タグ:☆その他の楽しみ ( 56 ) タグの人気記事

 

たかが・・・、されど・・・

c0137404_01653.jpg

 2009年9月9日、ビートルズのリマスター盤のCDが発売され、
 早速ボックスセットを買ってしまいました。

 ビートルズの初CD化が1987年ですから、それから22年の歳月。

 ビートルズの最後のアルバム「LET IT BE」がアナログのLPレコードとして発売されたのが、
 1970年ですから、 初CD化まで17年の歳月。

 ということは、初CD化からリマスター盤が発売されるまでの方が
 長い時間が経っているんですねぇ。
 なんだかちょっと不思議な気分・・・。


 さて、このリマスター盤のCDですが、確かに今までのCDより音がいい!
 ボーカルなどいろんな音がくっきりしたし、
 ハイハットやシンバルなどの高域音の抜けもいい!

 だけど、初CD化の時よりは衝撃は少なかったなぁ~。

 初CD化以前は、アナログ・レコードを直接聴くより、
 それを録音したカセット・テープを聴くことの方が多かったかもしれませんが、
 それまで聴こえなかった(気にしていなかった)音が聴こえてきて驚いた記憶があります。

 今回は、音が良くなったとはいえ、
 ビートルズはビートルズで、大きな変化はありませんからねぇ。
  (アンソロジーの時の方が新曲や未発表曲があって、興奮したなぁ~)


 だけど、それにしてもビートルズってやっぱり凄いんですねぇ。
 今回、つくづくそう思ってしまいました。

 ボクは、ビートルズにはあらゆる事で影響を受け、
 ビートルズとの出会いがなければ今の自分はないと思っているひとりなんですが、
 そういう人が世の中には、相当数、かなりの数でいるんでしょうね。

 そして、そういう人が新聞社やテレビ局、雑誌社など、あらゆるメディアにも沢山いて、
 だからこそ、「単にリマスター盤の発売」というだけにも関わらず、
 そういう人が呼応して、新聞記事になったり、テレビニュースでも大きな話題として
 取り上げられたりしているんじゃないかと思います。

 たかがビートルズ、されどビートルズって感じです。


 さて、正規盤がリマスターされたことで、
 これまで「アンソロジー」シリーズや「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」、
 「Let It Be... Naked 」「LOVE」など、
 あとから発売されたリミックスの企画アルバムの方が
 正規盤より音がイイという逆転現象が解消されました。
 だとしたら、ボクとしては、「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」のような
 「リミックス盤」も、改めてもっと色々出してくれないかな?などと思ってしまいます。

 だって、ギターとピアノが左右に分かれて聴こえる「With A Little Help From My Friends」や
 コーラスが広がる「Nowhere Man」、
 「LOVE」の中に入っていたエンディングまで完全ステレオの「I Am The Walrus」など、
 最新技術を使って再構築されたリミックス盤は、音の広がりや音像が新鮮で、
 ボクとしては、もっともっとリミックス・バージョンを聴きたいんですよね。

 まあ、ビートルズという世界遺産のような財産を守りつつ、
 手堅く商売を続けるアップル社ですから、
  (アップル=パソコンの会社でなく、ビートルズが作ったレコード会社)
 今後、10年とか20年経ったころ、さらなる最新技術を使って、
 ビートルズの最新盤、リミックス盤が出るかもしれませんねぇ。

 ファンとしては、それも楽しみで、出たら買っちゃうんだろうなぁ~。

by acogihito | 2009-09-15 23:20 | ☆その他 | Comments(2)  

同窓会 と iPod

c0137404_21142452.jpg

 中学の時の同窓会の案内が届きました。

 う~ん、中学生・・・。

 英語圏では、13歳から年齢の数え方が変わってティーン・エイジャーになりますが、
 ティーン・エイジャーとはよく言ったもので、
 その頃になると、急に大人になってくるというか、
 いろいろなことがガラッと変わって、
 今に繋がっていますよね。

 ボクの場合、それまでテレビの主題歌ばかり聞いていた音楽が、
 ガラッと変わって、英語の曲をよく聴くようになり、
 それが今のボクの原点のひとつでもあるような気がします。
 
 それは1970年代のなかば。
 それから約10年、いわゆる「洋楽」を本当によく聴いたものです。
  (70年代から80年代は洋楽の全盛期ですもんね!)

 中学の同窓会の案内が来たのをきっかけにそんなことを思い出し、
 それに先日買った「ROCK LEGEND REBORN ~acoustic cafe~」というCDも影響して、
 当時の洋楽を無性に聴きたくなってしまいました。

 今まで iTunes に70年代~80年代のロック・ポップスは結構入れてあったんですが、
 まだ入れてないCDを引っ張り出して追加して、
 自分なりの約10年の洋楽ベストアルバムを作りたい・・・。

 ・・・と、こうなってくると、いろいろ思い出してきて、
 「あの曲を持ってないや」とか、足りない曲が気になってくるんですよね。

 iTunes Store を検索して、目指す曲を見つけちゃったりすると、
 「う~ん、1曲150円なら、まっいいか」と買っているうちに何曲にもなり、
 iTunes Store に無い曲は Amazon を検索してみると、
 いい感じのベスト・アルバムを見つけちゃったりして・・・。
 「う~ん、この機会に買うか」と買ってみたりして・・・。
 なんだかんだで今月は散財してしまいました・・・。(いかんいかん!)

 でも、そうなると、(既にアコギの曲などもいっぱい入っているので)
 あれよあれよという間に約4,000曲も入るはずの「iPod nano」じゃ足りなくなって、
 30.000曲入る「iPod Classic」じゃないと駄目だなと思ったりして・・・。(危ない危ない!)

 それにしても「iPod」ってすごいですよね。
 70~80年代はカセットテープで聴いていたから、
 最大でも120分。両面で30曲程度。
 それがカセットテープと同等か、それより小さいものに
 4,000曲とか30,000曲とか入っちゃうんですからねぇ~。
  (音もカセットの数倍いいし)

 今は、集めたコレクションから、約400曲のかなり中身の濃い
 ボクのティーン・エイジャーから20代にかけてを彩った
 「'70s~'80s 洋楽ベスト・ヒット・アルバム」を作り、
 「iPod nano」でランダムに再生して聴いています。(すごいすごい!)

 う~ん、当時の気分が蘇る・・・。

 次は邦楽かな・・・。(やばいやばい!)
 

by acogihito | 2009-02-24 22:01 | ☆その他 | Comments(7)  

「第九」のコンサート

c0137404_21233547.jpg


 友人が合唱で参加する「第九」のコンサートに行ってきました。

 合唱団は、基本的にアマチュア。
 でも今年は、演奏がプロの楽団だったので、
 去年に比べて格段にキレのある素晴らしいものでした。

 去年の楽団だって、セミプロのような楽団なんですが、
 やっぱり違うもんなんですねぇ~。

 アコギもおんなじだな。

 シンプルな楽器であるがゆえに技量の違いが格段に現れる。

 さらに、総勢400名近くもいると、一人くらい間違っても気がつかないかもしれないけど、
 たった一人で弾くギターは、ちょっとしたミスもすぐにバレる。

 でも、音楽に親しんでいるっていうのは、いいもんですねぇ~。

 友人が大きな口を開けて歌っている姿を確認しつつ、
 家に帰ってからのギターの練習にも力が入りました。

by acogihito | 2008-12-14 21:20 | ☆その他 | Comments(6)  

秋になると聴きたくなるCD

c0137404_23434460.jpg

 家の周りの植え込みなどから聞こえる
 秋の虫たちの声が大きくなってくるこの季節になると、
 毎年、聴きたくなるCDがあります。

 もう13年くらい前に手に入れた、神谷純一さんの
 『虫が奏でる / ニューミュージック・ファンタジー』と
 『虫が奏でる / 夕暮れのシンフォニー』というCD。

 恐らくデジタル録音した様々な虫たちの声を
 音階に合わせて、シンセサイザーに取り込んで演奏しているんだと思うんですが、
 これは、この季節に聴くととってもいいんです。

 特にボクが気に入っているのは、
 『虫が奏でる / ニューミュージック・ファンタジー』の方。

 家中の窓を開けて、本物の虫たちの声がよく聞こえるようにして、
 このCDを小さな音でかけます。

 そうすると、このCDの中でも、はじめは普通の野原の虫たちの声が聞こえてくるので、
 どれが本物の虫の声で、どれがCDからの虫の声だか分らない感じになります。

 やがて、フワ~ッとしたシンセサイザーの音が
 虫たちの声に混ざってわずかに聞こえ始め、
 すると、そのシンセに合わせるように何匹かの虫たちの声が
 メロディーになって聞こえてくる感じ。

 気がつけば、そのメロディーは、とてもゆったりしてるけど、
 ユーミンの「卒業写真」ではありませんか。

 本当に虫が歌っているようで、
 その音色はちょっと物悲しくもあって、
 これがとっても幻想的でいい感じなんです。

 そして、そのメロディーは、いつの間にか井上陽水の「少年時代」に・・・、
 その次が・・・、ってな感じで展開していくんです。

 毎年、1回か2回、そんなことをして楽しんでいます。

by acogihito | 2008-09-13 00:20 | ☆その他 | Comments(4)  

植物ってスゴイよなぁ~

c0137404_15114825.jpg

 自宅から自転車でちょっと行ったところの公園で咲いている「大賀ハス」の花です。

 「大賀ハス」というのは、ボクが生まれる10年ほど前の1951年に、
 これまた自宅からちょっと行ったところにある今の「東大グランド」の一角で、
 2000年以上も前の種が発見され、それを故「大賀一郎」博士が開花に成功させたもの。

 その後、「検見川の大賀蓮」として千葉県の天然記念物に指定され、 
 「千葉市の花」としても制定されています。

 とはいえ、実はボクには、普通の「ハス」と、
 どこがどう違うのか良くわかっていないんですけどね。

 それでも、直径20センチくらいの見事な大輪の花に圧倒されつつ、
 「2000年以上も土の中で眠っていた種が開花するなんて、植物ってスゴイよなぁ~」
 「昔(縄文時代)の人も、この辺で、これと同じ花を見てたんだろうなぁ~」
 などと、時の流れに思いを馳せてしまいます。

c0137404_24644.jpg

 2000年かぁ・・・。

 ところで、
 ギターの木材は、樹齢 どれくらいの木を使っているものなんでしょうねぇ・・・?

 きっとボクの使っているギターの木が この世に生を受けたのは、
 ボクが生まれるより、ずっと以前のことなんでしょうねぇ・・・。

 自宅に帰り、改めて眺めて見て、
 その年輪(木目)の数からすると、数百年??

 何と壮大!
 「木(植物)ってスゴイよなぁ~」
 植物の時間感覚で見れば、人間の何と小さなことか。

 さらに、
 「命が終わっても形を変えて、素晴らしい音を出す楽器になったりするんだもんなぁ~」
 などと、その偉大さに感じ入ってしまいました。

 大事にしなくちゃねぇ~。
 きちっと鳴らしてあげたいねぇ~。

c0137404_1310725.jpg

by acogihito | 2008-07-14 11:36 | ☆その他 | Comments(18)  

梅雨だけど・・・

c0137404_1175477.jpg

梅雨だけど、青空傘で、気分だけは晴れ晴れ!

by acogihito | 2008-06-20 23:17 | ☆その他 | Comments(6)  

友人が開いたライブスペース

c0137404_22411192.jpg

 かつてバンドを一緒にやっていた友人が、
 千葉県市川市南行徳の「Girls Bar & Live PATIOS」というお店に
 ライブスペースを開いたというので行ってみました。

 この日はスペシャルライブの日で、出演バンドは「Boogie Chaff」。
 とっても良くまとまった、すっごく面白いバンドでした!

 この日はライブハウスっぽい設定になってたけど、
 普段は、演奏も楽しめ、飲み食いもできるという自由でアットホームな空間なんだそう。

 じゃあ、ボクも今度、みんなでワイワイ集まった時にでも、
 サラッとソロ・ギターを披露できたらいいねぇ~。

 その前に、いつそうなってもいいように、しっかり練習しとかなくちゃ!

by acogihito | 2008-06-08 22:40 | ☆その他 | Comments(6)  

進化? 進化・・ 進化!

c0137404_0241881.jpg

 過日、家からほど近い千葉の「幕張メッセ」で行われている
 「恐竜大陸」という恐竜に関する展示イベントに行ってきました。
 
 けっこう好きなんですよね、恐竜って。

c0137404_0275316.jpg

 その恐竜も、ボクが子供だったころから思うと、
 かなり研究が進んで、姿かたちなども、ずいぶん変わりました。

 中でも今、ボクが一番、興味を持っているのが、
 「鳥に近い恐竜」と「恐竜に近い鳥」です。

c0137404_0314062.jpg

 恐竜の大半は絶滅してしまいましたが、
 その一部は「鳥」に進化して、今も生きているというのが最近の学説です。

 そして、それを裏付けるような「鳥に近い恐竜」と「恐竜に近い鳥」の化石が
 最近、どんどん発見されているんだそうです。

c0137404_0353357.jpg

 鳥に近い恐竜ならば、羽のような毛が生えていてもおかしくないし、
 色も派手だったかもしれない。

 そうなってくると子供だったころに主流だった
 爬虫類のような恐竜とは、だいぶ趣きが違います。

c0137404_0381051.jpg

 くちばしではなく、牙が生え、尻尾が長い、「鳥のような恐竜」。
 そして、しっぽが短くなりつつある「恐竜のような鳥」。

 新しい発見があって、
 その「進化」の過渡期にある恐竜の姿が少しずつ分かってくるところが
 なんともいえない魅力で、ワクワクしてしまいます。

c0137404_0474267.jpg

 ところで、「進化」といえばボクら人類も
 数百万年前の猿人から進化してきているといわれ、
 そうなると、今後もさらに進化していくんでしょうねぇ。

 未来の人類は、一体、どんな姿になっているのか?

 恐竜が鳥になるんだから、人類も思いもよらぬ方向に進化するかもしれません。

 そして、その人類の長~い歴史の中の、
 ほんのひとコマのボクの人生の中でも、いろいろ進化はしているもので、
 思えば、2007年初頭から「ソロ・ギター」の練習を始めて、1年半。
 その時から思えば、「だいぶ進化したよなぁ~」とは思います。

 ましてや、始めた当初は、将来、
 南澤先生に直接、教わるようになるとは夢にも思わなかったしねぇ。

 日々、新しい発見や変化があって、
 今はまだ「進化」の過渡期。     (・・だと思っているんだけど・・)

 今後、どんな方向に行くんだろう? (・・絶滅だけはしないように・・)

 鳥のように飛べるようになるかな??  (・・なぁ~んてねぇ・・)

 恐竜の骨の化石や、復元模型を見ながら、そんな事を考えてしまいました。

c0137404_164294.jpg

by acogihito | 2008-05-16 01:12 | ☆その他 | Comments(4)  

小田急ロマンスカーVSE

c0137404_2231587.jpg

 仕事の関係で、神奈川県の箱根に行きました。

 行きはクルマだったんですが、帰りは、
 「どうせならロマンスカーに乗りたい!」「それも新型のVSEがいい!」ということで、
 時間を調整してみました。

 実はけっこう電車好きで、
 TV-CMを見ていて、前から乗ってみたかったんです。

 今までと全く違うイメージの新しい白いロマンスカー「VSE」。

 だけどこの車両、カッコいいんだか、悪いんだか。
 未来的で斬新ではあるんだけど、ボクには、かなり微妙なデザインです。

c0137404_22352438.jpg

 でも、車内は、とっても良く出来ていて、上品でキレイ!

 天井が高く、座席が少し窓側に向いているのも洒落ています。

 ちなみにロマンスカーVSEの「VSE」とは、「Vault Super Express」の略だそうで、
 「Vault(ヴォールト)」は、英語で「ドーム型の天井」の意味だそうです。

 つまり、「ドーム型天井の極上急行」ってことなんですね!

c0137404_22393287.jpg

 そして先頭車両からの展望!

 外から見ると、先頭部分が細くなっているから「どうなのかな?」って思っていたけど、
 中は実に快適で、素晴らしいパノラマ!

 「なるほど、よく出来たデザインなんだな」と感心してしまいました。

c0137404_22415614.jpg

 そして、「ロマンスカーVSEだけで車内販売されている」という
 「有機栽培豆使用のプレミアムコーヒー(330円)」を味わいつつ、
 箱根湯本から新宿までの約90分間、ゆったり過ごしました。

 う~ん、やっぱりロマンスカーはいいねぇ~!

by acogihito | 2008-05-12 22:58 | ☆その他 | Comments(6)  

自転車、買いました!

c0137404_16191494.jpg

 自転車を買いました。

 ある計画のため、「クルマに積める自転車」が必要になったからなんですが、
 気持ちとしては「サンダーバード2号に積むマシン」みたいなイメージがあるんで、
 もっとかっこいいイメージのMTBタイプも良かったんですが、
 荷物を積めるようにする必要があったので、
 荷台のあるママチャリのような20インチの「折りたたみ自転車」を選ぶことにしました。

 でも、シマノの6段変速機とリアサスが付いてるんですよ。

 「Raychell(レイチェル)VO-206R-07」という自転車で、
 価格は、LED5連ライトとディンブル錠が付いて、Amazonで1万3千751円。

 さすが中国製、安いもんです。
 なんだかんだと言って、ありがたい国ですよねぇ。

 他に前後に取り外しが簡単にできるカゴを2つ買ったので、
 合計は2万円弱といったところ。
 まあまあってとこかな?

c0137404_16333028.jpg

 てな訳で、早速、近所を一周りしてみました。

 考えてみれば、自分で自転車を買うのは初めてのことなんですよね。

 子供の頃、親に買ってもらった「サイクリング車」以来。
 乗るのもずいぶん久しぶりです。

 だからなのか、
 20インチとタイヤの小さい自転車だからなのか、
 ウチの周りは、けっこう坂が多いからなのか、
 6段変速のギヤが付いてるからといって、
 ちょこっと一周りしただけなのに、思ったより疲れてしまいました・・。

 まあ、最近は休みといえばギターの練習で、
 手の筋肉は使っても、足の筋肉はほとんど使っていませんでしたからねぇ・・。

 でも、アコギといい、自転車といい、とってもナチュラルな感じだし、
 これからしばらく、近所の移動は自転車でしてみようと思っています。

c0137404_16352810.jpg

by acogihito | 2008-04-01 17:24 | ☆その他 | Comments(8)