

c0137404_1362587.jpg

 「国際千葉駅伝」、今年も楽しませていただきました!

 自宅近くでの国際レース。
 しかも、ひょっとしたらテレビにも映るかもしれないということ加わって、
 周辺住民、みんなの楽しみでもあるんですよね。

 

by acogihito | 2009-11-24 01:46 | ☆その他 | Comments(0)